サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫
  4. 学術文庫
  5. 岩波書店
  6. 岩波現代文庫
  7. サンバガエルの謎 獲得形質は遺伝するか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サンバガエルの謎 獲得形質は遺伝するか(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/231,14p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-603071-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

サンバガエルの謎 獲得形質は遺伝するか (岩波現代文庫 社会)

著者 アーサー・ケストラー (著),石田 敏子 (訳)

サンバガエルの謎 獲得形質は遺伝するか (岩波現代文庫 社会)

1,188(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生物学会のスキャンダルにとどまらない人間社会の暗蒙

2006/12/02 07:43

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:cuba-l - この投稿者のレビュー一覧を見る

進化論を巡る20世紀初頭の生物学会最大のスキャンダルを扱ったアカデミック・ドキュメントである。
話は突然変異と淘汰が全ての生物の進化を決定するとした新ダーウィン学派と、ラ・マルク以来の獲得形質は遺伝するという説を実験により証明したとする異端の生物学者カンメラーの対立をめぐるスキャンダルだ。

環境を変えて飼育したサンバガエルの婚姻瘤によって、獲得形質の遺伝を証明したとするカンメラーとこれを否定する学会の論争を当時の関係者の証言を踏まえて丹念に追跡する過程は大変興味深い。
だが最終的には、ありとあらゆるおよそ学問的探求とは無縁の卑劣な手段も使って追い込まれたカンメラーの自殺と言う結果で真相は謎のまま「事件」は終わるのだが、これで話は幕とならない。 自学派の説が生物の進化を全て説明できる説となりえないことを認識しながら、対立する説の存在を「学問的真理の探究とは全く関り無く」決して許すことをできなかった学会の体質はきっと今でも変わっていないだろうし、それは社会のあらゆるところに極めてよく見られるものだからだ。

つまり全存在を賭けて打ち込んできた自分の学説や研究が他の研究の結果に否定され、それまでの苦労がすべて価値を無くすようなことは、研究者やその学派のアイデンティティに関わる問題であるから、真理や正義・道徳がどうあれ自らの存在証明である仕事の否定を決して受け入れることなどできないという人間の一面の真実の例証のようでもある。そしてこれは、人間の本性として人間は世の中を一本調子に良い方に進めることはできないことの証明でもあるようだ。

ここに単なる学会スキャンダルにとどまらない人間の抱える深い暗蒙を見せ付けられた思いがするが、それがこの本を単なる科学ドキュメント以上のスリリングな読み物に仕上げている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世紀末の夢の行方

2004/09/14 23:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 進化論について述べるのは素人には荷が重いが、玄人にとってもやはり難しいだろうと思うのは、往々にしてイデオロギッシュな論争に利用されてきたからだ。進化論解説書にはしばしばカンメラーの名前が紹介されるが、それは常に謎として言及されるばかり。そのタブーにあえて挑戦してカンメラーの業績に光を当てたのが本書。
 生活環境を変えて飼育したサンバガエルの婚姻瘤の標本が墨を注入されたものだったというスキャンダルの後に、自殺によって真相解明の道は閉ざされ、ダーウィニズムに反すると言われる獲得形質の遺伝の証明は頓挫した。ここまでが一般的な認識と思うが、これを他の実験の成果も含めて公平な視点で再評価している。
 実に興味深い内容であるし、1926年のカンメラーの死後50年を経て関係者の証言や当時の文書を丹念に収集し、補足的な実験まで行った、力の入ったドキュメンタリーだ。
 問題は、獲得形質の遺伝というテーゼをどう扱うかなのだが、ラマルキズムの復権めいた表現によるジャーナリスト的な話の盛り不げ具合が、科学が何でも即座に解決できるがごとくの思い入れと相まって、ようするにやや大袈裟。ただしネオダーウィニズムに縛られない、例えばウィルスを媒介した遺伝子の変異などの説も活発な現代の進化論最前線の熱に浮かされるのは共感できる。
 そして、ウィーン世紀末から第一次大戦による崩壊へ至る時代に、芸術家肌のカンメラーが余人には再実験のできない成果を上げえた過程は魅力的だ。カンメラーが本当に再評価されるのは、10年後かも100年後かもしれないし、その日は永遠に来ないのかもしれない。しかし誰とも違う着眼点で自分の道を進んで寵児となった生きざまは勇気を与えてくれる。
 最後に白状しておくと、僕は今西信者です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/05/26 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む