サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 福祉・介護
  5. アニカ
  6. 福祉の仮面 自覚のない加害者、後ろめたい被害者

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

福祉の仮面 自覚のない加害者、後ろめたい被害者
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: アニカ
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901964-01-1
  • 国内送料無料

紙の本

福祉の仮面 自覚のない加害者、後ろめたい被害者

著者 中沢 鉛筆 (著)

よくて監獄、知らなきゃ地獄。「福祉」のベールに包まれた高齢者介護の真実とは? その実態と本音を綴り、豊かな高齢社会と質の高い老人福祉を考える。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

福祉の仮面 自覚のない加害者、後ろめたい被害者

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

よくて監獄、知らなきゃ地獄。「福祉」のベールに包まれた高齢者介護の真実とは? その実態と本音を綴り、豊かな高齢社会と質の高い老人福祉を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ひごろのうっぷんが晴れた

2003/01/19 16:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チョボラくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕が介護業界に足を突っ込むきっかけとなったのは、ボランティアが始めだった。そうこうして6年経ってしまい、介護福祉士にそして、ケアマネにまでなった。現在は老人ホームで働いているが、施設への不満や同僚達の非常識さにあきれる毎日を送っている。この本は、題名がインパクトがあって読んだが、中身は座談会なので読みやすく、一気に読み終わってしまった(もったいない気もする)。もちろん、ここに書かれている内容ばかりではないけれど、似たような事はどこでもあるのかと思った。いろんなストレスを抱きながらもこの業界から抜け出せないでいた自分を考え直そうかとさえ思ったりもした。また、高齢者をかかえる家族への警告も書かれていて、これは是非これから介護サービスを利用しようとしてる家族に是非読んで頂きたい。
美化されがちな高齢者福祉の世界を、今までになかった視点から厳しく切り込んでいて、次回はこの座談会にも是非僕も参加したいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/01/20 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中澤鉛筆 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中澤鉛筆は、座談会出席者の共同ペンネームです。この本には、一般常識で考えたらおかしいのに介護現場ではおかしいと言われないこと、福祉に携わる立場としては言いづらいことが盛りだくさんです。高齢者介護の世界では、問題や課題は「社会問題」として括られることが多いし、マスコミその他の取り上げ方もそうです。そんな他人事みたいな「他人事じゃない」は意味ない!と思って書きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

高齢者福祉 ランキング

高齢者福祉のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む