サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

謎とき名作童謡の誕生(平凡社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 平凡社
  • レーベル: 平凡社新書
  • サイズ:18cm/226p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-85165-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

謎とき名作童謡の誕生 (平凡社新書)

著者 上田 信道 (著)

謎とき名作童謡の誕生 (平凡社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

著者のコメント

2002/12/18 13:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上田信道 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現地取材や文献研究をもとに、誰もが知っている名作童謡の誕生の秘密を探りました。
いまに歌い継がれている童謡・唱歌・叙情歌の誕生の経緯をたどると、当時の時代状況や作詞家・作曲家の人生模様など、さまざまなドラマが見えてきます。歌詞に秘められた意外なメッセージや素朴な疑問についても、興味ぶかく、わかりやすく…。

「鳩ぽっぽ」「故郷」「かなりや」「赤とんぼ」「夕焼小焼」「赤い靴」「砂山」「七里ヶ浜の哀歌」「月の沙漠」「花嫁人形」の10曲を取り上げました。榊原まさとし(ダ・カーポ)さんの挿画や、三木露風の生家の写真など、序論「童謡はどのようにして生まれ育ったか」や附録「名作童謡関連年表」ほかを収録しています。

これまで書かれてきた童謡関係の本は、専門的で難しいものか、入門的でただ表面をなでるだけのものが多かったように思います。
近ごろ童謡について書かれたある本が、マスコミなどでよく取り上げられています。売れ行きもたいへん良いらしいのですが、専門の立場からこの本の内容を読むと、あまりにもずさんで初歩的なまちがいだらけであることに驚きます。

『謎とき 名作童謡の誕生』でとりあげたエピソードや作詞家・作曲家に関する事項は、真偽のほどをよく吟味しました。周知の事実ばかりを紹介するのではなく、それぞれの唄について自分なりの解釈や鑑賞を書くようにも心がけました。

また、ある唄が作曲された後、作詞家(詩人)が童謡集(詩集)などに載せる機会に、作曲家にことわりなく歌詞を変えてしまうことがしばしばあります。そこで、さまざまな異本を調べ、作詞家と作曲家の双方の意向をできる限り尊重して、標準となり得る歌詞を決定して掲載しています。

なお、著者のホームページはこちらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/29 00:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/01 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む