サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お年寄りと絵本を読みあう
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: ぶどう社
  • サイズ:21cm/135p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89240-162-5

紙の本

お年寄りと絵本を読みあう

著者 村中 李衣 (著)

病院で子どもたちと絵本を読む関係を続けてきた著者が、お年寄りと絵本を読みあうようになった過程・その出会いを丁寧に描き、絵本を読みあうことの意味を考える。1997年刊「絵本...

もっと見る

お年寄りと絵本を読みあう

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

病院で子どもたちと絵本を読む関係を続けてきた著者が、お年寄りと絵本を読みあうようになった過程・その出会いを丁寧に描き、絵本を読みあうことの意味を考える。1997年刊「絵本を読みあうということ」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村中 李衣

略歴
〈村中李衣〉1958年山口県生まれ。梅光学院大学教授。著書に「かむさはむにだ」「小さいベッド」「おねいちゃん」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お年寄り向きの絵本だってある。「介護」についても考える本。

2016/04/07 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「一緒に読むことの大事さ」。それは幼児相手の時ばかりではないことを教えてくれる一冊でした。

 子どもとの接し方として「絵本を読みあう」は大事な手段だと認識されています。小児病棟で「読み聞かせ」を続けてきた著者は、自分の祖母の入院をきっかけとして「老人にも読み聞かせ」を始め、「お年寄りとの交流にも」と考えるようになりました。本書では一緒に読んだ幾つかの本の内容も具体的に紹介しながら「こんな反応があった」などの事例が紹介されます。ホームに看護に来た家族のエピソード、著者の詩なども交え、老人との関わり方を綴っていきます。

 老人の、それもかなり御歳を召して少し記憶がほぐれはじめた方などは特に、違った時間の世界を生きているように感じることがあります。それは、若い人が中高年を、子供が20歳以上の人を見ても思うことかもしれないけれど、接し方に戸惑うこともある。それでも、心を通じ合わせる方法はきっとある。絵本を読むことも一つの手段に入れて良いようです。
 絵本を「読んであげる」のではなく「読みあう」こと。「読みあう」ことが目的ではなく一緒の時間を過ごす事。大事なのはなにか、を考えさせられました。子ども、老人だけでなく、人間関係すべてに通じることだとおもいます。

 ホームで起こった小さい体験を綴った章は、介護する人たちの「あるある」かもしれません。このような風景が、これからはもっとあちこちで目にされることでしょう。人によっては「読み聞かせ」が向かない関係もあるかもしれません。本の種類も心に触れるものは違うでしょう。本書の中でも「おじいさんが興味を示すものとおばあさんが示すものは違う」などとあり、それはそれで興味深いところでした。
 自分も年老いたら「読んでもらう」立場になるかもしれない。その前に知人に読んであげることが起こるかもしれない。そんな「介護」についても考えさせられる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/06/09 15:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る