サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神の守り人 2 帰還編(偕成社ワンダーランド)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 64件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 偕成社
  • レーベル: 偕成社ワンダーランド
  • サイズ:22cm/316p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-03-540290-9
  • 国内送料無料

紙の本

神の守り人 2 帰還編 (偕成社ワンダーランド 「守り人」シリーズ)

著者 上橋 菜穂子 (作),二木 真希子 (絵)

【小学館児童出版文化賞(第52回)】危うしバルサ! バルサを執拗に追う氷の女シハナ。そして、アスラは自らの力にめざめ、おそろしい力を発揮しはじめる。アスラを待ちうける残酷...

もっと見る

神の守り人 2 帰還編 (偕成社ワンダーランド 「守り人」シリーズ)

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

「守り人」完結セット+「短編集」 12巻セット

  • 税込価格:19,440180pt
  • 発送可能日:1~3日

「守り人」完結セット+「短編集」 11巻セット

  • 税込価格:17,820165pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【小学館児童出版文化賞(第52回)】危うしバルサ! バルサを執拗に追う氷の女シハナ。そして、アスラは自らの力にめざめ、おそろしい力を発揮しはじめる。アスラを待ちうける残酷な運命とは。精霊界と人界が交錯する物語、守り人シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上橋 菜穂子

略歴
〈上橋菜穂子〉立教大学大学院博士課程修了。専攻は文化人類学。川村学園女子大学助教授。「夢の守り人」で路傍の石文学賞受賞。2002年巌谷小波賞受賞。著書に「守り人」シリーズなど。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー64件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

自分の民を守りたいと願うこと

2004/04/15 14:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yan - この投稿者のレビュー一覧を見る

守人が帰還する
ということは、暴力神サーダ・タルハマヤに
とりつかれたアスラが元の少女に戻って
もしかしたら新ヨゴ王国の女商人のもとへ
行くのかと期待していた。

思いもかけなかった展開
アスラは帰還したけれど
人事不省のまま物語が終わってしまう
自分の民族が虐げられるままになっていることを
利用して、ロタ王国をひっくり返そうと画策した
女狩人も姿を消してしまう

タルハマヤがアスラの中に入り
暴力を振るうときに彼女が感じる快感
に寒気を感じたのはバルサだけではないと思う
暴力を止めようとしたのは
アスラの兄の力が大きかったと思う

差別には報復で
報復には報復で
今の時代そのままがこの物語に描かれているが
それを食い止める何かが
きっとあるはずだ
この物語に結末がないのは
それを提示しているからだと思った

Yanの花畑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カシャル素敵

2016/06/19 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

これを読んでいるとき、ペンギンが水深数百メートルまで潜れるという話を読み、「カシャルの魂を乗せて潜らせたら深海の様子がわかるんじゃね!?」とか思ってしまう程度に、現実との境界が行方不明になっておりました…。
シハナとバルサの戦いが圧巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/12 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/17 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/15 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/11 02:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/21 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/18 20:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/16 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/01 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/21 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/24 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/28 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/10 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/28 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の作品 ランキング

日本の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む