サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私は株で200万ドル儲けた
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: パンローリング
  • サイズ:21cm/257p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7759-7010-0
  • 国内送料無料

紙の本

私は株で200万ドル儲けた (ウィザードブックシリーズ)

著者 ニコラス・ダーバス (著),長尾 慎太郎 (監修),飯田 恒夫 (訳)

一介のダンサーがわずかな元手をもとに、200万ドルの資産を築いた手法「ボックス理論」を紹介。マーケットの上昇・下落に関係なく通用する独自の投資手法の真実に迫る。【「TRC...

もっと見る

私は株で200万ドル儲けた (ウィザードブックシリーズ)

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一介のダンサーがわずかな元手をもとに、200万ドルの資産を築いた手法「ボックス理論」を紹介。マーケットの上昇・下落に関係なく通用する独自の投資手法の真実に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ニコラス・ダーバス

略歴
〈ダーバス〉ペア・ダンサー。資産家。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

実戦向き

2003/03/09 16:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タバ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日経新聞社刊「デイトレード」という著書で、
カリスマトレーダーである著者が最も感銘を受けた本、として紹介していた。
株式投資を始めてから、驚愕の成績を収めるまでの6年あまりの軌跡が記述されて
あり、そうそう自分も全く同じだった、と思いながら読めました。
最終的手法の考え方は、「オズの実践トレード日誌」ほぼ同じで、
簡潔かつ実践的な手法だと思います。
原書の刊行は驚くほど古いですが、その有効性は全く輝きを失っていないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしいバーゲン価格。ただし、挫折から栄光への道はそこにはない。ビックマネーの境地は本書にあり。

2008/10/19 22:13

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マーケットライダー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「必ず儲かるはずの株が、ずるずると下がり始めた。精魂を傾けた研究から得た私の胸算用は”これは一時的な落ち込みに過ぎない”と自分に言い聞かせた。じっと耐えるしかない。反転して希望を取り戻したのもつかの間。暴落。”恐怖心が無気力に”変わった。息の根を止められ、打ちのめされた。科学的投資家との独りよがりの考えは崩壊した。私はこうなることを避けるために最善をつくしてきたにもかかわらず、損害をこうむる結果となった。」
 これは著者が過去の暴落(著者のとっての第一の危機)で経験したことを要約したものだが、恐ろしく似ているのに驚く。そのスピード感を次のように述べている「大きなクマがのしのしと向かってきたので、射撃の準備をしているうちに襲われた気分だ。」と。
 ”もはや問題は熊に襲われるかどうかではない。いつ胸元につきたてられた爪が奥まで食い込むかである。”と現在の相場に照らし合わせて読み解くことができた。

 群集心理面についても酷似している「他の人が怖がっているときは、自分も怖くなった。他人が希望を持てば、わたしも期待が膨らんだ。慎重に作り上げたシステムは崩壊し、取引はすべて壊滅的な結果に終わった。(著者にとっての第二の危機)」群集に従ったときは、周りの人がイエスなのに私だけノーとはいえない。したがって「安く買って高く売る」などと言うことはできない。 みんなが売っているから安いのである。まさに今、「買う」などと言うことができようもないことが示しているとおり、実体験としても理解できる。

「何が正しいやり方なのかは分かってはいたのだが、実際にすることはいつもその反対だった」「行き当たりばったりの小口投資家の例に漏れず、わたしも損をしたときは運が悪いせいにした」「手持ち銘柄を応援したいのは、人間としては当然の感情だが、相場に対しては何の影響も及ぼさない」著者がビックマネーを手にするまでに経験したこれらの言葉は、たいていのトレーダーが挫折する場面だ。
 その後にブレイクアウトの手法を編み出すのだが、彼が「感情のスイッチ」にも気づいたことが成功に導いたのだと思う。

 「ポケットが膨らんだ分だけ、頭の方が空っぽになって、自信過剰になっていた」やがて、第二の危機「感情の罠」にはまっていく様子が赤裸々に告白されている。その解決策はあまりにも単純で意外なものであるが、それは本書でのお楽しみ、である。
 ヒントは第一の危機でたどり着いた結論「企業の業績報告書を検討したり、業界展望や格付け、株価収益率を研究したりすることに、どれほどの価値があるのか」にある。
 それは自分を納得させるために過ぎない。「たとえ将来性があるように見えても、株式市場はけっしてそのとおりには反応しないものだ」と本書にもある。

 彼のルールのなかに「マーケットに確実なものは何もない。きっと10回のうち5回は間違えるはずだ」というのがある。だからこそ「クイック・ロス」で「ストップ・アウト」「たとえその後に儲け損ねる動きになっても、大きな損を避けるためには大した問題ではない」これはレンジブレイクアウトの鉄則”高く買って、さらに高いところで売る”ための考え方だ。
 200万ドルに達した彼の境地は計り知れない。ただし、上昇相場に入った時の話しである。

「マーケットは常に正しく、群集は常に間違える」(M.L)。潮流変化をじっと待つことにしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/06/14 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/18 09:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/27 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/21 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

投資・資産運用 ランキング

投資・資産運用のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む