サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

5年後こうなる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

5年後こうなる

著者 日下 公人 (著)

どんな方法で考えれば、日本の未来は見えるだろうか。そもそも、日本の自由奔放な力はどこにあって、どこへ進むのだろうか…。各国が抱えている課題を列挙し、5年後の日本と世界を考...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どんな方法で考えれば、日本の未来は見えるだろうか。そもそも、日本の自由奔放な力はどこにあって、どこへ進むのだろうか…。各国が抱えている課題を列挙し、5年後の日本と世界を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

日下 公人

略歴
〈日下公人〉1930年生まれ。東京大学経済学部卒業。日本長期信用銀行取締役を経て、(株)ソフト化経済センター理事長、東京財団会長。著書に「戦争が嫌いな人のための戦争学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「人間は金銭を相手に暮らすのではない。人間の相手はつねに人間だ。」

2003/04/07 05:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぜんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

5年後この国はどうなっているのか?
不況が長びき、介護老人増加・労働人口の減少による税収減少・支出増加に対し、国は消費税率や社会保障費を引き上げるが、赤字国債の乱発はやめないので、気が付けば世界一の債務国、円の信用は失墜。円安が加速しハイパーインフレ、国債のデフォルトが生じ、通貨切り下げ(デノミ)となるだろう。今のうちに個人の責任において資産管理をきちんとしましょう、ドルや金でももっておきましょう。というような他のエコノミストが書くような内容の本ではありません。(前置きが長くなってスミマセン)
 
 昭和5年生まれの日下氏の眼力と洞察力に驚嘆する一冊。
例えば2003年1月の第1刷(イラク戦争前)出版でありながら「道義のないアメリカは、もはや前にも後ろにもいけない」とばっさり。 
 さらに「アメリカ式の経済論は意味がなくなる」と、一蹴。もはや、わが国の「幸福度」をはかるのに、株価やGDPの成長率などはいらないという。(こういうことが指摘できるのは、日下氏しかいない。“老年の最大の報酬は精神の自由だ”(サモセット・モーム)という言葉をもって賞賛したい)。
これまでは金を儲けることが幸せになる手段であったから、国際競争力や不良債権処理が問題になるわけだが、 
 
 「だけど、幸せってお金なんですか?」
 「わたしたちのまわりには、すでになんでもあるではないですか?」

 こう改めて問い掛けることで、将来の新しい日本が見えてくる。
新しい日本、元気の出る日本を垣間見てみませんか? 是非一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

トンデモ本なのかもしれない。が…。

2003/03/28 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 簡単に言ってしまうと、アメリカは没落し、日本は栄える。そんな明るい未来予想図を日下の爺さん(失礼)が講談している。そんな内容です。実際、この本の中には、「昔、ワシはこう言ったんじゃが、ダーレも耳を貸そうとせんかった」的な記述が目立ちます。

 実際、現実の生活や新聞・雑誌の報道に追われ、目先のことしか考えられなくなっている私達にとって、こういうある意味「達観」したモノの見方、というのは金を払ってでも聞くべきかもしれません(そういえば、落語の話も未来を予測する中で引用されています。同じようなものでしょうか?)。だってなにしろ5年後です。自力で想像できますか?

・デフレは続くが、みんな幸福
・本を買うよりいい図書館の近くに引っ越せ
・不良債権は解決しない、が、みんな幸せ
・失業率10パーセント、けれども幸せ
・グローバル・スタンダードは存在しない
・「働かない若者」が新しい時代を作る

 まあ、引用はこのくらいにしておきましょう。このような(意図的に)逆説的な言葉がこの本には溢れています。

 今、自信を失いかけている日本の皆さんにはこのくらい明るい御爺の言葉をぜひ読んでもらいたいと思います。そんな気持ちを込めて「★★★★」としておきました。この本は薄くてデザインもなんだかなぁ、ですが、買っても損はないと思います。

 すぐ読めますし、なにより、少し元気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/20 11:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します時事評論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。