サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

十番斬り 新装版(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/345p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115742-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

十番斬り 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

著者 池波 正太郎 (著)

十番斬り 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

637(税込)

剣客商売十二 十番斬り

605 (税込)

剣客商売十二 十番斬り

ポイント :5pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

武道を捨てる必要はないが、武家は捨てたほうが幸せになれる

2012/01/20 09:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一話『白い猫』、第二話『密通浪人』と、小兵衛の亡くなった妻お貞にまつわる話が続く。

夏の終わりのある朝、おはるが首をかしげるほどの上機嫌で、小兵衛が、珍しく両刀を帯して、出かけて行く。実は、果し合いに行くのだが、途中で、お貞と一緒に飼っていたタマにそっくりの白い猫に出逢い、その猫を虐待しようとした浪人たちを懲らしめたら、とうとう、果し合いに遅れるほどの騒動になってしまった。

この果し合いの相手平山源左衛門のそばには、若者が仕えていて、源左衛門を案ずるのあまり、小兵衛を敵(かたき)のように憎んでいるようす。これはあの、『剣客商売』第一巻第二話『剣の誓約』の大治郎の師の嶋岡礼蔵の果し合いの相手と同様に、若者のせいで、悶着が起こりそうなようす。

小兵衛のことだから、最後は無事に始末をつけたけれども、そのかわり、もう、猫を見るのも嫌になってしまった。猫に罪は無いのに。

少し寂しい話だった『白い猫』に比べ、『密通浪人』はユーモラスである。お貞の弟の福原理兵衛という人物が、この話で初めて出て来た。小兵衛がおはると結婚して以来、姉がどんなに嘆くことかと怒って、絶交していたという。

理兵衛の妻に関する聞き捨てならない噂を耳にした小兵衛が、久しぶりに会いに行くと、昔と打って変わって大歓迎。彼の態度がこんなにも変わったそのわけは……。思わず、にやりとさせられた。なるほどね。

第三話『浮寝鳥』は、作者がまず「乞食(こつじき)」という言葉を説明するところから始まるが、作者がこういうふうに改まって言葉の意味を説明するときは、人々が「徒(ただ)の乞食ではない」と噂するほど上品だとか、あるいはまた、第一巻第二話『剣の誓約』の冒頭で「ひとりごと」の説明をしたのは、大治郎が貧しく寂しい暮しに満足しているにもかかわらず、思わず、「うまい」と言ってしまうほどおいしい物を食べたからなのだと強調して、しかもその後更にその食べ物の説明をして、そんなささやかなごちそうでそれほど感激する慎ましさを更に強調するというような、要するに、作者のテクニックである。

『浮寝鳥』は、人々が「徒(ただ)の乞食ではない」と噂したとおり、ただの乞食ではなかった上品な老人が惨殺されてしまい、怒りを抱いた大治郎が犯人を探索していくと、ついには、橋場の道場が大勢の侍に襲撃される事態に到る。もちろん大治郎は反撃し、三冬も赤ちゃんの小太郎を戸棚に入れて、剣をとり、家の中に敵を一歩も踏み入らせない。大治郎もだけど、三冬、かっこいい!

真相が明らかになった後の、小兵衛の述懐、

>「四十年の歳月は、なみなみのものではないぞ。世も人も変る、変る。びっくりするほど変ってしまうわえ」

これは、私も、いろいろなことを思い合せて、寂しいような、悲しいような、恐ろしいような気がしてくる。

小兵衛は、続けて、次のようにも述べている。

>「なれど、変ったようでいて変らぬところもある。あの稲荷坊主殿の若いころにも、きっと、後(のち)の、あの姿が潜んでいたにちがいない。ただ、それを他の人びとも、また当人も気づかなんだだけのことじゃ」

これは、この話では悲劇に終ったけれども、人というものに希望や信頼を抱けるような気もしてくる。もっともそれは、この話の、「徒(ただ)の乞食では」なかった人が、いい人だったからだ。悪人の場合だと、希望も信頼もなくなってしまうわけで……。

第四話『十番斬り』は、小兵衛が一人で十人の敵を斬る。それは、短時間の出来事である。しかしその前に、重病で余命幾ばくも無い村松太九蔵が、鍛えぬかれた剣の腕と知恵とで、日数をかけて、一人、また一人と、敵の数を減らしていた。傷を負った太九蔵とその友の和尚とに、敵を近寄らせぬ小兵衛。このシチュエーションは、『剣客商売』第八巻第五話『女と男』に似ている。ただし、『女と男』で闘ったのは三冬である。小兵衛は、病の床の弟子を看取っていた。

『剣客商売』は、剣客の孤独と強さ、そして、誰にも平等に訪れる老いと病が、剣客にも訪れるさまを、容赦なく、また、ときに優しく、描く。優しいと感じるのは、小兵衛や大治郎など、数は少なくとも、人との深い情の通い合いがあるときである。

第十二巻第五話『同門の酒』は、ユーモラスである。まるで鬼平犯科帳のような事件が解決した後、小兵衛と同じ年配の、老年の「先輩」たちが、年下の、中年の「後輩」を叱りつける。それは小兵衛の言う通り、久しぶりに後輩を叱ることで、

