サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【宅本便】ブックオフキャンペーン2019年 4/9-5/8(期間延長)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

蛇行する川のほとり 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 59件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:18cm/123p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-003336-8

紙の本

蛇行する川のほとり 1

著者 恩田 陸 (著)

目を閉じれば、今もあの風景が目に浮かぶ。ゆるやかに蛇行する川のほとりに、いつもあのぶらんこは揺れていた。私たちはいつもあそこにいた…。あの夏、あの川のほとりで、少女達に何...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

目を閉じれば、今もあの風景が目に浮かぶ。ゆるやかに蛇行する川のほとりに、いつもあのぶらんこは揺れていた。私たちはいつもあそこにいた…。あの夏、あの川のほとりで、少女達に何が起きたのか? 書き下ろし3部作第1弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

恩田 陸

略歴
〈恩田陸〉1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒業。91年「六番目の小夜子」が、93年「球形の季節」がそれぞれ、日本ファンタジーノベル大賞最終候補作に選ばれた。著書に「ライオンハート」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー59件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ブックデザイン賞をあげるとしたら、私は躊躇いなくこの本を選ぶ。おまけに内容がいい。でも残念なことに全3巻揃うのはまだ先なんだって

2003/03/14 20:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ともかく、ブックデザインがいい。装幀は中央公論新社デザイン室、DTPはハンズ・ミケ。紫色を上手に使った洗練されたデザインが、さりげなく自己主張。本の紙質がザクッとしていて、厚めの割に軽くって、ちょっと洋書のPBを思わせる、しかも「1巻」の表示が、とても粋で、最近、いいデザインの新書が増えたけれど、なかでも群を抜く存在。版画家の山中現の仕事を連想させてくれる。今のところ、これに匹敵するデザインは、新潮社の『進化論の現在』シリーズくらい。

おまけに値段が安い。これが文庫本一冊の値段で買えるなんて、それマジ? デフレもこんな形であらわれるなら歓迎だ。予定では全3冊、2巻は4月、3巻は8月に出るという。全巻揃った時は、どんな様子になるのか、想像するだけでも楽しくなる。

この本は、全3冊のうちの第1巻、1冊がそのまま章にあたる。章のタイトルは「ハルジョン」。舞台は、川が市の中心部を流れ、蛇行した支流のほとりには、古い屋敷や図書館が、野外音楽堂が点在する地方都市。登場人物は、私、蓮見毬子。高校一年生。中等部のころから大道具係で、演劇祭の背景を描いてきた。

そんな私に、高等部の晴れ舞台への協力をもとめてきたのが、美術部の憧れの上級生二人久瀬香澄、斎藤芳野だった。二人とも美人だが、趣味で絵を描くような香澄、天才肌の芳野と持ち味は微妙に異なる。誘いに私は舞い上がるが、そんな私に注意を促すのが同級生で友人の真魚子。美人で、大学生にも見られる彼女は、二人が毬子を誘った動機がわからないという。

毬子の前に、見知らぬ少年が現れ「久瀬に近付くな」という言葉を残して去る。そして真魚子の仕組んだダブルデートで、毬子はどこか真魚子に似た志摩暁臣と知り合う。私立名門校に通う彼と話すうちに、彼女は警告を発した少年が貴島月彦という名前であることを知る。毬子の母の信頼を勝ち得る暁臣、かれになれようとしない飼い犬のトト。

高校入学と同時に、長い間空家だった「船着場のある家」に引っ越してきた久瀬香澄。昔の事故の噂。小さな女の子の死。夏休み、香澄の家で始まった泊り込みの作業、少年たちの食い違う言葉。ものの印象が変わり、真意が見えなくなる。まさに恩田陸の世界。『六番目の小夜子』『麦の海に沈む果実』を思わせる学園の謎。月光に包まれた狂気。話は予断を許さない終わり方をする。次の巻が待ち遠しいシリーズの、記念すべき第1巻。『上と外』みたいにならないで、予定通り、続巻が出版されることを願ってやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

制服をきていたころを思い出す本です

2003/11/28 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:むしぱん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 制服を着ていた時代、
 この本に登場する少女たちのように世界を見ていた気がします。

 女の人なら誰しも共感できるのでは?
 
 自意識過剰で世間知らずだったあのころを思い出して少し恥ずかしく懐かしい気持ちにさせられました。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/09 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/30 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/15 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/19 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/04 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/03 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/05 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/10 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/13 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/27 08:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/25 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/18 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。