サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憎しみの連鎖 アルカイダ工作員の実像
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-14-080737-7
  • 国内送料無料

紙の本

憎しみの連鎖 アルカイダ工作員の実像 (NHKスペシャルセレクション)

著者 山本 浩 (著)

財力のビンラディンと思想のザワヒリの二頭立てによる国際テロ組織アルカイダ・ネットワーク。それに連なる工作員たちの実像を取材し、リアルに描写する。憎しみの中に見えるテロリス...

もっと見る

憎しみの連鎖 アルカイダ工作員の実像 (NHKスペシャルセレクション)

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

財力のビンラディンと思想のザワヒリの二頭立てによる国際テロ組織アルカイダ・ネットワーク。それに連なる工作員たちの実像を取材し、リアルに描写する。憎しみの中に見えるテロリストの実像とは?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山本 浩

略歴
〈山本浩〉1963年京都府生まれ。大阪外国語大学イタリア語科卒業。NHK報道局国際部を経て現在、ロンドン特派員。著書に「真実と和解」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

テロリストが生まれる背景がわかった

2003/01/10 02:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界貿易センタービルのようなテロはなぜ起きるのか? いや、そもそも人はなぜテロリストになるのか? 日頃感じていた疑問を解き明かしてくれた一冊。
全篇を通じて、徹底的な取材の積み重ねで、アルカイダに連なるテロリストたちの個人史を、客観的に浮かび上がらせようという努力がうかがえる。それでいて、まるで小説のようにテロリスト達の生きざまが浮かび上がってくるのは、舞台となる国々の描写が巧みなせいか。著者は、エジプトのカイロでの特派員経験もあるというのが納得できた。
圧巻は、処刑されたエジプト人テロリストの供述調書をもとに書いた第2部。
やや残念だったのは、本の装丁が地味なことか。
テロについての類書の中では、群を抜く出来だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「憎しみ連鎖」の原点をテロリストの生き様に見る

2003/01/07 04:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:国際政治研究者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

イスラム過激派の実像を追った異色のノンフィクション。
ビンラディンを操るようにしてアルカイダの基礎を作り上げたのは、エジプト人医師、
ザワヒリだった。そのザワヒリの半生を親類や友人、裁判記録などをもとに描いている。
さらに、第二部として、アルカイダネットワークの一員になるまで20年間、諸国を逃亡しつづけた一人のテロリストの生涯を克明に描いている。
第三部は、9月11日の同時多発テロをめぐって今なお続いている捜査当局と逃亡者グループの壮絶な闘いがテーマ。テロリストの実像を描くことで、問題の根源に何があるのかを問う作品となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する