サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

かかし
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/297p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-19-861638-8
  • 国内送料無料

紙の本

かかし

著者 ロバート・ウェストール (作),金原 瑞人 (訳)

死んだパパを敬愛するあまり、継父や家族への憎悪を募らせる少年サイモン。その追いつめられた孤独な心は、かつて邪悪な事件が起こった水車小屋に巣食う怨念を目覚めさせ?! 初版1...

もっと見る

かかし

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死んだパパを敬愛するあまり、継父や家族への憎悪を募らせる少年サイモン。その追いつめられた孤独な心は、かつて邪悪な事件が起こった水車小屋に巣食う怨念を目覚めさせ?! 初版1987年刊(福武書店)の改版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・ウェストール

略歴
〈ロバート・ウェストール〉1929年イギリス生まれ。美術教師のかたわら児童文学作家として活動。作品に「猫の帰還」「海辺の王国」など。93年没。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.0

評価内訳

怖い。不気味に迫り来る「かかし」よりも、それを呼び寄せる「人間」が

2007/04/13 23:21

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サイモンは母親が再婚した風刺画家ジョーの家で夏休みを過ごすことになるが、亡き父を慕う気持ちが強く、新しい生活に馴染めない。家族の中で孤立し、孤独と憎悪に侵される彼心は、古い水車小屋に巣食っていた邪悪な何かを目覚めさせてしまう。それは三体の「かかし」となって、サイモンの家に迫ってくる。
 表紙からして不吉で暗雲立ち込めているが、とても怖い話だった。
 何が怖いって、主人公の少年が危なっかしくて恐ろしい。いわゆる「キレル」若者の典型で、ギリギリで自分を保っている不安定な精神状態なのだ。そういう年頃と言ってしまえばそれまでだが、今にも爆発しそうな暴力性を必死で押さえ込んでいて、心に全く余裕がない。不安や不満が、まるで的を見つけたかのように継父と母、妹に向かってしまい、サイモンが日々募らせていく憎悪は凄まじい。
 そしてサイモンと同年代の読み手は、やはり彼の心情に共感に、母親やその再婚相手を気のするのだろうかと思うと、それもちょっと怖い。サイモンの母親は、息子の目というフィルターを通さず見れば、やや配慮に欠けるものの普通の女性であり母親である。再婚相手は、むしろ出来た男ではないだろうか。これは、大人目線かもしれないが。
 すれ違う心が、サイモンを屈折させ、「かかし」たちに負のエネルギーを与えてしまう。サイモンの不安定さと荒々しさは、そのまま物語の緊張感に繋がっていく。恐怖に彩られた物語の結末が、どちらに転ぶか全く読めないのだ。荒々しい展開は、サイモンたち一家を死と破滅と絶望に導きそうでもあるし、再生と希望へも導きそうだ。
 ついにかかしが家にやって来る。そして……
 実際にラストシーンを読んでなお、この奇妙な不安定さは残った。直前まで黒と思っていたら白で(この場合、色は何かの比喩ではない)、だが白と言い切るには、すっきりしない何かがある。作者があえて書かなかった、後一文があるのではないかと感じてしまうのだ。全てをひっくり返してしまうような一文が。
 物語全体の怖さより、このもどかしいような著者の筆の置き方が、実は一番怖いのかもしれない。答は読み手の心の奥底にある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/14 23:33

投稿元:ブクログ

 これ、たぶん中学か高校の図書室で借りて読んだことあるわ。

 かかしがだんだん近づいてくるお話。だがそれが怖いのではない。
 ものすごい緊張感だ。サイモンはキレたら何をしでかすか分からない。母親はジョーと再婚し、戦死したサイモンの父親は忘れ去られてしまう。一瞬、スーザン・ヒルの『ぼくはお城の王さまだ』が脳裏をかすめた。あんなラストになったらどうしよう、という不安。妹はすっかりジョーになつき、サイモンは家族の中で孤立を深めていく。

 サイモンは父親を忘れてしまった母が憎いと言うが、本心は違うのだろうなと思う。意識はしていないかもしれないけど、母には自分だけをみていてほしいのだ。ひとことで言えば、マザコンだ。
 それなのに、息子にとって母親が父親でもない男とセックスするのを目の当たりにすることほど(※声を聞いただけだけど)恐ろしいことはないだろう。しかも自分を邪魔者のように言っているのだ。

