サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そして僕は天使になった
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: パロル舎
  • サイズ:20cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89419-266-7
  • 国内送料無料

紙の本

そして僕は天使になった (Yoshikazu Ikeya’s fantasy)

著者 池谷 剛一 (文・画)

ある日僕はあたりまえのように死んでしまった。あの「犬」じゃなくなった僕はこれからどこへ行けばいいのだろう。街をさまよった末に辿り着いたのは…。感動のファンタジー。光琳社出...

もっと見る

そして僕は天使になった (Yoshikazu Ikeya’s fantasy)

1,620(税込)

ポイント :15pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ある日僕はあたりまえのように死んでしまった。あの「犬」じゃなくなった僕はこれからどこへ行けばいいのだろう。街をさまよった末に辿り着いたのは…。感動のファンタジー。光琳社出版1999年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池谷 剛一

略歴
〈池谷剛一〉1969年東京都生まれ。多摩美術大学美術学部絵画科卒業。各地で個展を行う。絵本に「椅子」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

静かな感動を与えてくれる絵本

2005/03/25 07:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある日あたりまえのように死んでしまった僕。もう「犬」じゃなくなった僕はどこへ行けばいいのだろう? 街をさ迷いながら、かつて犬だった”僕”がやがて天使になるまでのお話。新進画家、池谷剛一氏の絵本です。

 タイトルと表紙の絵に惹かれて手に取りました。ざらざら感のある真っ白な表紙に、小さめに描かれた犬のような人間のような人物の絵。行儀よく両手を膝の上に乗せベンチにそっと腰掛け、目を閉じた横顔はなんだかとても淋しそうで、なぜか家に連れて帰ってあげたくなるような気持ちにさせられました。お話がというよりも、まとっている雰囲気が好きです。しんしんと音も無く降り積もる雪を、一人窓辺でじっと見つめている時の感じに似ているでしょうか。不思議な余韻が残ります。静かな感動を与えてくれる大人向けの絵本です。

 作者が画家なだけに、絵にとても力があります。複数の画材を用いてると思われる一見マットな感じの絵ですが、透明感もあり、ページごとに微妙に違う雰囲気を見せてくれます。見る人によって与える印象を変えるような、ひとことで言うなら不思議な技法の絵です。

 続編に当たる『そして僕も天使になった』とあわせて読むことをお薦めしたいです。きっと感動もひとしおです。本書では犬が主人公ですが、『そして僕も〜』の方はその犬の飼い主さんが主人公になっています。

 親しい人へのプレゼントとして2冊一緒に贈るのも素敵だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/03 02:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/16 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

おとな向け絵本 ランキング

おとな向け絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む