サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 教育画劇
  • サイズ:22cm/231p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-7746-0549-2

紙の本

バッテリー 5 (教育画劇の創作文学)

著者 あさの あつこ (作),佐藤 真紀子 (絵)

【小学館児童出版文化賞(第54回)】「なにがほしくて、ミットを構えてんだよ」 本当の理由を言ってみろよ。知りたいのだ。豪がつぶやいたように、本当はどういうやつなのか、豪を...

もっと見る

バッテリー 5 (教育画劇の創作文学)

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

バッテリーセット 6巻セット

  • 税込価格:10,01091pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小学館児童出版文化賞(第54回)】「なにがほしくて、ミットを構えてんだよ」 本当の理由を言ってみろよ。知りたいのだ。豪がつぶやいたように、本当はどういうやつなのか、豪を知りたいのだ。それは多分マウンドにいてはわからない。シリーズ第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

あさの あつこ

略歴
〈あさの〉1954年岡山県生まれ。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。「バッテリー」で野間児童文芸賞、「バッテリー2」で日本児童文学者協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

想いを目の前の相手に伝えたい。どういう言葉を使ってでも伝えたい。

2005/02/01 10:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白くま子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「バッテリー」シリーズとの出会いは、まったくの偶然だった。
書店の児童文学のコーナーで、違う著者の本を探していて、ふと、すぐ目の前にあった平積みの本に巻かれている帯に目が止まった。
「想いを目の前の相手に伝えたい。
どういう言葉を使ってでも伝えたい」
と、大きな文字で書いてあった。
それだけなのに涙が出た。なんと言ったらいいのか。こういうのを「衝撃」と言うのか。その本、バッテリー5巻の帯の文字だけを、何度も読んだ。
勉強不足で時代遅れの身。その時は、知らない作家名、書名だったが、とにかく読んでみようと決心した。
1巻を読んでしまったら、もう駄目だった。
また私がケチでセコイものだから、まとめてではなく、とりあえず1巻ずつ手に入れて読むなんてことをしてしまったから、とにかく先を読みたい。夜中でも今すぐ続きを読みたい。朝まで我慢できない。眠れない。という状態になってしまい、数日間というものは、昼も夜も「バッテリー」のことしか頭にない日々になってしまった。
そしてやっと問題の帯の本である、この5巻にまでたどりついた。
この5巻の本文の最後の方に、その「想いを目の前の相手に伝えたい…」が出てくる。
どうしてこの言葉に、ここまで心を揺さぶられたのだろうと、今、自分で自分の気持ちを客観的に見てみたら、どうもこの言葉は、私の心にいつもある気持ちの1つを、見事に言葉で表しているように思う。
私も伝えたいのだ。いっぱい伝えたくて仕方がないのだ。この心の中にある思いを。
だけど、口があるのに、話す言葉というものがあるのに、いや、それだからこそか、どうしてもいつも、誰にも何もうまく伝えられない。だからこのように文字で書いてみたり、「バッテリー」の中の巧のようにボールを投げることや、他のいろいろな違う手段を使って、人は何とか伝えようとするのだろう。
私自身においては、あまりに何度も何十年も、伝えるということに失敗し続けてくると、伝えられないということに慣れて、諦めてしまう。苦手な話し言葉はもちろん、せめてその下手な口のフォローになればと、書いて説明することさえ試みなくなった。何より、伝えようとする意欲、強い思いを持つことさえしようとせず、「どうせダメだ。上手くいかない」と最初から諦めて投げ出してしまって、もう随分な年月になる。
それなのにである。「伝えられるんじゃないか」と思ってしまったのだ。
「バッテリー」シリーズにどっぷり浸った幸せな時間のおかげで、私も良い意味でも悪い意味でも、青くさくなってしまったのか。ここまで激しく強く「どういう言葉を使ってでも伝えたい」と思えば、伝わるんじゃないか、と。
実際の結果はどうなるのかは分からない。でも、ここまで強く思って伝えようとすれば、伝わると、私は信じたい。

1つの言葉、思いしか取り上げられなかったが、「バッテリー」は、もちろんこれだけじゃなく、読み出したら最後。とりこになってしまう魅力が詰まった本だ。
「バッテリー」シリーズが書かれて、そして、めぐり会うことが出来て、本当に良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読むのが勿体ないと思いつつ読まずにはいられないこの魅力。興奮のラストまであと少し!!!

