サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

野うさぎのフルー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 童話館出版
  • サイズ:27cm/35p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-88750-209-5
絵本

紙の本

野うさぎのフルー

著者 リダ・フォシェ (文),フェードル・ロジャンコフスキー (絵),いしい ももこ (訳編)

野うさぎのフルーとキャプシーヌの間には、小さな愛が…。ところが、キャプシーヌは果樹園にいません。ああ、もうキャプシーヌには会えない! 生き物の生態とドラマを清冽に描く。6...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

野うさぎのフルーとキャプシーヌの間には、小さな愛が…。ところが、キャプシーヌは果樹園にいません。ああ、もうキャプシーヌには会えない! 生き物の生態とドラマを清冽に描く。64年福音館書店刊を翻訳を見直して復刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

リダ・フォシェ

略歴
〈フェードル・ロジャンコフスキー〉1891〜1970年。ロシア生まれ。イラストレーター、作家。コルデコット賞受賞画家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

野うさぎの生態が、いきいきと、清冽に描かれた絵本です。

2003/03/18 19:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わくわくどきどき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幼児や小さい子ども(低学年の子ども)にもわかるように、野うさぎの生態が親しみをもって、生き生きと、清冽に描かれている絵本です。
 主人公のフルーは、ひとりぼっちになってしまった野うさぎです。おとうさんはきつねに食べられ、いもうとはふくろうにさらわれ、そして、ある日おかあさんもどこかにいってしまいました。おかあさんうさぎは、子うさぎの面倒をよくみません。
 野うさぎの赤ん坊が、みな、神さまから、三つのおくりものをもらって、生まれてくるのは、そのためでしょうと作者は言います。
 かくれみのと、二つの魔法の耳と、七里ぐつとは、なんてうまく名まえをつけたものと感心してしまいます。土とおなじ色をして、かくれみのとなる毛皮。とおく、小さい音でも、世界中のもの音をあんしんできる音と、できない音とにききわけることのできる大きな耳。そして、音をたてないで、とてもはやい、じょうぶな足をもっているのです。春から夏にかけて、フルーは、近所かいわいの土地をそらでおぼえていて、たえず、とびはね、畑や林をかけまわります。
 ある朝、フルーは、大がらすにおいかけられている、うさぎのむすめさんのキャプシーヌを助けて、友だちになります。ところが、秋、猟犬におわれて、猟場を逃げ回っているうちに、フルーはまたひとりぼっちになってしまいました。きびしい冬が過ぎて、春、そよ風が、なつかしいにおいをはこんできました。フルーはキャプシーヌに出会い、リンゴの花が咲く頃、結婚することになりました。
 四季の移り変わりと自然を背景に、野うさぎフルーの探検好きな、躍動感あふれる姿や登場する野生動物が、いきいきと動きのある黒のコンテの素描で描かれ、この物語に存在感をあたえています。色彩のあるページをおりまぜながら、ゆたかな自然観察からうまれたすばらしい絵の魅力がひろがってきます。コルデコット賞受賞画家。
この物語は、福音館書店で刊行されたものを、翻訳を見直して、絵本のかたちで出版されました。翻訳のことばも、耳に聴いて心地よいです。
 子どもたちに読んであげると、静かな感動の伝わる自然観察入門の科学絵本です。

(わくわくどきどき/図書館の学校・児童書選書委員会)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵と文章のバランスに違和感が…。

2003/10/16 18:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語もロジャンコフスキーの絵も素晴らしいと思います。
ただ、手にとって最初に感じたのは、文章が多いわりには頁のあちこちに不自然な「すき間」が見られること。絵と文章のバランスにも違和感をおぼえます。
手元にある77年初版「のうさぎのフルー」(福音館)は、縦書きの読み物版ですが、この「すき間」が文字で埋められているので違和感を感じません。絵の順番も童話館のものとは違います。
この童話館の作品は「64年初版」の福音館のものを復刊したとありますが、そのもともとの「フルー」はどんな本だったのでしょうか? そして「原書」の姿は? …気になります。
(できれば探して確認したいと思っています。)
出版社が絵本を翻訳出版する際に、どういう事情があるのかは解りません。けれども、子どもたちによりよい絵本を出会わせたいと願う一読者として、翻訳出版の際には原書の魅力をできるだけ損なわない編集出版を切にお願いしたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

外国の絵本 ランキング

外国の絵本のランキングをご紹介します外国の絵本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。