サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

〈戦後〉が若かった頃
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:20cm/407p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-023632-6
  • 国内送料無料

紙の本

〈戦後〉が若かった頃

著者 海老坂 武 (著)

多様な可能性を孕んだ戦後に「自分自身に忠実であること」だけをテコに突き進んだ若き日々を刻み込んだ自伝。戦後の雑ぱくでどこか明るく輝きに満ちた活気の中をゆく青春が、ぎっしり...

もっと見る

〈戦後〉が若かった頃

4,104(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多様な可能性を孕んだ戦後に「自分自身に忠実であること」だけをテコに突き進んだ若き日々を刻み込んだ自伝。戦後の雑ぱくでどこか明るく輝きに満ちた活気の中をゆく青春が、ぎっしり詰まったエピソードとともに浮かびあがる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海老坂 武

略歴
〈海老坂武〉1934年東京生まれ。東京大学大学院(仏語・仏文学)博士課程修了。一橋大学教授を経て、現在、関西学院大学教授。著書に「戦後思想の模索」「シングル・ライフ」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もてもてシングルの海老坂先生、早く続きを書いてください

2003/04/04 15:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

海老坂さんは名うてのドン・ファンで、わたしの友人・知人の間では、「会うたびに違う女性を連れている」「今度の恋人は日本人だ」などと、とかくおもしろがられていた人だ。さすがに70歳近くなって、浮名を流す回数も減ったかもしれないが、写真を見ると相変わらず渋くてかっこいい。

 海老坂ファンであれば当然、この本を読むべし。野球に熱中していた学生時代の話はユーモラスで楽しいし、フランス留学時代の女性たちとの交流も興味深い。
 途中にインタビューが挿まれているのも閑話休題という感じで、なかなか凝った作りの本だ。このインタビュー、質問もご本人が全部自分で書いたんじゃないの?と疑わせるぐらい卓抜な突っ込みが楽しめる。

 この本は、海老坂武一人の伝記ではなく、大勢の文化人・知識人が登場する。さすがは東大仏文科出身だけあって、友人・知人たちにはその後、名を成した人が多い。最も興味深かったのは、大江健三郎についてのコメントだ。自らも小説書きになろうというささやかな野心を持っていた海老坂さんが、同級生大江健三郎の才能に打ちのめされたくだりに、他人事とは思えない切なさを感じてしまった。

 大江だけではなく、著者と交流のあった人々があまた実名で登場し、彼らがとても生き生きと描かれているのも本書の大きな魅力だ。ただ、登場させられた人々の了承は得てあるのだろうかという余計な心配をしてしまったが。

 海老坂さんは既に中学3年生までの子ども時代の自伝(『記憶よ、語れ』筑摩書房)を出版されているから、今回はその続きだ。そして、フランス留学から帰国する31歳で叙述が終わっているということは、当然続きがあるはず。これは三部作なのだろう、とわたしは予想しているので、早く続きが読みたい。

 本書では、海老坂武という一人の左翼知識人の目を通して、彼がたどった戦後社会思想の数々を概観することもでき、海老坂ファンに限らず、戦後日本思想史に興味のある人々にはお薦めの一品といえる。

 個人的には、映画評やヨーロッパ紀行文に興味をそそられた。とにかく海老坂さんはマメにノートをつけるメモ魔であったようで、それがこういう形で一冊の本になるのだから、なんでも書きつけておく習癖は役に立つようだ。ま、凡人が何を書いてもあかんけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む