サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理
  4. 哲学・思想
  5. 論創社
  6. 力としての現代思想 崇高から不気味なものへ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

力としての現代思想 崇高から不気味なものへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 論創社
  • サイズ:20cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8460-0301-9
  • 国内送料無料

紙の本

力としての現代思想 崇高から不気味なものへ

著者 宇波 彰 (著)

言語もしくは記号が機能しえない時代には崇高なもの、不気味なものが現れてくる。思考の線上にこれまで着目されていなかった諸概念の連関を指摘し、哲学者、作家、美術史家等をむすぶ...

もっと見る

力としての現代思想 崇高から不気味なものへ

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

言語もしくは記号が機能しえない時代には崇高なもの、不気味なものが現れてくる。思考の線上にこれまで着目されていなかった諸概念の連関を指摘し、哲学者、作家、美術史家等をむすぶ。「表象不可能」な現代を剔出する一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宇波 彰

略歴
〈宇波彰〉1933年静岡県生まれ。東京大学大学院修士課程修了。明治学院大学文学部教授を経て、現在、札幌大学文化学部教授。著書に「引用の想像力」「批評のパトロジー」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

最先端の思想動向から「現代」を地図化して読み解く、絶好のレッスン

2003/02/25 15:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 フランス現代思想を主たる足がかりにして、著書や訳書を数多く発表してきた哲学者による書き下ろし12篇(うち2篇は、旧稿を大幅改訂)を収録した論文集。英仏独日をはじめとする各国の現代思想、記号論、科学哲学、芸術評論、メディア論、精神分析、歴史学、文学などを横断し、「現代思想」に通底する問題系に迫る。「思想」の実践には、現代の諸問題に潜む、今まで明瞭には見えなかった関連性を見いだす一種の「力」が伴う。著者は「一つの思想は孤立していては力を発揮できない。一つの思想を別の思想とつなぎあわせ、絡み合わせる仕事が必要だ」と書く。まさにその典型が本書であると言えよう。近代から現代に至る思想を流れを、著者は副題にある通り、「崇高から不気味なものへ」という枠組みで捉えている。崇高なものや不気味なものとはどちらも表現しがたいもの(表象不可能なもの)であり、この表現しがたいものあるいは理解を超えたもの、普通でないものが私たちの時代を特徴づける暗いしるしである。近代において戦争は一種崇高なものとも考えられていたが、911以後を生きる現代人にとって戦争は端的に不気味なものである。メディアには情報が溢れかえっているが、事態の本質はいつもどこかよくわからない場所にある。本書はいわば様々な思想の合わせ鏡で現代人の抱える精神的死角を明るみに晒すためのヒントを提起しようとする試みであるとともに、広大な現代思想をマッピングする入門書でもある。平易な語り口が多くの読者に好印象を与えるだろう。

連載書評コラム「小林浩の人文レジ前」2003年2月25日分より。

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/01/06 19:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宇波彰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現代思想は混沌とし状況にあるように見えるが、その錯綜した曼陀羅模様の構図を見つめていると、自然に浮き上がって見えてくるものがある。それは「力のある思想」である。かつてはアリストテレス、デカルト、スピノザ、マキアヴェリ、カント、ヘーゲルといった大哲学者がいつのまにか思想の系譜を作ってきた。それは長い思想の歴史の中で、自ずから形成された系譜である。21世紀を迎えた今、現代思想についてもようやく「力」を持つ思想がどこにあるのかが見えてきた。本書は、個別の思想家の思想を歴史的に追いかけたものではなく、いくつかの「概念」がどのような意味を持ち、相互にどのようにつながって、どのように力を獲得してきたかを論じたものである。
 本書は、次の12章からなる。「無限記号連鎖論」「ミメーシス論」「鏡像論」「アフォーダンス論」「凝視論」「崇高論」「不気味なもの論」「物語論」「メディカルチャー論」「知識人論」「イデオロギー的国家装置論」「読むことの危機」。いずれも現代思想の最先端の問題である。本書では、これらのテーマを論じているのではなく、それらの概念が「力」を持つものとして、相互に結びつくことによってさらに強力なものになることが考察されている。
 本書のサブタイトルは「崇高から不気味なものへ」である。「崇高」という、18世紀にカントによって論じられ始めた概念が、今日になってにわかに再評価・再検討されるようになったのはなぜかという問題設定から始まった考察である。カントは戦争さえも崇高になりうると書いた。それは200年前の話である。今日では「崇高な戦争」などありえない。現代の戦争は「不気味」としかいいようがない。その「不気味なもの」という概念は、1919年のフロイトの論文によって、始めて理論化され始めたものである。言語や映像などの記号ではもはや表現できないものがしだいに現実の中に溢れるようになってきたのが現代という時代である。それをいい表すには「不気味なもの」がもっとも適切である。本書では、この「不気味なもの」が、ひとつの重要なキーワードなっている。それは、現代という落ち着かない時代にぴったりの概念であると考えられる。
 本書は現代思想を論じたものである。しかし、思想は現実から遊離したものではありえない。本書は、思想を現実との関係の中で考えた実践の記録でもある。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む