サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-041027-5
文庫

紙の本

きみの血を (ハヤカワ文庫 NV)

著者 シオドア・スタージョン (著),山本 光伸 (訳)

きみの血を (ハヤカワ文庫 NV)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

吸血鬼モノの傑作古典

2004/12/29 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

シオドアスタージョンは、知る人ぞ知る有名作家です。一時期ほとんど書店で見ない時期があって、見つけたときはあとがきの評論家風間賢二さんが言うように、狂喜乱舞しました。

というのは、僕は吸血鬼モノが好きでいろいろ読んでいるのですが、この作品はヴァンパイアものの古典と呼ばれており、「読まなくては!」という使命感があったにもかかわらず、なかなか見つからなかったからです。スタージョンは、ネームヴァリューは凄い割にはなかなか本を見ない不思議な作家です。ただこの作品を読むと、その理由はよくわかります。

というのは、スティーブンキングのようなモダンホラーとも、ブラムストーカーからのヴァンパイアモノの古典とも、もしくはサイコスリラー等等いろいろないわれ方をします。が、実際にはカテゴライズつまり分類するのが非常に困難な作品です。つまり、人に紹介するのが難しい。だから、「どんな作品ですか?」と質問されると、説明するのが難しい。しかも厄介なことに、僕は読んでいて話が終盤になるまで、意味が分からなかった。そして終盤で、話の構造が読めてきた時点で、電撃が落ちたように「おおっ、これは傑作だ」と感じたんです。だから、どういう分類かも分からない、しかも序盤は話の内容がよくわからない小説を、読み進めないと「あの感動」にたどり着けないのです。難しい作品ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すっげぇクール!です。

2004/02/03 23:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやあもう、困るね、こういう洗練された作品読んじゃうと。困る困る。めっぽう面白くて、なおかつ、その面白さを他人に伝えようとするとネタバレになってしまう、というのも困る一因なのだが、それ以上に、この作品が非常にユニークな存在であり、作品の存在自体が、ジャンルとかカテゴライズとかをキャンセルしまくっているから、非常に説明がしづらい、というのもある。
 このあたりの老練さは、流石にスタージョンってところですか。

 サイコ・ホラー? まあ、その要素もあるけど。
 吸血鬼物? 間違いではないはな。
 ミステリ? 謎解きは、あります。
 入り組んだ構成の現代小説? そういう側面もある。

 そして、そのどれとも微妙に違う、という感触もあるんだよなあ。
 ページ数の半分以上を占める、「ジョージ・スミスの回想録」は、一見地味で起伏がない半生記のように読めるんだけど、前後の挿入される「精神科医」と「大佐」の書簡とかから、なぜその「回想録」が書かれることになったのか、実際に書いているの人は誰なのか、その「回想録」にある「欠落」とはなにか? とかいった情報が行間にじわじわと沁みてきて、「ジョージ・スミス」という人間のそれまで見えなかった「実像」が徐々に明らかにされていく様子とか、このあたりの「暗示/明示」の匙加減といったら、もう、「メチャ巧!」の一言に尽きる。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古き懐かしき吸血譚

2003/01/23 18:57

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんだぬき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 書店で見かけて思わず「懐かしーいっ」と叫んでしまった。
 作者の名前も懐かしければ、作品のタイトルも懐かしい!
 「きみの血を」は古典的な名作だと思う。
 今、改めて読み返すと、非常に先駆的なサイコ小説だったのだと
実感した。タイトルが生きてくるのは、ラストに至ってからだ。
それまでは、「何が吸血?」と思う方も多いに違いない。
 しかし、複数の視点から、語りかけや筆記体といった様々な手法を用いて
構成されており、それだけでも技巧が光っている。加えて素晴らしい
のは、淡々と描かれる主人公の生い立ちだ。何気ない、味気ない彼の
一生。が、徐々に徐々に、じわりと不快感が広がっていく。
 この奇妙な不快感は一体なんなのか?
 いかにもスタージョンらしい、理性的な文章の中に、見え隠れする
狂気の影。死ぬほど怖い、というものではない。だが生理的にいやーな
何とも言えない感覚が、内側からじんわりとわき起こってくる。
 吸血鬼ものというと、「カーミラ」のようにエロテッィクだったり、
「夜明けのヴァンパイア」のように華やかで麗しかったり、どうにも
美形のイメージが強いのだが、この作品に至ってはまるで違う。
 無骨で泥臭く、ゴツゴツしている。それでいて、何故か妙にリアリティに
あふれている。
 そこが、またいい。
 スタージョンの他の作品も読み返したくなってしまった。
 今宵は大好きだった「人間以上」その他、彼の作品を読み返すとしよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/22 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/03 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/28 11:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/08 14:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/22 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/27 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/26 09:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/17 06:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/31 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/26 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/18 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。