サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼント ~9/30

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 外交・国際関係の通販
  5. 合同出版の通販
  6. イラク戦争 元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イラク戦争 元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 合同出版
  • サイズ:19cm/125p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7726-0308-5
  • 国内送料無料

紙の本

イラク戦争 元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実

著者 ウィリアム・リバーズ・ピット (著),スコット・リッター (著),星川 淳 (訳)

イラクに対する国連の大量破壊兵器査察が4年ぶりに再開され、イラク政府はレポートを提出した。ところがアメリカはイラク攻撃の準備を着々と進める。アメリカ人元国連査察官が、ブッ...

もっと見る

イラク戦争 元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッターの証言 ブッシュ政権が隠したい事実

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イラクに対する国連の大量破壊兵器査察が4年ぶりに再開され、イラク政府はレポートを提出した。ところがアメリカはイラク攻撃の準備を着々と進める。アメリカ人元国連査察官が、ブッシュ政権の暴走に警鐘を鳴らす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウィリアム・リバーズ・ピット

略歴
〈ピット〉ボストンで教職につく文筆家・政治アナリスト。
〈リッター〉91年から98年までUNSCOM(国連大量破壊兵器廃棄特別委員会)の一員としてイラクで働く。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

オープンで公正な議論を!

2003/03/13 23:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sloth - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、ウイリアムズ・リバーズ・ピットという文筆家、政治アナリストが、元国連大量破壊兵器査察官スコット・リッター氏に電話インタビューを行うという体裁になっている。

スコット・リッター氏は、91年から98年までUNSCOM(国連大量破壊兵器廃棄特別委員会)の一員としてイラクで働き、2000年の大統領選ではブッシュ陣営を応援した共和党員としての経歴を持つ。リッター氏は、日本のニュース番組などにも出演しており、またアメリカでも積極的にメディアに出演してイラク戦争に反対する意思表示をしているようだ。彼のような経歴を持つ人物が、堂々と愛国主義の立場からイラク反戦を展開しているのが、アメリカの懐の深さを感じさせる。

彼の話は非常にわかりやすいのだ。素朴ともいえるイラク戦争に関する何故という問いに対して、明確な回答を打ち出している。それは、例えば、イラクは大量破壊兵器(核兵器、化学兵器、生物兵器など)を保有しているのか? アルカイダのテロに共謀した可能性? イラクに民主主義をもたらすというアメリカのイラク戦争に対する主張についてなどである。彼はとても具体的に、これらの問いに対して回答をしている。

その内容を簡単にいってしまえば、大量兵器の保有については非常に可能性が低く、アルカイダとの関連はありえず、民主主義を外部から強制することは非常に難しいということだ。彼の意見が絶対に正しいということではないが、彼がイラクの事情に精通していること、そしてその経験から知りえた情報を率直に述べようとする熱意がじんじんと伝わってくる。

とかく政治がからむ話というのは分かりにくいものが多い、それは説明をすればボロが出るから、なるべく説明をしないで済ませたいというようにもとれる。そのため、ややもすると水掛け論に落ちいってしまう。しかし、民主主義を実践しようと思うなら、それはおかしな姿勢である。本当は「知識あるものは,常に理解されるように努力する責任がある」(ピーター・ドラッカー)のではないだろうか。

スコット・リッター氏は、やみくもにイラク戦争に反対しているわけではない。彼が持ちえた情報を考察した結果、イラクを攻撃する正当な理由が見当たらないといっているのである。彼が望むものは、本書にある次の言葉に要約されると思う。

「私が国のためになしうる最大の貢献は、イラク政策についてもっと幅広い議論と対話を促すことです。もし、本当に戦争が必要だとしたら、それもしかたないのかも知れません。しかし、その決定は、少なくともオープンで公正な議論を通じ、確固とした事実に基づいてなされるべきです」。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/23 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外交・国際関係 ランキング

外交・国際関係のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む