サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

会員600万人突破 大感謝祭  ~1/11

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本の通販
  4. 知る・学ぶの通販
  5. 小学館の通販
  6. 地雷のあしあと ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちの叫びの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2002/12/20
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:21×24cm/71p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-09-290203-4

紙の本

地雷のあしあと ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちの叫び

著者 こやま 峰子 (詩)

「地雷で友だちが怪我をした。とても悲しかった。悔しかった」「地雷は、隠れている殺人者です」 ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちが絵でつづる平和への祈り。子どもたちの話か...

もっと見る

地雷のあしあと ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちの叫び

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「地雷で友だちが怪我をした。とても悲しかった。悔しかった」「地雷は、隠れている殺人者です」 ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちが絵でつづる平和への祈り。子どもたちの話から創作した詩を添える。英文併記。【「TRC MARC」の商品解説】

ボスニア・ヘルツェゴビナの子どもたちが絵でつづる平和への祈り

ボスニア・ヘルツェゴビナは、かつては30以上の民族から成るユーゴスラビア社会主義連邦共和国の一部でした。しかし、1992年に独立を宣言してから、どの民族がこの国を治めるかで内戦が起こりました。内戦は3年半後に、やっと終わりました。けれども、苦しみは終わりませんでした。内戦が終わって7年たった今でも、地雷で傷つく子どもたちがあとを絶ちません。ボスニア全土には75~ 万個の地雷が残っていて、これらをすべて取りのぞくには10年以上かかるといわれています。この絵本は、ボスニアの子どもたちが描いた絵を中心に、現地取材も加えて作られました。売上の一部は、日本赤十字社を通じて世界中の地雷に苦しむ子どもたちに贈られます。【商品解説】

著者紹介

こやま 峰子

略歴
〈こやま峰子〉詩人。童話作家、エッセイスト。翻訳絵本「だ・あ・れ!?」などで赤い靴児童文化賞受賞。詩集に「ぴかぴかコンパス」、写真詩集に「花恋」、絵本に「ジャンボゴリラとこねこたち」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地雷の話は

2019/07/06 14:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私はカンボジアに関する映画や、ドキュメンタリーで知ったけれど、このボスニアヘルツェゴビナでの出来事ももっと知りたい。
地雷撲滅キャンペーンなどいろいろやっているが本当にいつの日か地雷の全除去を達成できるように願っている。元々は人間が埋めたものなので。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悲しい力

2003/03/22 20:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mi−Ne - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分も一応、絵を描く者のはしくれであるので、
子供の絵の良さがどこからくるのかというのはとても興味深いのですが、

…だめです。
子供たちにこんな絵を描かせては。
こんなことがあってはならないと、強く強く思いました。

童画の持つ、独特の力強い色彩に悲しい画題。
子供がみんなお花や象さんを描いてれば良いと言うのではないですが、
でも彼らが選んだ画題がこれだというのが本当に悲しかった。
本屋さんの店先で本当にボロリと涙がこぼれて慌てて本を避けました。

「この絵が地雷をなくすのに少しでも役立つなら」と言う大人びたコメントに圧倒されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。