サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
文庫

紙の本

ヘルズ・キッチン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ジェフリー・ディーヴァー (著),渋谷 正子 (訳)

ヘルズ・キッチン (ハヤカワ・ミステリ文庫)

税込 1,034 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (4件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「ボーン・コレクター」以前のディーヴァー

2003/07/23 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Snakehole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 おおジェフリー・ディーヴァーの新作か,と胃散で……なんて変換だ,勇んで買ったらかつてウィリアム・ジェフリーズという別名義で書かれた旧作なんであった。 「ボーン・コレクター」 でブレイクしたので版元が再発,ハヤカワがその翻訳権を買ったということらしい。
 とは言えさすがは「この後であの『ボーン・コレクター』を書く作家」である(映画だけ観て原作を読んでいないヒトはピンと来ないかも知れないが,原作は映画の100倍くらい面白い)。確かにあれほどのインパクトはないものの,パイ生地のように重層的なプロット,物語を進めるテンポの良さなどおさえるところはおさえている。
 主人公ジョン・ペラムは映画のロケーション・スカウト,現在はハリウッドの仕事を離れ,ニューヨークのヘルズ・キッチンと呼ばれるスラム街を舞台に一人ドキュメンタリー映画を撮っている。ある日,彼がインタビューを続けていた老女エティの住む建て物が何者かによって放火され,エティは入院,ペラムも傷を負う。警察は保険金目当てに放火を依頼したとしてエティを逮捕,彼女の無実を確信するペラムは徒手空拳で調査を始めるが……。
 解説(この文庫の解説は池沢冬樹,関口苑生,吉の仁の豪華3本立てで読みごたえがある)で池沢冬樹氏も触れているが,特に放火犯人サニを魅了する火の描写が素晴らしい。なんちうか,身近に放火魔予備軍がいたらこれは読ませたくないな,と思うくらい美しく魅惑的で力に満ちていて,「ボーン・コレクター」での死体の緻密な描写を彷佛とさせる。
 この作品が「ボーン・コレクター」になりそこなった理由は主人公ペラム(オビには「ジョン・ペラム・シリーズ待望の登場」とあるが,吉野氏の解説を読むとこれが3作目だ,なんで?)の曖昧さだと思う。なんというか映画関係者という推理小説の探偵役としては珍しい設定の人物にも関わらず,その職業以外に際立った特徴がない,フツーの「探偵役」なんである。まぁ1作読んだだけでシリーズものの主人公を語るのかと言われればそうなんだけど,逆に良くこんな男が主人公でシリーズになったな,と思ったくらい。彼の相棒になる初老の弁護士ベイリーの方がよっぽどキャラが立ってると思うがな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/30 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/14 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/31 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/31 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/01 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/12 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/11 13:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/17 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。