サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 意外な結末・奇妙な味わい ポイント5倍キャンペーン(~10/3)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真田三妖伝(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/362p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20752-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

真田三妖伝 (ノン・ノベル)

著者 朝松 健 (著)

猿飛佐助は徳川・豊臣の命運を決する秘密を記した「燦星秘伝」受け取りのためある館を訪れた。だが、柳生佐久夜姫によってその在り処を秘す茶入れを奪取されてしまう。ここに、本多正...

もっと見る

真田三妖伝 (ノン・ノベル)

1,008(税込)

ポイント :9pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

猿飛佐助は徳川・豊臣の命運を決する秘密を記した「燦星秘伝」受け取りのためある館を訪れた。だが、柳生佐久夜姫によってその在り処を秘す茶入れを奪取されてしまう。ここに、本多正純等一派を加えた三つ巴の争奪戦が始まる!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

朝松 健

略歴
〈朝松健〉1956年北海道生まれ。作家。86年「魔教の幻影」でデビュー。以降、ホラー、伝奇時代小説など、幅広い執筆活動を続けている。著書に「魔犬召喚」「魔術戦士」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「真田三妖伝」について

2002/12/18 11:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝松 健 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 わたしはこの作品を嘘と法螺とで塗り固めた。
 主人公は猿飛佐助。今から80年ほど昔の講談から生まれた忍者である。当然、架空のヒーローだ。
 ヒロインは柳生佐久夜姫。伊藤一刀斎の一人娘にして、柳生宗矩の養女である。振袖に袴を穿いた、前髪も凛々しい若衆姿で、しかも新陰流の使い手だ。
 これはわたしの歌舞伎趣味の産物。出自から境遇まで、わたしのオリジナル・フィクションに決まっている。
 この二人が敵対しながら、互いに心惹かれ合い、大久保長安の書き残した謎の巻物『燦星秘傳(さんせいひでん)』争奪戦に巻き込まれていく。というのが物語の骨子である。
 そう。──わたしの狙いは「隠密剣士」「仮面の忍者赤影」「ワタリ」「風のフジ丸」「真田十勇士」「新八犬伝」といった、かつて夢中になったテレビドラマ・アニメ・人形劇の「世界」を召喚することにあった。
 だが、わたしは単に「懐かしのあの世界をいま一度」などというベタベタした感傷で作品をものした訳ではない。
 
 国文学者、高田衛(たかだ・まもる)先生は『八犬伝の世界』でこう述べておられる。
「伝奇幻想のロマン」は「夜の領域にある」。
「しかし、夜の領域の文学は「闇」を書くことで「光」を求める文学ではないだろうか」。
「社会がいろいろな意味で行きづまり、人々が心ひそかに、行きづまった社会そのものの打開、少なくともその予感を求める時代に、伝奇ロマンは生み出される」。
 いかにも、わたしの「真田三妖伝」は、そうして生み出された。
 闇に闇を重ねて描いていけば、光はいっそう際立つものである。おなじように嘘に嘘を、法螺に法螺を重ねていった時、やがて浮かび上がってくる真実もある。
 それは夢であり、ロマンである。
 夜の領域の住人たちに。伝奇を愛する人に。幻想と怪異に偏する人に。時代劇を理屈抜きに愉しみたい人に。
 そして誰よりも──。
 眉に唾つけることなく読んでくれる人たちのために。
 わたしは「真田三妖伝」を書き上げた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/20 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む