サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 学研の通販
  6. ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 学研
  • サイズ:18cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-05-401863-7
新書

紙の本

ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華 (ウルフ・ノベルス)

著者 誉田 哲也 (著)

池袋で喉元を猛獣に食い千切られたような変死体が発見された。警察は3年前に起きた事件と酷似していることに着目し、2つの事件を繫ぐ重要人物、風俗嬢の紅鈴を追うが…。第2回ムー...

もっと見る

ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華 (ウルフ・ノベルス)

961(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

池袋で喉元を猛獣に食い千切られたような変死体が発見された。警察は3年前に起きた事件と酷似していることに着目し、2つの事件を繫ぐ重要人物、風俗嬢の紅鈴を追うが…。第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

誉田 哲也

略歴
〈誉田哲也〉1969年東京生まれ。学習院大学卒業。ロックバンド「BRAIN FACTORY」解散後、執筆に専念。「ダークサイド・エンジェル紅鈴」で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

読み始めのころは大した小説とも思えなかったのだが

2008/06/12 21:40

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

美少女風の吸血鬼が主人公の吸血鬼ものとなると、暴力と性が豊富になるのは、テーマ上やむを得ないものなのか。しかも日本のものは洋物と比べ、湿度が高いというか粘液質というか、陰湿な面がある。逆に言えば情感的で、登場人物の思いや感情が良く書けているわけだが。吸血鬼ものの伝奇小説はほとんど読んでいないので、この小説のレベルを比較することができないが、現代の風俗や現実の東京の地理とからめて、良く書けていると思う。うわついた表面の裏に潜む、人間や吸血鬼の哀しさも表現されている。読みはじめた時の印象と、読み終えた時の印象が違った。始めのころは大した小説とも思えなかったが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

表紙のセンスは…

2003/03/24 22:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nekomata - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公は、たぶん最後の一人の吸血鬼で、外見は二十歳代前半の美女だが齢400歳の紅鈴。

職業は風俗嬢、職場でお客から少しずつ血を吸って飢えをしのぎつつ
世間とはかかわらない様に生活していたが、
死んでしまった恋人(彼氏も吸血鬼だった)に似ている人間を助けたことから物語が流れていく。

読んでいて、主人公の紅鈴が、英国幻想文学賞/ブラム・ストーカー賞受賞
のナンシー・A・コリンズ「ミッドナイト・ブルー」のソーニャ・ブルーに
似ているように思えたが、ルーツはこれなのかな?
両方ともはぐれ吸血鬼で、美人だし…

本書の内容はおいといて、表紙絵のセンスは「ミッドナイト・ブルー」の方が数段上だと思った。
最初に目にするのが表紙だから、表紙絵のセンスが良ければもっと早く買っていたんだけれどもね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/02/01 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:誉田哲也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品は「紅鈴」という女吸血鬼の、永い永い一生のほんの一部を切り取った物語です。本の裏には「エロス&バイオレンス」とありますが、それ以外にも様々な要素を盛り込みました。

ミステリー、ホラー、アクション、警察、恋愛、などなどなど——ひと言でどんなジャンルかと訊かれれば、「娯楽小説です」としか申し上げられないのですが、本筋は、紅鈴という「異形の女を愛する」ための物語です。著者である私が惚れ込んだように、読者の皆様に紅鈴を愛していただけたら本望です。

紅鈴の物語は、今始まったばかりです。読了された方は多少疑問に思われるかもしれませんが、そんな方には、この言葉をお送りしたいと思います。私の大好きな加藤和彦氏の亡くなられた奥様、安井かずみさんの詞の一片です。

その別れはむしろ 出会いの場面に 似ていた
               〜『うたかたのオペラ』より〜

是非『妖の華』以降の紅鈴にもご期待ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/28 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/27 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/26 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ホラー・怪談 ランキング

ホラー・怪談のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。