サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 講談社の通販
  6. 講談社+α新書の通販
  7. 北京大学超エリートたちの日本論 衝撃の「歴史認識」の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北京大学超エリートたちの日本論 衝撃の「歴史認識」(講談社+α新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社+α新書
  • サイズ:18cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-272176-7
  • 国内送料無料
新書

紙の本

北京大学超エリートたちの日本論 衝撃の「歴史認識」 (講談社+α新書)

著者 工藤 俊一 (著)

北京大学超エリートたちの日本論 衝撃の「歴史認識」 (講談社+α新書)

950(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

日本と中国の間には深くて暗い溝が横たわっている。

2003/04/16 22:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読み進んでいくと、ただただ北京政府に対する憤りで一杯になった。
 表面上は日中友好と満面の笑みを浮かべながら、本音の部分では国民に対して反日感情を高める政策をとっていれば相互不信が続くのも致し方ないと思った。共産主義で国家を統一し、更に多民族からなる国を一つにする手段として日本を敵国扱いするのは北京政府の大きな政策ミスであると思える。「支那」は蔑称であると抗議しながら、「日本鬼子」と日本人を蔑称で呼ぶ姿は中華思想のなにものでもない。
 反面、多くの日本人が懐古趣味で郷愁を中国に求めるだけで、財界もマスコミもいまだに日清戦争後の感覚で中国と接してしるのではないかと懸念される。正しい歴史認識が相互の国に必要であると考える。

 日中双方が相互理解を進めなければ、掛け声だけの日中友好で終わる危険性を示唆してくれた内容だった。
 特に、中国からの留学生に対する援助を日本政府は真剣に考えなければ、益々日中関係は悪化するばかりである。ばらまきのODAを今一度見直して、インドネシアの戦時賠償留学生のように日本政府の資金で留学生を支援できないものかと思う。今の北京政府に対する嫌悪感を抱いていたが、著者のような方が水面下で努力されているのを読んで、嫌うばかりではなく理解しようと思った。
 流石に東亜同文書院の思想は高いなと感じいった。

 北京政府よりのマスコミ報道ばかりが目につくなか、極めて公平に日中双方を著者は捉えておられると思った。著者の経歴から、恐る恐るページをめくり、高い城壁のような抵抗感を持っていたが、読後にはもろくも城壁は崩れ去っていた。
 もう一度、中国語を勉強し直してみようかと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/27 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/16 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/19 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/04 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む