サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

春の嵐 新装版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/369p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115740-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

春の嵐 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

著者 池波 正太郎 (著)

春の嵐 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

680(税込)

剣客商売十 春の嵐

605 (税込)

剣客商売十 春の嵐

ポイント :5pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

理不尽な結末

2012/01/12 14:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

安永十年改め天明元年師走の或る夜、秋山小兵衛・おはる・大治郎・三冬が、和気藹々と晩餐を楽しんでいたとき、「あきやまだいじろう」と名乗る頭巾の侍が路傍で旗本を殺害した。以後、田沼意次の家来と松平定信の家来とに対して、「あきやまだいじろう」と名乗る頭巾の侍による殺害が続く。大治郎はついに評定所に呼び出され、拘置された。

重苦しい。

現実に、無実の罪で捕えられ、何年も、ときには十何年も服役し、出獄したときには、親も死んでおり、その後で冤罪だったことがわかったが、失われた人生は戻って来ない……という事例が、最近、明るみに出ただけでも、一つならず、ある。ましてや、過去、明るみに出なかったものまで含めたら、どれだけ多くの、無実の人とその身内が、社会的精神的身体的に生命を抹殺されてきたことだろうか。

秋山大治郎もそうなるのではないか、三冬は、おなかのこどもは、と、心配でならない。

ことに、松平定信は、大治郎を証拠不十分で釈放した評定所の裁定を、田沼意次によって操られたものと断定し、この主人が主人なら家来もまた家来で、大治郎が評定所に拘置されている間に、三冬が守る道場を襲撃する。三冬は小兵衛とともに彼らを撃退するが……。

この重苦しい話のなかで、あの、第八巻第二話『狐雨』で鮮烈なデビューを飾った杉本又太郎が再登場したのは、うれしい。しかも、今回は、彼の妻の小枝とともに登場し、秋山一家と同じような、和気藹々たる、いやそれ以上の(?)、アツアツの場面を見せて、ほほえませてくれる。

しかし、あの白狐が出てこない。白狐が再来年までいると言ったときから、まだ半年しか、たっていないのに。

こんなときこそ、白狐の、人智を超えた力を借りて、杉本又太郎が大活躍し、真犯人逮捕に貢献することを期待したいのに……。

そのかわり、といってはなんだが、芳次郎という若者が登場し、初めは自殺を図ったのに、杉本又太郎に助けられると、押しかけ弟子になる。顔が不細工で遊女にふられ、その遊女が商売抜きでほれている男に嫉妬して、その男をやっつけるために弟子になったのである。

いいかげんなようでいて、意外とよく働き、しかも、さらに意外にもこの芳次郎が、連続殺人事件の真犯人を突き止めるのに多大な貢献をするのだった。

だが、そこで、小兵衛の下した決断に、私は、疑問を抱く。小兵衛は、真犯人を捕えて、秋山大治郎と並べて、殺人事件の目撃者に逢わせ、大治郎の無実を天下に向って証明しようとは、しない。あくまでも秘密裏に、真犯人を殺害しようとする。それは、この事件には政治的な背景があり、田沼意次が天下の御政道のために、真相を闇から闇へ葬ると決めたからだ。

そりゃあ、田沼意次と松平定信のあいだだけならば、それでも、いいでしょうよ。

だけど、最初に殺された人は、そのどちらとも関係のない、旗本なんだよ。真相が明らかにされなければ、遺族の気持ちが踏みにじられたままじゃないか。

池波正太郎は、なぜ、こんな理不尽な結末にしたのか。私は納得できない。いつかあの世へ行ったら、池波正太郎に会って、「あなたは無実の罪に苦しむ人々の気持ちをどう考えているんですか、真犯人がわからないままに放っておかれる被害者の遺族の気持ちをどう考えているんですか、生き返って『春の嵐』の結末を書き直してください!」と言いたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初の長編、小兵衛ファミリー大集合!

2003/12/17 02:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モール - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつものように秋山家で家族が団欒の時を過ごしているちょうどその時、ある目的を持った人間が秋山大治郎の名を騙り辻斬りを働く。大治郎個人に対する怨みなのか、それとももっと大きな陰謀なのか、剣客であれば当然人に恨まれることもあるし、自らにその恨みが降り掛かってくるならば、防ぎようもあるが、名を騙り関係のない人間を殺されるというような卑怯な真似をされるとどうしようもない。事件は幕府上層部での権力争いの様相を呈してきて、小兵衛がいつものようにスカっと悪人を懲らしめるわけにはいかないというもどかしさがあります。それにしてもこのシリーズは面白い。はずれが無い。小兵衛を中心にした人の輪が10巻目ともなると徐々にはっきりしてきて、息子大治郎の危機に立ち向かう父小兵衛の働きや、彼ら秋山親子を取り巻く人々の気持ちの良さが現れています。四谷の弥七、傘屋の徳次郎、飯田粂太郎、笹野新五郎、杉本又太郎、杉原秀、又六など過去に秋山親子と関わりのあった人々が次々に登場します。それぞれの人に見せ場があるのですが、徳次郎が執念と根性でついに目的の人物をみつけて、尾行をしているときなどは、「徳さんあまり気負って気付かれないように気を付けて」などと、はらはらしてしまいますし、その後小兵衛から目を潤ませながら礼をされて、徳次郎が「もったいのうござんす。もったいねえ」と子供のように泣きじゃくる所などは、小兵衛が人を身分では見ずに人として見て、それによって人が集まり、小兵衛を尊敬し礼を失っていない周りの人々の姿が、浮び上がってきます。そして時間や運命の偶然の不思議がこの作品にもあります。人間とは矛盾した生き物で、善も悪も持っている、人の心は完全には分からないけれども、純粋さを失わずに生きていけば、悪には傾かないだろうという気がします。良い師に巡り会いたいものです。おはるや芳次郎にホッとさせられます。おはるはやはり小兵衛に必要だったんですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

