サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

鬼族
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-01519-0
  • 国内送料無料

紙の本

鬼族

著者 鐸木 能光 (著)

「鬼の血」を受け継ぎ、200年に一度生まれてくる鬼を崇めるカルト集団・鬼族。ありえないDNAを示す生体サンプル。「鬼」は本当に存在するのか? 鬼族の血を引く青年が見た人間...

もっと見る

鬼族

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「鬼の血」を受け継ぎ、200年に一度生まれてくる鬼を崇めるカルト集団・鬼族。ありえないDNAを示す生体サンプル。「鬼」は本当に存在するのか? 鬼族の血を引く青年が見た人間と神をつなぐ永遠の闇の世界とは−。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

鐸木 能光

略歴
〈鐸木能光〉1955年福島県生まれ。「マリアの父親」で小説すばる新人賞を受賞。著書に「G線上の悪魔」「カムナの調合」「ワードを捨ててエディタを使おう」「黒い林檎」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

さまざまな着想、続編を希望

2003/01/16 05:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:貫田 勇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新たな「鬼」の概念を打ち立てつつ、殺人事件から始まった物語はさまざまな人々を巻き込みながら進んでいきます。色々なアイデアが随所に盛り込んであって読み応えのある本です。

一つ残念なのは登場人物が多く個々のキャラクターがうまく立ちきらないままに終わってしまった感があるところです。しかしクライマックスも読みようによってははっきりと結論が出ていないですし、この話で使われたアイデアの数々をさらに展開するためにもここは続編が出てくるのを期待、というところでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この作品で一気にブレークか?

2003/01/12 10:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:霜鞍 佳 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『黒い林檎』以来、待ちに待った鐸木能光の新作である。実は私は、この作品を3度、違う形で読んでいる。最初は文藝ネットから100部限定で発表された限定本。次は、この正式版が出版される前に『鬼族』公式サイト(!)で公開された無料立ち読み版(出だし100枚程度のPDF)、そしていよいよ発売となったこの正式書籍版である。
限定本は約300枚だったが、今回発表された正式版では600枚を超え、倍以上のスケールに成長している。内容の完成度は倍以上に高められた感がある。
出だしだけ読むと、ハリウッド映画のような純粋なホラーエンターテインメントなのかと思う人もいるだろうが、鐸木作品の常で、読後には深い印象が残る。『黒い林檎』もそうだった。息もつかせぬ力でぐいぐい読み進まされるが、読み終わった後は、哲学的とも言えるテーマを突きつけられ、しばらくの間、独特の充足感、心地よい疲労に包まれるのだ。
あまたの娯楽小説とは違うものを常に追い求める作者の志に拍手を送りたい。
文芸の危機、小説の不振が言われてすでに長いが、このような質の高い作品が出てくる間は、まだ日本の出版界も死んではいないなと思わされ、少しだけ安堵できる思いだ。
鐸木能光の作品は、純粋なミステリー(俗に「本格」などと称される作品群)とは違うし、ハードボイルドやホラーといった従来の娯楽ジャンルにもくくれないものが多く、今まで不遇な扱いを受けていたが、本好きを自称する人たちには、そろそろこの作家の存在に気づいてほしいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント

2003/01/14 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鐸木 能光 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本は「鬼が作った国」だという人がいます。多くの日本人は、自分たちのルーツもよく分からないまま、時代に合わせて器用に、従順に生きてきましたが、その裏には、正史としては語られない闇の歴史や物語があったのも確かです。「鬼」とは、その「裏の歴史」「闇の世界」を作ってきた精神の象徴と言えるでしょう。 21世紀を迎え、日本は今、自信喪失と不安の中で揺れています。気を抜いていると「鬼」がやってきて魂を抜かれますよ……というお伽噺的な警告を、現代人に向けて娯楽作品の形で提示したらどうなるか? クローン人間誕生の噂や、戦争に巻き込まれるかもしれないという不安感の中で幕開けした2003年。「面白いだけではない」作品という、ささやかな自負を込めて『鬼族』を送り出したいと思います。 もちろん、難しい話抜きで、誰もがふんだんに楽しめ、最後まで一気に読めることは保証いたします。書いた私自身、今までの中で出来に最も満足している自信作です。
 また、読み終わった後も、いくつかのオマケ的な楽しみ方ができるような仕掛けも隠しておきました。
 例えば、作中に登場するメールアドレスやURL(ホームページアドレス)は、実は「架空」のものではなく、全部「実在」します。ヒントはhttp://kizoku.org などに隠されています。登場人物にメールを出せば、応えてくれるかもしれません。
 刺激、息抜き、興奮、新たな興味……その気になれば何倍も楽しめる『鬼族』ワールドを、どうぞご堪能ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/04 12:57

投稿元:ブクログ

青森県岩木山周辺でアベック暴行殺人事件が起こった。
襲われた女性は「おに・・・」と言う言葉を繰り返すだけで正気を失っており、やがて原因不明の突然死。
「鬼の血」を受け継ぎ、200年に1度生まれてくる鬼を崇める「鬼族」と言う名のカルト集団。そして、生物界には有り得ない性染色体YYを持つ、「鬼」と呼ばれる「鋼丸」と言う名の巨体な男の存在。
主人公の壕太が、幼少の頃に別れて以来17年振りの父と再開し、その父から自分の出生の秘密を聞かされ、否応なく「鬼族」の事件に巻き込まれてゆく。
そして次第に明かになってゆく衝撃的な事実。
とにかく面白くて、一気に読んでしまった。
昔から青森県一体で伝説になっている「鬼」を題材にしてある、ってだけでもなかなか興味深かったし、そもそもの鬼伝説の由来が日本国の成り立ちとか、古代史に遡って説明されていて、大いに知的好奇心を揺さぶられた。
話の展開も、適度なスピード感で自然に先へ先へと進んで行き、後半一気に加速して盛り上がっていく感じ。
自然とか、生物の循環とか、神の世界と物質の世界とか、深い部分もあって単なる娯楽伝奇小説ではない深遠さを感じられた。
終わり方には、ちょっと物足りない部分があったけれどね。
事件終了後の、主人公達のことがとっても気になる。
彼らはどこへ行ったのか。彼女は妊娠してないんだろうか?
あと、希望としては、主人公の母の過去をもう少し詳しく書きこんで欲しかった。
最初の妊娠の時の詳しい経緯と、当事者の感情。
「鋼丸」が生まれて来る時の詳しい様子と、その後の成長過程。    
なんにしても、面白く楽しめる本である事は間違いない。

2009/10/20 22:11

投稿元:ブクログ

鬼の血を引く二人の双子の男女の活躍を描いた小説。

「鬼」という文字に惹かれ読んでみたのだが、ラストがあやふやな場面で終わってしまっている為この評価。

2015/10/22 10:58

投稿元:ブクログ

古代における日本で、戦いに敗れ去った一族が鬼族となるという設定で、鬼は人間界と神の世界の間にいて、両方を見ることが出来るという。
東京と東北を舞台に、警察庁まで巻き込んでの大掛かりな捕物帖?
だんだん話は大きくなっていって、もう個人の力ではどうにもならないようになってしまうのだが、あっさりした終わり方だった。
ちょっと拍子抜けしたかな。中盤から一気に読んだので、物語には引き込まれたけど、最後がねえ。

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る