 でも、結末に一安心。ジョーが思っていたより悪い人間でないことは分かっているし、サイモンは、これから少しずつ打ち解けていけるんじゃないかと思える。

 しかし、画家の仕返しはこわいですね! 何があっても、木に昇って裸婦像を描いている画家の部屋を覗いちゃだめだわ。しないけど。

2006/03/15 02:08

投稿元:ブクログ

一応児童書ということにはなっているが、かなり純粋に怖い。主人公サイモンの、思春期独特の複雑かつ微妙な心理が鋭く描かれており、飽きさせない。ラストがいきなりぶつ切れた感があるのが残念だが、大人が読んでも結構楽しめると思う。

2012/02/21 21:41

投稿元:ブクログ

反抗期をむかえた思春期の少年が主人公です。少年は戦争で亡くなった軍人の父親を崇拝していて、再婚した母親やその夫、新しい父親に無邪気に甘える幼い妹に対しては、愛憎の入り混じった感情を抱いています。
田舎町にある継父の家の近くには、人の寄り付かない古い水車小屋があって、少年はその建物にまつわる曰く因縁を知ることになります。そして、父親を亡くしてから増幅し続ける憎しみの感情が、つい水車小屋の方角に向いてしまいます。そんなある日、家と水車小屋の間にある広大な畑に、奇妙な3体のカカシが忽然と姿を現します。カカシは少年の憎しみが増すにしたがい、徐々に家に近づいてくるのでした。
少年の孤独感、内面の逡巡、葛藤を描きながら、そこにホラーの要素が加わって、面白い読み物に仕上がっています。作品としては、児童文学のジャンルに入るようですが、英国の少年・少女たちはこのような物語を読んで育つのでしょうか?中にはけっこう複雑な大人の事情や、きわどい会話が、あからさまに描写されていたりするのですが・・・・・。カーネギー賞受賞作。

2008/08/07 00:06

投稿元:ブクログ

個人的にはトリスの伏線をもっと張っておいてほしかったなーとか思ったのですが、ラスト近くの主人公とトリスとの会話では何だか泣きそうになりました。ここをこんなにきれいに描けるんだったら、何で前半の学校生活での同世代の子どもたち(例外1人を除く)との関係性をもっと豊かに描けなかったんだ、と思いました。それだけがすごく惜しい本です。
主人公の少年視線を貫きながら、大人同士の関係性やその感情の起伏までがはっきり伝わってくる筆致には圧倒されました。

2007/09/21 02:40

投稿元:ブクログ

ちょっと前に読んだ。主人公サイモンの心理描写が丁寧で「あんた中坊をよくわかってるよ…!」と言いたくなる。かかしって好きだ。

2010/07/05 22:45

投稿元:ブクログ

ウェストールの名作として名高い『かかし』。13歳の男の子の孤独と怒りの膨れ上がり方がリアルで怖い。中盤からはS.キングの『シャイニング』を思わせる恐ろしさ。スピーディにやってくる結末が見事。

2014/11/06 22:38

投稿元:ブクログ

『怪物はささやく』経由で読んだのですが、おもいのほか恐怖小説で読了後しばし虚脱状態になりました。どんなことがあっても親を捨てられない子どものかなしい末路。

2008/09/15 10:19

投稿元:ブクログ

小学生の時に読んだ本だったけど
今でも、この本から受けた印象というのが強く残っている。

主人公の男の子の中に芽生えていく憎悪に惹かれるかのように近づいてくる“かかし”

家族の中で孤立していく少年の孤独感が痛いほど伝わってきて
母親にわかってもらえないもどかしさ
死んだ父親をひきずり、新しい父親をみとめたくない気持ち

どんどん屈折していく主人公の男の子の様子がつらかった、
わかってくれない母親に怒りを覚えてしまった
徐々に近づいてくるかかしの存在も怖かった

ずっしりと心に残る本だった

2013/07/20 12:36

投稿元:ブクログ

寮制の学校に通うサイモンは、ママの再婚相手のでぶで下品な売れっ子画家ジョーの家で夏休みを過ごすはめになる。
ママとジョーは熱々の新婚夫婦そのものだし、妹のジェーンもジョーにすっかりなついていた。戦争で死に、今も異国の地に眠るパパを忘れられないサイモンだけが新しい生活になじむことができず、家族の中で孤立し、ついには継父に憎悪を抱くようになる。
しかしその憎悪が、死者へと救いを求めたサイモンの孤独な心が、カブ畑の向こうに建つ古い水車小屋に眠っていた悪霊を呼び覚ましてしまう。
それはぼろぼろの三体の「かかし」の姿となって現れ、サイモンたちの住む家に近づいて来る。
件の水車小屋では過去に忌まわしい殺人事件が起きていた。死者は3人……。
「かかし」が家にたどり着いた時、過去の事件は繰り返され、家族は間違いなく殺されるだろう。サイモンを待つのは、破滅か、それとも…。