剣客は恨みを買うことも覚悟のうえ。しかし恨みとは関係のない企みが秋山父子を襲う。

2011/11/08 17:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 剣客商売シリーズで初めての長編作品。
 剣の道を通して、人の哀歓や欲望、苦悩などを描き出してきた剣客商売。
 しかし本作品では、少々毛色の違う事件が秋山父子を襲う。

 三冬が念願の子を身籠もり、小兵衛も大喜びで、年が暮れようとしていたある日。
 八百万石の旗本が、頭巾の侍に斬り殺された。
 供をしていた小者の権蔵は生き残り、頭巾の曲者が、
「あきやま、だいじろう」
 と名乗るのを、確かに聞いた。

 それから十日後。
 権蔵は、金王八幡の近くで、頭巾の侍を見かけた。
(あっ、たしかに、あの畜生だ)
 と確信した権蔵は尾行を開始。
 ところが、その日、権蔵は屋敷に帰らず、翌日になって、血まみれで息が絶えようとしているところを発見された。

 何者かが、秋山大治郎を名乗って辻斬りを働いているのは確実。
 しかし、なかなか真犯人が捕まらない。
 にもかかわらず、「秋山大治郎」と名乗る辻斬りが次々と起きる、このもどかしさ。

 辻斬りの裏に秘められた企みに驚かされるのだが、幸せ溢れる大治郎夫婦を襲った凶事に、なすすべない小兵衛がなんとも痛々しい。
 下っ引き・傘徳の執念深い張り込みに、小兵衛は涙ぐむほどなのだ。

 一方で、【狐雨】(『狂乱』に収録)で登場した杉本又太郎と、ひょんなことから又太郎の道場に住み込むことになった、『首吊り男』こと菓子舗の次男・芳次郎のコミカルなやりとりは面白く、暗く沈みがちな物語がパッと明るくなる。
 この二人も思わぬことから事件にからみはじめ、なんともいえない味わいが広がっていく。

 剣客は、恨みを買うことも宿命と覚悟しているものなのだが、恨みとは関係のない企みに翻弄されることもある、厳しい職業なのだ。
 その一方、秋山父子を慕う、多くの人々の暖かい奔走が印象に残る。
 生きるも死ぬもおのれの才覚次第という剣客といえども、周囲の人々に生かされているのだと、強く感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

探偵冒険小説,変じて明朗不条理漫画

2006/10/02 20:45

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 探偵冒険小説,変じて明朗不条理漫画.
 冒頭,例によって怪事件.
 それまでのごとく,それを秋山親子が活躍して解決するのかと思えば,大治郎はストーリーの展開上,だんだん出番が減少.最後は皆無に近くなる.
 冤罪で座敷牢に閉じ込められる大治郎.冤罪で禁足を言い渡される大治郎.
 このような不条理は「珍しくない」「剣の修行を極めた者には,それがよく分かる」
 代わって,傘徳どん,四谷の弥七,飯田粂太郎といったレギュラー・メンバーの他,笹野新五郎,杉本又太郎,杉原秀,又六といった,他の短編のゲスト・キャラだった連中までが次々登場.ビギナーの中には戸惑う人も出るかも.当方自身,杉本はあまり覚えがない.
「真の男というものは,泣くべきときには,ああいうふうに泣かなくてはいけないのじゃ」
 事件は拡大一方.松平定信と田沼意次との確執.加えて一橋治済(はるさだ)の暗躍もあって,不条理劇の様相も.
 田沼に対する松平の憎悪の理由.
 一橋による「田安征服」.
 彼らが「濃過ぎる」せいか,悪役,というか,実行犯は,さほど目立たない.
 不二屋の次男坊がどう関わってくるだろうかと思えば,最後にそんな関わり方をするとは.
 エンディングは,他の短編のようにはすっきりしたものとはならず.
 こういうすっきりしない終わり方をしているのは,著者の体調と関わりが大いにあるだろうことは,常盤新平による「解説」に詳しい.
 余談だが,本書を見ても,TVシリーズにおける小林綾子の演ずるおはるが,いかに嵌まり役か分かる.本書を読んでいて脳内で,セリフが極めて自然に俳優の音声に変換されるのは,このおはるだけ.
 読めば?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/19 19:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/06 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/26 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/05 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/31 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/10 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/05 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/27 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/01 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/20 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る