サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

超越と横断 言説のヘテロトピアへ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.12
  • 出版社: 未来社
  • サイズ:20cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-624-93249-8
  • 国内送料無料

紙の本

超越と横断 言説のヘテロトピアへ (ポイエーシス叢書)

著者 上村 忠男 (著)

前著『ヘテロトピアの思考』でサイードやフーコーに示唆されながら「言葉の異他なる反場所」としての<ヘテロトピア>という方法概念を確立した著者の新たなる思考実践の展開。昨今の...

もっと見る

超越と横断 言説のヘテロトピアへ (ポイエーシス叢書)

3,024(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

前著『ヘテロトピアの思考』でサイードやフーコーに示唆されながら「言葉の異他なる反場所」としての<ヘテロトピア>という方法概念を確立した著者の新たなる思考実践の展開。昨今のポストコロニアル批評や歴史と記憶をめぐるトピックをめぐって、さまざまな歴史的社会的事象を貫く政治と思想の対立点と問題点をえぐりだし、歴史をどう表象していくかを歴史の哲学として鋭く提示する。3本の対談(多木浩二氏、鵜飼哲氏ほか)や書評までをふくんだ、現代屈指の思想史家の批評集。【本の内容】

目次

  • プロローグ:
  • 歴史における反復と抵抗――1996年・鵜飼哲氏との対話
  • I
  • 超越と横断、あるいは言説のヘテロトピアへ
  • ヘテロトピアからの視線
  • 無惨なる継承
  • 木のぼり男爵の世紀末
  • アウト・オヴ・プレイス
  • ニュースピークとの闘い

著者紹介

上村 忠男

略歴
〈上村忠男〉1941年兵庫県生まれ。東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、東京外国語大学大学院地域文化研究科教授。著書に「歴史的理性の批判のために」「バロック人ヴィーコ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ポストコロニアル批評の最深部に打ち込まれた楔の脈動

2003/02/17 17:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小林浩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 1995年から2002年までの評論、対談、書評、エッセイを収めた、著者の「ヘテロトピア」論的実践の第二弾である。第一弾『ヘテロトピアの思考』(未来社、1996年)と同様、常に時代の「現在」と切り結び、そこに潜む諸問題と向き合ってきた著者ならではの誠実なテクスト群だ。「ヘテロトピア」は、ユートピアと異なり、実在する場所を指す。それは例えば共同墓地、公園、市場、図書館、監獄、等々であり、「ひとつの文化の内部に見いだすことのできる他のすべての場所を表象すると同時にそれらに異議申し立てをおこない、ときには転倒もしてしまうような異他なる反場所」である。著者はこの概念を、ミシェル・フーコーから借りている(「他者の場所」、『ミシェル・フーコー思考集成(X)』筑摩書房、2002年)。この異他なる反場所を自らつくっていくことに、著者は現代における言論の可能性を見る。そうした反場所から語る「新しい批評」の知識人モデルとして著者が認めるのは、エドワード・サイードである。本書はヘテロトピア的な「新しい批評」の実践であるとともに、ある意味で、著者以外の「新しい批評」の実践の、同時代的な並行紹介でもある。アブドゥル・ジャーンモハメドの言う「ボーダー・インテレクチュアル(境界知識人)」の今日的な範例がここに現れている。ボーダー・インテレクチュアルは著者の言う「外部への横断を介しての超越」によって思考する者でもある。言うまでもなく横断と超越は本書のタイトルに採用された重要な一対の概念であるが、著者自身が言及しているように、これは柄谷行人の『トランスクリティーク』とも響きあう契機となっている。ポストコロニアルの時代における歴史認識および歴史記述の問題や、記憶と政治の問題、また、近代を乗り越えるオルタナティヴの探究が、様々なボーダー・インテレクチュアルの言説を通じて焦点化されていく。鵜飼哲、多木浩二、キャシー・カルースらとの対談は出色だが、それ以外にも特に、ヴィーコからグラムシ、ネグリ、ギンズブルグ、アガンベンに至るイタリアの思想家を多く扱っているあたりは、やはり第一人者の仕事である。本書に先立って刊行された『歴史的理性の批判のために』(岩波書店)と併せて読みたい。

連載書評コラム「小林浩の人文レジ前」2003年2月18日分より。

(小林浩/人文書コーディネーター・「本」のメルマガ編集同人)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

哲学読みもの ランキング

哲学読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。