サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダレン・シャン 7 黄昏のハンター
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2003/02/19
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:22cm/268p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-09-290307-3

紙の本

ダレン・シャン 7 黄昏のハンター

著者 Darren Shan (著),橋本 恵 (訳)

歴代最年少で元帥に選ばれたダレン。今回は慣れ親しんだバンパイア・マウンテンに別れを告げ、クレプスリーとともにバンパニーズ大王を倒す旅に出るが…。大人気ファンタジーミステリ...

もっと見る

ダレン・シャン 7 黄昏のハンター

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

ダレン・シャン 13巻セット

  • 税込価格:21,276197pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歴代最年少で元帥に選ばれたダレン。今回は慣れ親しんだバンパイア・マウンテンに別れを告げ、クレプスリーとともにバンパニーズ大王を倒す旅に出るが…。大人気ファンタジーミステリー第7弾。【「TRC MARC」の商品解説】

児童から読める翻訳ファンタジー文学。

英国アイルランド生まれのファンタジー翻訳児童文学です。読者をハラハラドキドキさせる予想もできないストーリー展開が売りもので、闇の世界の生きものバンパイアを描いているにもかかわらず、暗いイメージが湧いてきません。ドラマティックな広がりを見せる世界の中に、人間の真実を見る作家の目があるからです。家族愛、友情、勇気や冒険心の大切さが裏打ちされています。それが家族そろって読んでいるなどという、幅広い年令の読者層を生んでいます。7巻から9巻までが一続きになっていて、バンパイア元帥になった主人公ダレンが、宿敵のバンパニーズ大王を追う物語になっています。【商品解説】

著者紹介

Darren Shan

略歴
〈Shan〉アイルランドのリムリック出身。ケーブルTV会社に勤めながら執筆を続ける。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (13件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

始まりはいつからでも

2006/02/25 16:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ana - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いよいよ4巻から6巻までの話が終わり、6年の月日が流れました。ダレン少年は、ちゃんと元帥の仕事をこなしています。このところ、バンパニーズ大王の誕生のせいで、パリス元帥は疲れきっていました。
 そんな時、何と! ミスター・タイニーがバンパイア・マウンテンにたずねて来たのでした。初めに気づいたのはダレン少年の友人・ハーキャット・マルズでした。どうしてハーキャットは、ミスター・タイニーが近くにいる事がわかったのか? それはやっぱり、リトル・ピープルがミスター・タイニーの手下だからでしょうか?
 そこでミスター・タイニーが話したのは、大王を倒す3人のハンターの事でした。まずハンターに選ばれたのは、みなさんも知っているダレン少年の師匠・ラーテン・クレプスリー。そして、2番目にハンターに選ばれたのが、たったひとり総会に出席出来なかった元帥・バンチャ・マーチ。そして、やっぱり最後は、この物語の主人公・ダレン・シャン!
 ミスター・タイニーは、ここでいろいろな事(おぞましい事も…)を話すのですが、これはみなさんの目で確かめてもらいましょう。
 さあ、この巻は、訳者の橋本恵さんが言うように7巻『黄昏のハンター』に8巻『真夜中の同志』に9巻『夜明けの覇者』…とつながっています。ですが、今回の旅は、今までのものより悲惨に、そしてワクワクしてきます。
 それでは…闇の世界へようこそ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダレンの少年時代が終わり新たな物語の始まりを予感させる第7巻。魅力的な脇役達と膨らんでいく物語の両方でこの巻も一気に読みました。

2005/01/17 14:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴代最年少で元帥に選ばれたダレンはバンパイア・マウンテンで6年間修行と経験を積みます。その間もバンパイアとバンパニーズの戦争は続いていました。
そしてある日突然バンパイア・マウンテンにミスター・タイニーが不吉な預言を持って現れます。バンパニーズとの戦争でバンパイア一族が生き残るためには3名の「選ばれし者」がバンパニーズ大王を倒すしかないと。そして3名が破れたときはバンパイアは絶滅してしまう…。
ダレンとクレスプリーは「選ばれし者」として大王を倒す旅に出ることに。

6巻までとは違い、ダレンは戦争を反対しながらも元師としてバンパイアの生き方を学んでいく間に「闘わなければいけない戦争もある」と今回の戦争を受け入れています。見た目はまだ少年ですが実際中身は20代中半になったダレン、そしてついにバンパイアの純化作用を受け大人へと変化していくことに。
ここで少年時代のダレンが終わりまた新たな幕が開けたような気がします。

実際に7巻からは種族が生き抜くための戦争がテーマです。
選ばれし者の孤独で過酷な旅、力を増す敵と闇の大王…うわーなんだかどんどん物語が大きくなっていってますね。
巻が増すごとに期待も膨らみ、物語も膨らむ、子供も大人も夢中になるわけがわかります。

またこのシリーズの楽しみは魅力的な脇役達。
今回登場するのは3人目の元師・バンチャ元師や2巻でも登場している魔女エバンナ。この二人の登場により物語は思いもしない方向へ動いていきます。
今回も7.8.9巻で1つの大きな物語になっているので7巻は序章のような扱いです。バンチャ元師の過去がわかることにより、半バンパイアと半バンパニーズであればバンパイアからバンパニーズへ、バンパニーズからバンパイアへと変わることが出来ることもわかります。ただ失敗して死んでしまう可能性が高く成功したのはバンチャの時だけだったみたいですが…。
この部分も今後の伏線になっていくのでしょうね。何せバンパニーズ大王はまだ血を入れられたばかりですし。ダレンにしてもまだバンパイアにはなりきってないのですから。そう考えると今後の展開がすごく楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新展開にも驚かされます!

2003/03/04 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テーラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シリーズを通して“先を読めない展開”“次々とでてくる個性的なキャラクター”が魅力的なのですが、巻を増すごとにどんどんパワーアップしていく様子。
 前回で一段落した話も今回からまた新展開をみせます。新キャラクターもでるのですが、これがまた個性的というか刺激的というか、すごいキャラクターなのです。話のないようとしては“数”がポイントに。「○○をするチャンスは何回」とか「何人は○○」とかリミットを感じさせる展開が、切迫感をだしていてハラハラドキドキ感が倍増。
 星を一つ減らしたのは、児童向け文学なので平仮名が多くて少し読みにくいということ。行間はすっきりしていて読みやすいんですけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/19 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/14 02:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/26 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/30 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/23 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/09 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/10 05:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/09 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/07 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/02 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/16 01:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/25 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。