サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 白泉社の通販
  4. 天使のジョンの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使のジョン
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 白泉社
  • サイズ:20cm/80p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-592-73205-7
  • 国内送料無料

紙の本

天使のジョン

著者 北川 想子 (著)

ぼくの胸は、たちまちうれしさでいっぱいになった。ぼくの名をよんでくれる人がいたのだ。きっと、ぼくは、ジョンなのだろう、そうこのひとがいうのなら…。若くして逝った作者が心を...

もっと見る

天使のジョン

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ぼくの胸は、たちまちうれしさでいっぱいになった。ぼくの名をよんでくれる人がいたのだ。きっと、ぼくは、ジョンなのだろう、そうこのひとがいうのなら…。若くして逝った作者が心をこめてこの世に遺した珠玉のファンタジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

北川 想子

略歴
〈北川想子〉1970〜2000年。岐阜県出身。学生時代より童話、短歌等を発表。歌人名は北川草子。著書に遺歌集「シチュー鍋の天使」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2002/12/20 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一瞬、ふたりの目があった。
真正面からみつめられて、ぼくはすこしあわてた。女のひとは、腰をひくくかがめ、なにかさぐるように目をほそめた。それから、ちいさく、
「ジョン。」
とよんだ。
 ぼくの胸は、たちまちうれしさでいっぱいになった。
 ぼくの名をよんでくれるひとがいたのだ。
 きっと、ぼくは、ジョンなのだろう、そうこのひとがいうなら……。
 ぼくは、その女のひとのもとにかけよろうとした。けれど、まだ体はおもく、足はすぐにもつれた。
 女のひとは、もう一度、こんどはもっとはっきりと、
「ジョン。」
とよんだ。すずしげな、すんだ声だった。
「どこにいってたの? ずいぶんさがしたのよ。」
 ぼくは、いうことをきかないあしにいらだちながら、いっしょうけんめい、その声のほうへといそいだ。
 ぼくをさがしていたなんて。
 ああ、はやく、はやくいかなきゃ……。
 けれど、すぐに、ぼくは、その目がみていたものは、ぼくではないことをしった。うしろから、いきなり風のようにすばやくおいこしていくものがいた。
 それは、白い毛むくじゃらのいきものだった。
 その白いいきものは、なにかうれしそうな声をあげて、女のひとのうでの中にまっすぐにとびこんだ。
 女のひとは、にっこりとわらうと、その白いいきものの頭をなでた。頭、それから、おなかのあたりや足を、なんどもなでては、
「ジョン、ジョン。」
とうわごとのようにくりかえした。白いいきものは、へんじのかわりに、ただ、ばうわうとよくはききとれない声をあげていた。
 女のひとは、ひとしきり、そのいきものの体をなでおわると、すっとたちあがり、
「かえろう、ジョン。」といった。そして、くるりとむきをかえ、もときたほうへとかけだした。ジョンがそのあとをおった。夕日がさっきしずんだほうへ、ふたりは、ならんでかけていった。そのうしろすがたも、空も、夜はひといきに飲みこんで、すぐになにもみえなくなった。
 そして、ぼくだけがとりのこされた。
 ぼくは、くらやみの中で、女のひとの目を思った。
 やさしい目。けれど、夕やけのあとの空よりもっと透明な、かなしい目。
 あのとき、目があったような気がしたのは、ぼくの思いちがいにすぎなかった。さいしょから、あのひとはぼくをみていなかった。
 あのひとには、ぼくはみえなかったのだ。
 ぼくは、背中に羽のおもみをかんじながら、もしかしたら、あのひとにぼくがみえなかったのは、この羽のせいかもしれない、とかんがえた。
 ぼくは、ぶきように、羽をぱたぱたとうごかした。すると、ぼくの体は、まるであたりまえのことのようにすうっと地上にういた。
 けれど、それがなんだっていうのだろう。
ぼくは、しばらくこの道を歩いていくことにした。まだうまく歩くことはできないけれど、そのうちには歩くことになれるだろう。いつかは、かろやかに走ることだってできるかもしれない。あのひとのように。
 ぼくは、一歩、一歩をふみしめるように歩いた。
 道はまっすぐにどこまでもつづき、やがて、空は星でいっぱいになった。
 そして、ぼくは、サキにであった。

(天使のジョンより抜粋)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する