>「辻先生の道場にいるような、若返った気分になっているのじゃ。つまり、たのしんでいるのじゃよ」

第六話『逃げる人』は、また、寂しい。大治郎が好感を抱いた、風体が小兵衛に似た感じのする老人。お互いに身の上を語らず、踏み込まず、淡々とつきあう。

小兵衛曰く、

>「老人は、こころさびしいものゆえ、はなし相手が見つかったので、うれしいのであろう」

>「お前なればこそ、気をゆるめているのであろうよ。年寄りどうしが会ってみても仕方あるまい」

だが、その淡いつきあいにも、終るときが来た。私は老人に同情してしまった。彼は、いつまでも恐怖と孤独に苛まれ続けなければならないほどの、罪を犯したのだろうか……。だが、その罪の被害者の家族も、かわいそうだし……。

そして、第七話『罪ほろぼし』。かつて小兵衛は、悪を退治した。だが、悪人にも家族がある。悪を退治すると、悪人の家族は、罪もないのに、不幸に陥ってしまう。家族のその後を知って、罪を感じてしまう、小兵衛。

最後、小兵衛はその「罪ほろぼし」ができたと感じるのだが、かつての悪人の家族のほうも、「罪ほろぼし」ができたと感じていた。明るい話で終わって、良かった。武道を捨てる必要はないが、武家は捨てたほうが幸せになれるっていうあかしのようにも思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

親しく交流を始めた老人は、友の敵だった。情の板挟みが大治郎を悩ませる。

2012/02/17 18:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 剣客商売第十二弾。

 生きるも死ぬも己の才覚次第。
 知らない間に人の恨みを買っているかもしれない。
 そんな厳しい剣客の世界に生きる秋山小兵衛と息・大治郎。
 しかし厳しい世界に身を置き、精神が鍛錬された二人と言えども、心を迷わすこともある。
 とくに大治郎は、まだまだ経験が足りないのだ。

 大治郎は田沼屋敷の稽古からの帰り、暴漢に襲われた下女を助けた、父小兵衛に似た老人と遭遇した。
 名乗れども名乗り返さず去っていく老人に、大治郎は妙な気持ちを抱いたものの、蕎麦屋で再び老人と邂逅してからというもの、二人は友のように打ち解け合い、たびたび蕎麦屋で食を共にするようになった。
 ところが、その老人の本名を父から聞かされた大治郎は愕然とした。
 友が長年探し続けている敵の名だったのだ。【逃げる人】

 相変わらず、池波正太郎の仇討ちものはいい。
 他の仇討ちの作品からは、長い間、追い追われることで、人物の本質が生々しいほどに感じられてくるのだが、【逃げる人】では、彼らと心を通わせ、情の板挟みになった大治郎の迷いと苦悩、決断への心痛がさし迫ってくる。
 敵を追う友に知らせるべきか、このまま何も知らないふりをし、親しくなった老人と交流を深めるべきか。
 このときどのように行動するべきか。
 それとも『するべき』という正解はないのか。
 現代でもありえる情の板挟みに、そういうことが印象に残った一冊だった。

【収録作品】
 白い猫、密通浪人、浮寝鳥、十番斬り、同門の酒、逃げる人、罪ほろぼし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハズレなし

2007/03/09 00:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シリーズも後期の短編集.

 小兵衛の姿,凄絶な「白猫」
 時間の経過を知覚しない達人.勝ち負けすらも意識されない.鍛え抜かれた感能が命ずるままに,剣を揮うのみ.
「なまじ,腕に自身のない浪人たちは,寺子屋を開いて子供達に読み書きを教えたり,町人に混じって働いたりするのだけれども,暴力に自信がある連中は仲間を集めて,やぶれかぶれの悪事に走る」
 「逃げたり隠れたりしている時間の感覚は,平常のそれよりも大きく狂ってしまう」の例として,筆者自身を持ち出してくる意外性.

 残念ながら,「密通浪人」はプロットを凝り過ぎ,散漫.
「酒をひっかける店に,どうして名前がいるのだ.ふざけるねえ」
 障子紙のような顔色.

 物悲しいトーンの「浮寝島」
「びっくりするほどかわってしまうわえ」「なれど,変わったようでいて変らぬところもある」
「いまどきの侍どもの知恵は,そんなものじゃ」

 村松の死闘が印象に残る「十番斬り」
 衣類から露出した急所を斬り割ることで,刀を痛めず,深く斬らなくても相手を絶命させることができる裏技.
 村松の最後の言葉.

 伏線なのかどうかきわどい「同門の酒」
@わかりもせぬことを考えるな」「おのれの一剣をもって生きよ.さすれば何事も解けざるものなしと,辻平右衛門先生も申されたではないか」
 5升の酒.

 ビター・テイストな「逃げる人」
 殺人犯への制裁の意味もある「かたき討ち」

 爽やかな冒険譚「罪ほろぼし」
 弓の連射の技術.
「こんな寒がりの剣術つかいを,はじめて見ましたよう」

 大きなハズレはなし.
 読め.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/10 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 15:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/16 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/01 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/24 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/01 07:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/02 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/18 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/10 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る