2004/11/18 13:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むのが勿体無い…だけど読まずにはいられない本がこの「バッテリー」なんですよね。
結局読み始めると一気に読んでしまったのですが。

今回は巧が初めて自分の意思で他人との距離を縮めていきます。
今まで巧の中にはなかった心の変化、他の人が何を考え、どう思っているのかが気になっていきます。
そしてそれを知るには野球から離れた場所で向き合わなければいけない事に気付きます。
五巻にきてやっとその部分が変わるんですよね。
しかも素直に豪に近づけないもどかしさや、自分の心の変化にも戸惑う辺りの描写は上手いとしか言い様がありません。
感想を書くのが難しいくらい濃密さがあるんですよね。
そして五巻まできてやっと彼らの1年間が終わるのですが、中一とは思えないのは勿論、たった1年間とは思えないくらい色々な出来事が起きたような気がします。

さて色々なタイプの少年(とも言えないくらい大人ですが)の中で瑞垣は一番大人なんですよね。
上手く自分の感情を押し込める方法を使い、また嫌な奴と言えば嫌な奴なのです、中3で既にそこまで大人の方法を身に付けてしまって可哀相と言えば可哀相な奴なんですよね。
願わくば、5巻で彼の殻が破けた続きで最終巻では野球の世界に戻りたいと言わせたいですね。

私が好きだった場面はラストの巧の発言に対する周りの反応。いいですね、こういう雰囲気。
まさかあの巧が野球以外の話をしようなんて! 私でも隣にいたら呆然と巧を眺めてしまったかもしれません。
豪と出会っただけでは多分巧は変わらなかったと思うのですよ。
吉貞達とも同時に出会った事で周りの人との垣根を外すことが出来たような気がします。
本当にこのメンバーが成長していくのはこれからなんでしょうね。

実はここまできてもラストがどう進むのか全く分からないんですよ。
主役はバッテリーなのでしょうが、それだけでは済まないような気がします…。
願いとしてはやはり二人に勝って欲しいのですが興奮の最終巻は来年までおあずけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

危ういバランス…

2004/09/27 17:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:元セカンド6番 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻もまた2時間で読んでしまった…。
なんか、いい歳になって母親になっても「バッテリー」を読むと
あの頃の、夕日の中の練習や部室の臭いや試合に負けた時の悔しさ
なんかを一瞬で思い出す…。だけど、あさのさんのすごい所は
想い出ではなく現代の、進行形の少年達の気持ちを描いている所。
失礼だが、私よりもかなり先輩かと思われるのに、ちゃんと
「今」の言葉が入ってくる。そして巧や豪彼らを取り巻く友人達の
中学生特有の危うさやいい意味での「大人」の部分と5歳児のような感情
とのバランスが、もどかしいようで、実は彼らの成長を楽しみにしている
自分がいる。巧が祖父を睨み、祖父がそれを恐がるシーンは、
日々報道される中学生のニュースを彷彿としてしまうが、本来中学生とは
そういうものなのかもしれないなと思った。当時の自分も常に友人関係に
悩んでいたし、学校も荒れていた。ただ、このシーンのように大人が動じて
はいけない気がしたし、私もそういう親になりたいと思った。責任重大だな…
6巻が楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

コントラスト

2003/07/26 16:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じょに - この投稿者のレビュー一覧を見る

一度は崩れ去ったバッテリー。けれど、再び土台を作り直す。より強固な…。そんな展開の第五弾。巧と豪はいくだろう。同じような崩れ方はもう二度としない。マウンドでの快感、ただそれだけのためにミットを構える、そういう覚悟が豪にはできたのだ。なんだかんだいって、二人は仲が良いなと思う。真剣勝負ばっかりで、こりゃ、疲れるだろうなぁ、しんどいだろうなぁ、と思うけれど。なんとなく懐かしい感じはするよね。
危ないのは瑞垣のほうだろう。真剣勝負をしない。正面からの球をすぐにかわしてしまう。マウンドでの快感だけに集中することが、彼にはできなかった。だから卒業とともに、野球をやめる。好きだけどやめる。巧との試合がもしかしたらそれを突き破るのかもしれないけれど。ついに「間に合わなかった」。そういうことなんだろうか?
瑞垣はバカだなぁ。野球が好きなのに他人から貼られるレッテルに押しつぶされてやめちまうなんて。きっと死ぬほど後悔するのは、瑞垣だ。捨てることはできる。潔いとも思う。でもそうやって捨てていったら空っぽになっていくんだ。空っぽに。その空虚さに、耐える覚悟がある、と。彼は言っているのだ。本当に耐えられるのか。そうしてそこまで彼を追い込んでしまった、他人の無神経な価値の押し付けに、ぞッとする。もうすぐ夏がやってきて甲子園がはじまるけれど。その過程で「潰される」子もいるのだろう。みんな一途が好きで一途なものを誉めそやすけれど、それはそのままなにも生み出さないものへの叱咤や嫌悪、軽蔑という諸刃になって、さんざんに傷つけているのだ。
背伸びをしている瑞垣をみていると、大人は先回りしすぎる、と思い当たる(そして瑞垣はそういう大人の道を行こうとしている)。経験則から予測がつく、というのは科学的だと思うけれど。納得してないのに、先回りして。納得してないのに、無様なマネをしたくないとカッコつけて。それでホントに良かったんだろうか。一途じゃなかったから、先回りしたレールに片足突っ込みながら生きていた。でもわくわくすることはない。瑞垣とは反対に豪はそんなふうに一歩を踏み出した印象を受けた。そんな少年たちのコントラストの鮮やかな第5巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

