サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

物理学と神(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 43件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-720174-0
新書

紙の本

物理学と神 (集英社新書)

著者 池内 了 (著)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー43件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

神がサイコロを振ろうと、静観するだけであろうと。

2012/01/02 08:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「想定外」の自然現象や科学技術の上に立つ危うさを感じた2011年。それは誰もが神をもう一度意識した年でもあったのではないだろうか。地球が太陽の周りを回っていることを否定する人はもういないかもしれないが、神は何かをしている、と考えたくなる人は少なくないだろう。科学の発展に伴い、神の姿はどのように変わってきたのか。年のはじめに科学と神を考えてみるのもよいと思う。
 本書は宇宙や物質の本質を扱う物理学の変遷から「物理学者が神の名を使ってなにを表現しようとしてきたか。(あとがきより)」を考えていく。

 物質論、宇宙理論は難しそうだが、著者流の説明はいつもながらわかりやすい。そしてその中に挟まれる著者の言葉には考えさせられる。
 例えば4章での原子力について。「原子力の利用は、化学反応による1000度の技術で1000万度に相当する核反応を制御しようというもの」「地球における核エネルギーの利用は、悪魔の誘惑かもしれない」という著者の見解は明快である。
 5章の、賭け事が成立する理由の説明もわかりやすい。確率では全体の状態は予測できても、個別の状態は予測不可能であり、そこに人間の心理が入り込んで賭け事が成立する。私は「全体は決定論であるが個々の事象は予測不可」であることに積年の疑問「全体での意味と個人での意味」の解答の一端を教えられた気がした。

 神は宇宙の始まりでサイコロを振ったのか、今もふり続けているのか。
 考えても考えても納得できる答えがない現象を理解するため、人間はずっと神という「形」を置いてきた。著者は「物理学者は神の領域を明かそうとしてきたが、まだ仏の手のひらをうろうろしている。(あとがきより)」と考えている。私なりには、科学の示す世界のあり方がどう変わろうと、神がどういう言葉で表現されようと、ラッセル流でいきたい。「神はいるかいないかわからない。でも、どうあっても正しいと思える生き方をしよう。神の前に立つことがあっても、恥じることのないように。」

 神がサイコロを振ろうと、静観するだけであろうと、「賭け事」にしないでとどまれるのも人間である。

 新しい年が、後悔のない一年になりますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自然科学と神

2013/04/01 18:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サンロイヤル - この投稿者のレビュー一覧を見る

科学における神とは未知の法則か、はたまた秩序をつくりだしたものか……。
本書では頻出する神について指し示すものは書かれていない。

日本人にはなじみがないが、神といえば宗教の崇める先でありキリストや天照大神などを思い出す。

自然科学の歩みがあり、それは宗教と対立した時代や発展したとき、神が排斥され悪魔が生まれたことなどを知ることができる。

また量子学の面白さも書かれてあり、古典力学との対比も面白い。
自然科学を触れる、入門書のようなものであっさりだが全体像が書かれているように見える。理系にはたまらないものだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わからない

2003/05/24 11:22

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:葛城リョウジ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 全体的に読みづらい文体で、内容もよく理解できなかった。様々な参考文献の一部分を、ただひたすら読まされているようで、読み進める気がおきなかった。刺激的でわかりやすい物理学入門と書いてあるが、私はそうは思わない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/13 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/15 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/23 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/22 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/15 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/12 01:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/09 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/14 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/15 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/10 05:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/22 02:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一般 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。