サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 次世代のビジネスリーダーに読んでほしいバイブル(仮) ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

剣豪その流派と名刀(光文社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-03177-3
新書

紙の本

剣豪その流派と名刀 (光文社新書)

著者 牧 秀彦 (著)

剣豪その流派と名刀 (光文社新書)

税込 842 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時代小説ファンなら

2003/01/05 03:15

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紙魚太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

藤沢周平の『たそがれ清兵衛』はお気に入りの短編集だ(ご存じの通り映画化もされたが、粗筋を聞く限り、同書収録の「祝い人助八」に近いようだ)。この中に「ど忘れ万六」という、隠居が登場する。その一場面。「林崎夢想流…。もはや錆びたかも知れんが、と思いながら万六はうす暗い境内に入って行った」。
 林崎夢想流…知ってます? ここでしばらく『たそがれ清兵衛』をおき、この本を手に取る。あった、138ページ。何々? 「秘技“卍抜け”が冴えわたる。居合いの剣祖、林崎甚助重信…」。むむ、卍抜けとはちょっと怪しい。さらに進む、「…居合いは常に臨戦態勢と言っても過言ではない。つまり、構えがないのである。柄に手をかけると同時に鯉口を切って初太刀を見舞い、さらに連続して斬撃と刺突を浴びせ、敵を沈黙させるまで止まらない。…」凄まじいね。「…林崎甚助重信は、常人の域を超える修練を重ねて会得した居合いの技を体系化し、一流派を創始するに至った戦国時代末期の剣豪である。…」。
 いままで、ありそうでなかった1冊。時代小説ファンならば是非にも側に置いておきたい1冊だ。小説の途中で調べものに読み出すと、逆にこちらが止まらなくなってしまう。念流、小野派一刀流、東軍流、梶派一刀流、無外流(剣客商売!)などなど、時代小説に出てくる主要な剣術の流派と名刀に関する解説やエピソードが多数、年代を追って丁寧に面白く書かれている。先の林崎甚助重信にしても、僕は「忍者武芸帳(影丸伝)」に出てくる、労咳病みの浪人のイメージが強かったのだが、かなり謎の多い人のようだ。恥ずかしながら太刀と刀の違いも初めて知った。また、このような剣術や居合いの流派のいくつもが、柔術なども取り入れた総合武術であることや、今も脈々と受け次がれていることも新鮮な驚きだった。え、卍抜けがそのままだって? 興味ある人はすぐに注文しましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

剣豪小説を読むガイドブック

2016/02/14 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

予備知識などなくともドキドキワクワクする剣豪小説ですが、
各剣豪の流派の特性や得物の特徴が分かれば、より深く楽し
めると思います。
剣豪たちの息遣いをより深く知るために必携の一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/02 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/13 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。