サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

正義の喪失 反時代的考察(PHP文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/342p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-57874-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

正義の喪失 反時代的考察 (PHP文庫)

著者 長谷川 三千子 (著)

正義の喪失 反時代的考察 (PHP文庫)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

正義の喪失

600 (税込)

正義の喪失

ポイント :5pt / 紙の本より100おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

二分法を越えて

2003/10/09 21:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さいとうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「平和を守るための戦争」という言い方ほど、矛盾した物言いはない。「平和」のために「戦争」が肯定される。「正義」を標榜した「戦争」が称揚される。仕方がないと言われるかもしれないが「戦う」こと以外に方途がないのだとすれば、いつまで経っても「争いの連鎖」から解き放たれることはない。

《正義と平和の間には、克服し難い原理的矛盾がひそんでゐる》(p.55)

 「自由」と「平等」が相反する概念であるように「正義」と「平和」もまた相容れない要素を持っている。これは基本的な事実だ。湾岸戦争もイラク戦争もその意味でまことに「奇妙な戦争」であった。

《問題は、人々の掲げる正義が一致しないことにあるのではない。喰ひ違つた「正義」と「正義」とが、どうして裂け難くぶつかりあひ、戦ひあつてしまふことになるのか?——そこが問題なのである》(p.59)

 お互いがお互いの正しさを主張して譲らない。双方が「正義」の名のもとに自らの行為を正当化する。結果、事態は平行線を辿らざるを得ず、いつか火蓋は切って落とされる。

《「正義」という概念の内には、たしかに、人を戦ひへとさし向ける、ある必然的な構造が潜んでゐる。…それは「正義とは不正の処罰である」といふ考へ方にほかならない》(p.61)

 「大怪盗」なしに「名探偵」が存在し得ないのと同じで、「正義」は「不正」をその動力源としている。一方なしに他方は存在できない。お互いが相補的な存在なのだ。ゆえに「この世に不正あるかぎり、正義はなくならない」のであり、その限りにおいて「正義のための戦争」もなくならない。

 最近の話に限らない。明治期日本における「開化」と「独立」という問題もまた、その内部に避けがたい矛盾を内包していた。

《異文化の余りにも徹底した採用は、独立を守る代りに、かへつて内側から独立をつき崩してしまふのではあるまいか》(p.133)

 戦わねばならぬ、しかし戦ってはならぬ。あるいは、文明を取り込まねばならぬ、しかし国体は守らねばならぬ。どちらも、絶え難い「二重拘束(ダブルバインド)」だ。一方に依れば他方が立たず、といってその図式自体を無効にするわけにもいかない。

 極大の話に限らない。何気ない日常生活における一コマ、「仕事」か「家庭」かという問題もまた、葛藤と諍いを生む典型的な対立項である。

《仕事も、本当にそこに自分をかけるという仕事の仕方をしたら、絶対に周りの人間に有形無形の犠牲を与えずには出来ないし、今度は逆に絶対に家庭に迷惑をかけまいと思ったら、本当に自分を投入するような仕事は少なくともその時期には出来ない》(p.325)

 截然と区分けするわけにもいかず、それゆえ惑い、そして迷う。対立を乗り越えるための徹底的無抵抗や非暴力を遂行できるほどわれわれは我慢強くなく、他人の影響を遮断して独立独歩できるほど自分に自信もなく、「仕事」だけを生きがいにできるほど強靭でもない。消費社会の発展に伴なって、心身ともに耐性が弱くなってきているからなおさらである。

 「正義」を喪失し、「独立」を喪失し、今まさに「過去」と「未来」を一緒くたに喪失しようとしている。

 「幸福」を「快楽」と勘違いして、文明という「汽車」は今日も走る。著者である長谷川氏は言う。「誠実にもがいてください」。——仰るとおり。それを手放したら、お仕舞いだ。テーマは「家庭」から「歴史」、「国際社会」まで幅広い。こんなにお得な文庫はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「なんとなくいいもの」の怖さ

2003/02/16 17:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KENSEI - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が十数年にわたり各誌で発表してきた論文を一冊にまとめた本である。著者は「なんとなくいいもの」と信じていた観念を、しなやかに転換させていく。国際関係についての論評が主だが、この本でもっとも自省したのは「フェミニズムは共産主義的階級闘争史観である」という著者の読み解きだ。
そもそも「家にいる女性はすでに全員が働いている」と再認識する。それは「人類にとってこの上なく重要な仕事」である。さらには「うんざりせずに繰り返すことができる」特殊な才能が必要だ。
「地球を動かす主婦パワー」というのはマンガ家の大野潤子が作中に使った言葉だが、古来より太陽である女性は世界を動かしてきた原動力なのだ。フェミニズムは「男女平等」と耳ざわりが良いが、女性と男性との「権力闘争」である。そもそも男女のやっていることに上下も勝ち負けもなかった。お互いにとって「必要である」と認め合いやってきた。リベラリズムによって文化が切り裂かれていく。語りつくされたはずの論題が、別の構図として甦る。誰もが「裏方」を放棄すれば歪みが生じる。その歪みは子どもたちへ映されていく。
ほかにも、第二次大戦の勝者は領土のかわりに正義を奪ったという刺激的な論説。欧米にとって正義とは不正の処罰であり、戦争は調停のできない国家間、いわばヤクザ同士の抗争と同じ。戦争に正義も悪もありえないし、負けたものが不正義の歴史を負うことになったのだ。またグローバル経済は大地の秩序を破壊した異常事態であるという解説などもあり、どれも素朴に称えていた思考が剥げ落ちる。
外交的にはアメリカの正義に追随し、国内ではすべての規制を取り払らおうとする日本は、真に考え抜いた末に結論を出して行動しているのだろうか。安易に、甘い響きに寄せられて選択してはいないだろうか。
この本が言っているのは、すでにある論だ、わかりきったことだ、国際的な常識を理解していない……感銘を受けた筆者の無知を嘲る言葉が投げかけられるかもしれない。しかしながら無知と無慮は別のものである。この本にあるのは深慮だ。「その流れが本当にいい流れなのか」と。
立ち止まって考える先達は、日々漠然と積み重ねた浅慮を、恥じるほどの論考を突きつけてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む