サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

奔馬 改版(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 118件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/515p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-105022-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

奔馬 改版 (新潮文庫 豊饒の海)

著者 三島 由紀夫 (著)

奔馬 改版 (新潮文庫 豊饒の海)

810(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー118件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

情念と理性の相克

2005/12/06 02:10

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dimple - この投稿者のレビュー一覧を見る

三島由紀夫『奔馬(豊饒の海・第二巻)』を読了。『春の雪』が優雅で一途な愛の美しさを描いているのに対して、『奔馬』は純粋な思想に基づく行為の美しさを描いている。
松枝清顕が死んでから19年後の昭和初期が舞台である。清顕の学習院時代の親友・本多は38歳となり控訴院(=現在の高裁に相当)判事を務めている。
清顕は当時彼の世話役をしていた書生・飯沼の子息である勲に生まれ変わっている。飯沼は右翼政治結社の頭目であり、勲は剣道三段の腕前を持つ国学院の学生である。
本多は、あるきっかけで訪れた大神神社で、滝に打たれる勲の左腋に3つのほくろを発見し、勲が清顕の転生した姿であることをためらいながらも悟る。
清顕が死ぬ直前に言った「・・・又、会ふぜ。きっと会う。滝の下で」という言葉が現実のものとなったのである。
そこから、自己の政治思想の純粋さを財界人の暗殺に昇華させていく勲と、法律家としての理性が徐々に揺らいでいく本多が絡み合う形でストーリーが展開される。
思うに、勲は人間の情念の部分、本多は人間の理性の部分を体現しているのではないだろうか。若さに起因する純粋さを諌める手紙を本多が勲に送った時から、情念と理性の相克が描かれているように思う。
勲等の計画した右翼テロは未遂に終わり、本多が判事職を辞して勲の弁護を買って出るところで、情念と理性は折り合いを付けたように思われた。
しかし、その直後に勲が単独で財界の巨頭・蔵原を暗殺し、割腹自殺を遂げてしまう。とすると、ここで三島は情念の勝利を描いているのであろうか?
ボクはそうは思わない。ただ純粋であることの美しさを描いているだけであり、理性の敗北までをも主張しているわけではないと思う。先に述べた本多の手紙がそのことをよく示している。
(以上、「とはずがたり」ブログより転載)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三島由紀夫の美意識

2016/01/06 20:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

三島由紀夫最後の長編4部作の第2巻である。第1巻「春の雪」で純愛に斃れた主人公は、右翼少年テロリストとして転生する。第1巻で散りばめられた伏線が生きてくる。この少年は、三島由紀夫の美意識を体現しているように思う。崇高なもののために死ぬという美意識である。この小説は三島の最期を暗示しているようにも思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

受け入れられない情熱

2001/03/02 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:7777777 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夭折した松枝清顕の今や控訴院判事となった親友本多繁邦は滝のしたで若い飯沼勲に会う。
 飯沼勲は「新風連史話」に心酔し、革命を起こそうとする。しかし、勲に思いを寄せていた槇子の密告により計画は破綻する。
 大人達の冷淡さ。受け入れられない情熱。
 そして勲は夜であるにも関わらず瞼の裏に太陽を感じ、切腹する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/09 09:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/22 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/04 02:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/14 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/03/16 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/04 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/28 00:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/18 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/12 03:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/05 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/04 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る