サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社+α文庫の通販
  7. 私のウォルマート商法 すべて小さく考えよの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ(講談社+α文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α文庫
  • サイズ:16cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-256677-3
文庫

紙の本

私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ (講談社+α文庫)

著者 サム・ウォルトン (著),ジョン・ヒューイ (著),渥美 俊一 (監訳),桜井 多恵子 (監訳)

私のウォルマート商法 すべて小さく考えよ (講談社+α文庫)

1,015(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

everydaylowpriceのヒミツがこの中にある!

2002/12/27 01:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サム・ウォルトンの名前は知らなくとも、ウォルマートの名前は知っている。そんな人は多いのではないだろうか? 日本でも先日、西友に520億円の出資を発表し、いよいよ日本への進出が開始される。現最高経営責任者が記者会見の席で「低価格の商品を提供し、日本の消費者の生活コストを下げる。日本の消費者にきっと受け入れられるはずだ」と自信たっぷりに宣言した。ここ数年で日本の流通業界に多大な影響を及ぼすことは間違いない。

 創業以来わずか40年で売上高世界第1位に急成長したウォルマート。この本は創業者サム・ウォルトンの自叙伝である。シンプルなポリシーをつらぬいた彼のその手法はそのままウォルマートの強さの秘訣だ。経営哲学・販売手法・仕入れ・人事・組織・出店プログラム、その全てがこの本の中に非常にシンプルな形で示されている。愛される小売業になるのは非常にシンプルなことなのだ。そしてシンプルだからこそ、法則にするのは難しい。

 まずはサム・ウォルトンの生き様を読むことから初め、そして彼の言葉の裏にある哲学に触れ、人事と組織の考え方を学び、商売成功の秘訣と、お客さまに愛される理由を考える。そうして何度も何度も読むことで、この本に埋まっているノウハウがわかるようになる。手元に、お店に、オフィスに置いておこう。この本は全てのサービス・小売業に携わる人にとって、バイブルとなる1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

満足保証、徹底されてマス。

2002/12/19 20:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 書籍から引き出すことのできる楽しみは多々ありますが、その一つに、「著者との対話」があります。時も場所も越えて、過去のある時点の著者の思いに触れると、「この人には、どうしても会っておきたかった」と故人への思いを強めたり、あるいは不遇の一生を終えた作家には、「あなたは、その時点では認められなかったかもしれないけれど、結局、作品は残ったんですよ。後世の今、高く評価されていますよ」と耳打ちしたい衝動に駆られたりします。

 ジャンルに関わらず、そんな感情を抱かせてくれる書籍は、私にとってとても大切なものです。そんな良書の中に、まれに著者との対話のみならず、「内なる自己」と対面させてくれる書籍があります。例えば、本書です。

 本書は、一地方の小売業を、世界一の小売業へと育てた、サム・ウォルトン氏の自伝です。氏の足跡を語ることは、同時に「ウォールマート」の繁栄の軌跡を物語ることになります。

 氏の美点を数え上げたら切りがありません。

 ・尽きないアイデア
 ・徹底される顧客主義
 ・絶えず改善を追求する強い情熱
 ・健全な競争原理に基づく生き方の美しさ
 ・良きアメリカの父親像の具現

(* ちょっと大げさですけど、「こんな人物が存在するのなら、人間やってるのも悪くないな」と感じるほどです。ホントに)

 一章から十七章までを一言にまとめると、「試行錯誤と目的の達成の繰り返し」となります。もし本書がフィクションだとしたら、きっと担当編集者にこう指摘されるのではないでしょうか?

「メリハリを考えましょう!
 こんなにうまくいく物語では、読者は共感できません!!
 もっと、人物の陰影を書き込み、感情移入の余地を作りましょう!!!」

 事実、あまりにスケールが大きすぎて、私は途中から感覚が麻痺しました。そんな偉大なまんねりに油断したところに、繰り出されたのが、本書十八章の「遺したい言葉」です。

 参りました。

「ある瞬間」の自分なら、肯定することも難しくはありません。しかし、一生を振り返って(今更取り返しが付かないので、達観するのではなくて)、心の底から肯定できるなんて!! そして、彼のご子息の手による「あとがき」により、壮大な彼の人生に幕が引かれます。この構成を味わうためだけにでも、本書を読む価値があります。

 しかし、もちろん、本書の魅力はそれだけにはとどまりません。

 輝かしい氏の一生は、まるで黒々とした知恵の森です。膨大な試行錯誤の過程から、ヒントを得るもよし。彼の発想方法を学んで、自らの抱える問題に適用するもよし。あるいは、それこそ「永遠の少年の終わらない成長物語」として楽しむことも可能でしょう。

 この、深い「知恵の森」から、利益を引き出す際に、自然と内なる自己の声を聞くことになります。私は、「顧客主義」の強さや奥深さに心を打たれました(良いサービスを行えるスタッフに成長することを目指していますが、日々反省の連続ですので)。


「満足保証」でのし上がった、サム・ウォルトン氏の自著だけに、読後感の「満足」も折り紙つきです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/17 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/07 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 14:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/11 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/24 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/29 02:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/05 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/22 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/23 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/31 08:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/23 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社+α文庫 ランキング

講談社+α文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む