サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 物語・おはなし
  5. ポプラ社
  6. 水の精霊 Purify the Earth 第1部 幻の民

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水の精霊 Purify the Earth 第1部 幻の民
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/456p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-591-07317-3
  • 国内送料無料

紙の本

水の精霊 Purify the Earth 第1部 幻の民 (teens’ best selections)

著者 横山 充男 (著)

四万十川で祖父とともに夏休みを過ごした真人は、自分の中に眠っていた力に気付きはじめていた…。この国にもうひとつの歴史を築いてきた幻の民「水の精霊」の末裔たちを描く壮大なフ...

もっと見る

水の精霊 Purify the Earth 第1部 幻の民 (teens’ best selections)

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

四万十川で祖父とともに夏休みを過ごした真人は、自分の中に眠っていた力に気付きはじめていた…。この国にもうひとつの歴史を築いてきた幻の民「水の精霊」の末裔たちを描く壮大なファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

横山 充男

略歴
〈横山充男〉1953年高知県生まれ。立命館大学卒業。「四万十川物語 光っちょるぜよ!ぼくら」で日本児童文芸家協会賞受賞。ほかの著書に「少年たちの夏」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

すがすがしさ

2003/06/21 17:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:−笑− - この投稿者のレビュー一覧を見る

読後、すがすがしい気持ちになる。
主人公の真人が体験する、ミズチという行。
自然と一体化し、山川草木、及びそこに住む生物たちの息吹を感じ取れるまでに成長する様に共感し、自分もそこにいるような気持ちになる。
見たことのない四万十川周辺の自然が目に浮かぶよう。

セゴシという一定不住の民の末裔たち。それと関わる大和神道。
ふた咲きの花、という救世主?伝説。
伝奇ロマンの趣もあって、わくわくする。
運命のままに、すべての流れがひとつに集結していくという物語は、非常に好き。

文章のひとつひとつにも、共鳴を抱く。
お盆の風習の中で、「ただ、準備をしていく中で、はるかな遠くから時間がつながってくるような感覚があった。」という表現があるが、これなど非常に印象的。
文章そのものにもよどみがなく、自然に流れ、登場人物の感情のひだまできちんと伝わってくる。

ティーンエージャー向けだろうけど、おとなが読んでも十分堪能できる。
いい書に巡り会えたと思う。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/04 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/24 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/13 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/10 12:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/10 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/08 02:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/06 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/20 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む