サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スポーツの通販
  4. 球技の通販
  5. 双葉社の通販
  6. ラグビー文明論 2003W杯への道の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ラグビー文明論 2003W杯への道
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:19cm/250p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-575-29501-9

紙の本

ラグビー文明論 2003W杯への道

著者 中尾 亘孝 (著)

日本代表を強くする。それにはまず…秩父宮ラグビー場毎週満員化計画だ! 2003年10月に開催されるラグビーW杯に向けての考察など、サッカーとラグビーの比較文化論。【「TR...

もっと見る

ラグビー文明論 2003W杯への道

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

ほしい本に追加

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本代表を強くする。それにはまず…秩父宮ラグビー場毎週満員化計画だ! 2003年10月に開催されるラグビーW杯に向けての考察など、サッカーとラグビーの比較文化論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中尾 亘孝

略歴
〈中尾亘孝〉1950年生まれ。早稲田大学中退。雑誌編集者を経て、現在はラグビー・ウォッチャー。著書に「リヴェンジ」「21世紀のラグビー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フルタイムのラグビー・ウォッチャーによる日本ラグビー論

2003/02/09 21:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者はフルタイムのラグビー・ウォッチャーを自称するラグビー人間.年間100試合は生で観戦し,東伏見その他で120日は練習を見るという.そんな著者によって,ラグビーのここ数年が熱い思いで,語られる.展開,継続のラグビーから,微修正が始まっているようである.一つには,ワイドとミスマッチということらしい.しかし,詳細については難しく理解できない面が多い.日本が2003年ワールドカップをどう戦って行けるのかどうか.向井ジャパンに対するこの人の評価はまだこれからだ.

 第II章喝采とブーイングの作法は,約40ページで,まるまるサッカーの日韓ワールドカップの読み方であり,これが面白い.門外漢のはずなのだが,多くのサッカージャーナリストがなかなかいえないことをズバリ言っている.いわく,

 「トルシエには,まず心からの拍手,感謝の意を表すべき」.
 「トルシエは決して無能ではない.むしろ有能だった」.
 「トルシエは,後進国が先進国を倒していいのは,それなりに経験を積み文化が熟成されてからでなければならない,とこんな差別感を無意識にもっているのではないか」.
 「トルシエジャパンに,カタルシスを得られなかったのは,トルシエのせいではない…十六強ではなく,八強入りが正しい目標だったのだ」.

 そして,韓国の進撃をはっきり怪進撃と言い,関係者にとって長い間トラウマになるようなできすぎた結果としている.当然であろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラグビー ランキング

ラグビーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む