子供向けのスティーブン・キングという感じ。倒しても壊しても復活してじわじわと家に近づいてくるかかしは確かに怖かったけど、一番怖かったのは新しい生活が大事なあまりに戦死した夫を人殺し呼ばわりしたり、情緒不安定なサイモンを厄介者扱いする冷たいママの言動です。

2010/01/31 21:58

投稿元:ブクログ

ジュヴナイルホラーの名作、という評判は聞いていたけれど、絶版品切れだった本作。今年に入って復刊したようなので、読む機会にありつけました。
ジュヴナイルとは思えない重さ。特に、主人公と同じくらいの年齢で感情移入して読むと……痛いよこれは。どんどん膨れ上がっていく孤独感と疎外感は、子供にとってはなによりも恐ろしいものなんじゃないかな。憎悪や嫉妬なんかよりも、そっちのほうが断然怖い。
そして「かかし」。かかしが少しずつ近づいてくる……という場面、想像しただけで鳥肌モノ。たんなるサイコホラーとしてでさえ充分に怖いのに、こんな怨念漂う要素まで付け加えられちゃあ、もういうことなし。こんなの子供の時分に読んでいたら、絶対トラウマになるほど怖かったと思う。

2016/10/02 13:32

投稿元:ブクログ

登場人物全員に共感しづらかったなぁ。

思春期の爆発的な怒りのエネルギーに身を任せてしまう主人公、かかし達はそこにつけこんだのかな?でもちょっと内面と外からの干渉者との関係がわかりづらかった。

あと海外と日本との”母親”の違いなんだろうけど、お母さんビッチすぎ。いくら扱い辛い最低な子供でも放り出しちゃ駄目だわ…。

最後に登場して魔法みたいに解決する同級生もできすぎの感。

(追記)親の再婚相手とそりが合わず寄宿舎へ、のとこはフンケのゴーストの騎士と同じだけど、こうも印象が違う話になるんだね。小説って面白い。

2010/03/15 23:53

投稿元:ブクログ

子どもの頃、反抗期まっさかりの頃読んで大好きだった本。主人公のサイモンが反抗期まっさかり。その孤独にシンクロしていた。大人になってから読むと、子どものときわからなかったことがわかったりする。ママや新しい父親の気持ちもわかる。最後の家族のために戦うシーンは感動的だった。子どもの頃はわからなかったけど。

2010/03/20 16:36

投稿元:ブクログ

(「BOOK」データベースより)
全寮制の学校に通うサイモンは、ママが再婚した売れっ子画家ジョーの家で夏休みを過ごすはめになる。パパが死んだ今でも、強い軍人だったパパの方が絶対かっこいいと思っているサイモンは、新しい生活にどうしてもなじめない。うつろな気持ちで広いカブ畑を歩いていたとき、古い水車小屋を見つけ、強く心惹かれるサイモン。だが、その日を境に継父との関係はますます悪化し、ある日ついに「それ」が姿を現した。ぼろぼろの三体の「かかし」だ。かつて忌まわしい事件があった水車小屋に巣食っていた邪悪なものを、サイモンの孤独な心が目覚めさせてしまったのだ。日ごとサイモンたちの住む家に近づいてくる「かかし」。目の錯覚などではない。サイモンを待つのは、破滅か、それとも…。継父への憎悪を募らせるたび、追いつめられていく少年の心理を鮮やかに描く。カーネギー賞受賞作。

2010/10/17 16:28

投稿元:ブクログ

少しは心を開いたのかと思わせておいて、読み進めると元に戻ってる。本当に思春期の子供を相手にしている感覚でした。
それにしても主人公の母親も妹も、残酷なクラスメイトも怖すぎ。気持ちはわかるけど、主人公はあまりにも衝動的で、やることが怖すぎ。

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む