サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 透土社の通販
  4. 火星探険 復刻の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

火星探険 復刻
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 透土社
  • サイズ:20cm/262,6p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-924828-79-3
コミック

紙の本

火星探険 復刻

著者 旭 太郎 (作),大城 のぼる (画),嶋崎 治子 (編)

日本のSFストーリー漫画はこの名作からはじまった−。手塚治虫や小松左京、松本零士らに大きな影響を与えた旭太郎作、大城のぼる画のSF漫画。関連の対談・評文も精選再録する。中...

もっと見る

火星探険 復刻

2,160(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本のSFストーリー漫画はこの名作からはじまった−。手塚治虫や小松左京、松本零士らに大きな影響を与えた旭太郎作、大城のぼる画のSF漫画。関連の対談・評文も精選再録する。中村書店昭和15年刊の復刻。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

旭 太郎

略歴
〈大城〉1905〜98年。東京生まれ。作品に「愉快な探険隊」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2003/01/22 19:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

<帯より>
「ぼくたちはこの漫画に感動した世代。小松左京は作家になり、手塚治虫は漫画家になった。あの三色刷り、あの科学知識、そしてあのおなかにトマトが生える奇想天外さ。——不幸な時代にSFの原点をつくった、海野十三と旭太郎・大城のぼる。この三人の先達に乾杯! 感謝!」 手塚治虫

「これは日本SF史においても誇るべき作品だ。品の良さ、科学的情報の先進性、楽しさあふれる物語——1940年頃にこんな素晴らしい漫画は世界のどこにもなかったはずだ。その上品な色の使い方に、少年時代のぼくは目を洗われ、ロケットが飛んで行く場面を、夢にまで見たほどだった。」 小松左京

「1965年に、はじめて『火星探険』を見たときの驚きは忘れられない。天文台や研究所の描き方にも夢があり、部屋のたたずまいひとつにもSFムードが充満している。ああ、こんな漫画があったのか。これこそが、いまのわれわれの仕事に直接つながる遠い母胎、母なる大地だったのだと。」 松本零士

僕たちはどうして火星へやってきたらう
わたしもわからないわ
僕もだ
さあ そんなことはどうでもいいのです 窓から早く
やあ高いなあ こんな所から飛び降りられないよ
わたし とても駄目よ こわいわ
僕たちを信用して下さい ほら かうして 飛び降りるんです——<本文より>

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する