胸にぐっとせまってくるから、読まずにいられない

2003/07/06 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

巧も豪も。そして2人を取り巻く友人達も。ホント、深いんだよね。彼らの思いが…。心の中って、実際、すごく複雑じゃん。好きだなぁ、スゴイなぁって思いながら、心の奥底では、とうていかなわないっていう“ねたみ”みたいな気持ちも存在していることってあるでしょう。相手の事を知りたいって思っているくせに、自分のそんな気持ちに気付かない…っていうか、正直になれない。“いや、自分はそんなタイプじゃない”って、なんかつっぱっちゃってしまって。うん。特にこの年頃って、チョー複雑で、素直じゃない。でも、相手を思いやる気持ちがないわけじゃないんだよね。ホント、読んでいて、胸が痛いっつーか、恋愛?に似た感じがわいてきて、苦しくなるんだよね。どんどん読んで、読んで、読んで、この胸の疼き(うづき)をどうにかしたいって感じで、読まずにはいられないんだ。だいたい、出てくる男の子達がみんな魅力的なんだなあ。中学生だけど、ひとくせもふたくせもあるし、もちろん、これが正真正銘のヒーローだ…みたいな子もいるし、でも、そんな子も心の奥底に人には言えない闇(やみ)があるんだよね。けど、みんな真剣に野球に取り組んでいるんだな。いや、みんな真っ正面から野球にぶつかっているって言った方が当たってるかな。巧と豪ももちろん。野球が大好きで、それぞれ最高の相手に巡り会ったって、分かっているくせに、それぞれの思いを上手く表現できなくて、対処できなくて悩んでる。この本の中に入っていって、“豪はこう考えているんだよ。”“巧はこういう風に感じているんだよ。”って、それぞれに、また周りに教えてあげたい気がするよ。早く2人が本当の「あうん」のバッテリーを組めることを祈ってる。でも、ホレボレしちゃうね。この2人といい他の子たちといい。あっ、巧の弟もすごいいいんだ。柔(じゅう)でありながら、ビシッとしたものを持っていて。この子も一種の天才なんだろうな。人の心を掴む(つかむ)天才。マジで、ぜひ、みんなに読んでもらいたい。マジですっごいグッとくるから。これ、子供だけが読む本だとしたら、ホントもったいないよ。最高だもん。絶対読んで、このピュアで真摯(しんし)な気持ち思い出してよ。私、この本に巡り会って、ひさびさに、子供に、10代に、戻りたいなぁって思ってしまったよ。なんか、昔を振り返るってイヤなんだけどね。ねっ。みんなもぜひ読んで。最高だよ。ぜひお勧めです。作者へ。早く続きを書いて下さい。以上。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

JUBILANTLY

2003/04/11 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いつかん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 中学生の頃、巧みほどでなくても真剣に部活動をしていれば何か変わっていたかもしれない。今の自分から。
 巻数を数えるほど、私はそう強く思う。私は剣道部だった。テニス部の先輩が怖くて、卓球部は暗くて、バレーはマイナーに見えた私の中学校。結局私は剣道部を選んだ。話題性に富むからという理由で。やはり、そういった理由では素振りの意味も理解できていなかった。どうやったら部活をサボれるか。そればかりを考え、でも試合になれば、レギュラーで出たかった。都合のいい中学生だった。
 そう、都合のいいことばかりで真剣になる事がなかった。今もあまりない。平穏すぎる平穏を自分で選び、しかし、その何もなさに不満を抱えている。
 バッテリーを読んで、巧みが羨ましいと思うのは、私が時間は流れ過去になり、蓄積され土台になるということを私自身が知ってしまったからだろう。私が知らない真剣を巧も豪も知っているからだろうと思う。
 毎回、バッテリーを読むと、爽快感がある。これはやっぱりスポーツものだからかということはさておき、このふたりの眩しさが私に陰を濃くさせる。
 2人はこんなに黄金の日々を送って大人になったら過去の眩しさに負けてしまわないだろうか。負け惜しみにしかならない私は、これでもこの作品が好きで好きでたまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/25 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/01 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/24 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/28 23:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/07 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/25 14:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/30 19:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/04 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/17 22:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します日本の作品 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。