サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 岩波書店
  4. ゲド戦記 全5巻セット

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゲド戦記 全5巻セット
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:2003.3
  • 出版社: 岩波書店
  • ISBN:978-4-00-204162-9
  • 国内送料無料

紙の本

ゲド戦記 全5巻セット

著者 アーシュラ・K・ル=グウィン,清水真砂子

ゲド戦記 全5巻セット

9,180(税込)

ポイント :85pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子供時代の宿題を大人買い。

2003/06/30 16:57

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

たしか、小学五年の頃だったと記憶しています。
ゲド戦記の名を初めて目にしたのは、
岩波少年文庫収録の『ナルニア国物語』の巻末広告です。
私にとって巻末広告は、最も身近なブックガイドでした。

ドリトル先生
メアリーポピンズ
ホビットの冒険
あしながおじさん

どれも夢中で読みました。
期待を裏切られたことなんて、一度もありません。
しかし、ゲド戦記だけは手を出すことが出来ませんでした。

『影との戦い ゲド戦記1』

それは当時の私にとって、↑この書名が
なんとも地味で、重苦しいイメージだったからです。
わくわくの「わ」の字も感じることが出来ず、
読み逃しました。時折、絶賛する評判は耳にしても。

  過ぎたことですが、これが、原題の「A WIZARD OF EARTHSEA」を
  オズの魔法使い(Wizard of Oz)のように直訳して
  「アースシーの魔法使い」となっていたら
  あるいは、手に取れたかもしれません。

しかし過ぎてみれば、少年時代を終えて、たくさん挫折して
ある程度自分が何者なのかを思い知らされたこの時期に
手にすることが出来たのは幸運でした。

与えられた力の大きさに奢るハイタカ(ゲド)が
挫折し、追放され、青年へと育つ姿を理解するには
当時の私は、少し幼すぎましたから。


・少年の成長物語の『影との戦い』。
・少女の成長物語の『こわれた腕輪』。
・師弟間で力の継承が行われる『さいはての島へ』。
・女性・暴力・暮らしを語る『帰還』。
・理解・共生・世界の「区切り」を語る『アースシーの風』。

子供時代に「読み逃した」寂しさと
それを取り戻そうと「大人買い」した5巻セットに後押しされて
2週間がかりで一息に読み終えました。

ようやく、子供時代からの「宿題」を一つ終えた心地よさと共に、
『ゲド戦記』は私の中で、『ナルニア国物語』と同様の位置を
占める作品となりました。

『ナルニア国物語』は、神話や物語、そしてキリスト教を
背景に持ち、「充実した物語を誰にでも分かり易い形」で
世に送り出されたから子供の頃から繰り返し読むことが出来ました。

一方、『ゲド戦記』が背景に持つのはル・グイン氏の
思想と感性になりますので、作者と訳者の配慮から
子供にも読める形になってはいますが、やはり難解な面もあります。
だからこそ、30代・40代……と、この先も関わることで
今は読み落としている部分も、これから気づいていける楽しみがあります。


大人になるのも、時には悪くないと思わせてくれる5冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/29 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る