サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人形
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/247p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-457701-4
  • 国内送料無料

紙の本

人形

著者 佐藤 ラギ (著)

【ホラーサスペンス大賞(第3回)】謎の男娼、その名は「ギニョル」。平凡な中年男だったはずの「私」の中の何かを壊した。甘美な嗜虐と官能の日々。しかし、「邪悪ナル世界」に本当...

もっと見る

人形

1,620(税込)

ポイント :15pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ホラーサスペンス大賞(第3回)】謎の男娼、その名は「ギニョル」。平凡な中年男だったはずの「私」の中の何かを壊した。甘美な嗜虐と官能の日々。しかし、「邪悪ナル世界」に本当に監禁されたのは、実は私だった…。ホラーサスペンス大賞受賞作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

佐藤 ラギ

略歴
〈佐藤ラギ〉1968年東京都生まれ。「人形」で第三回ホラーサスペンス大賞を受賞。マレーシア在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

面白いよーっ!!!!

2003/02/12 09:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユリ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私はSM・スカトロ・部位切断・束縛・監禁といったどんなにアブノーマルなプレイであろうと本人達が心から楽しんでいるんであれば否定はしないが私自身がそれを観賞する趣味はない。だから「きっとダメね、こんなグロそうな作品読めないわさようなら」と思って全然さよならせずに主人公が脱サラSM作家だと聞いて躊躇いもなく1,500円でお買い上げ。読書中もさよならする気になれず結局3時間で読了。やってることはエグイのだが著者に文章力がない訳ではないのにそれを感じさせない。というのも“ギニョル”を見てると自分の中のサディスティックな部分が疼く心理を巧く表現出来ているのだ。ラストでギニョルが自分の指を自ら切り落とすシーンがあるが「本人が嫌がってないからいいんじゃない?」と思ったりした。帯で大沢在昌氏が評している通り知らず知らずこの世界に引き込まれていく。皆さんも如何?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目を背けたくなるけれどもはまってしまう、邪悪ナル世界。

2003/02/14 17:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:むつきジン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 脱サラSM作家がゲイバーで知り合った男から紹介された男娼「ギニョル」。その名のとおり人形のように表情の無い彼の体にはおぞましいほどの暴行の痕跡が残されていた。最初は興味本位で近づいた主人公もやがてギニョルの尻に刻印された呪文どおり、「邪悪ナル世界」に引き込まれていき、彼から逃れられなくなっていく。
 嗜虐、SM、「邪悪ナル世界」、と、なんともおどろおどろしいキャッチコピーがつく本作。確かにギニョルに対して行われる数々の暴行シーンには眼を顰めてしまう。若干リアリティというか迫力に欠けると思うが、それはギニョルの性格のせいかも知れない。本作は登場するキャラクターの内面描写は非常にうまく出来ていて、読者を飽きさせることが無い。それどころか読み進むにしたがって思わずこちらの嗜虐性を煽ってくる。あらすじから行くと官能小説に分類されがちであるが、結末一つとっても非常に高レベルなホラー小説であるといえよう。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嗜虐と被虐の美学

2005/10/10 08:57

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu-I - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、ギニョルの造形が秀逸だ。このキャラクターを生み出した時点で、本作品の成功はある程度決まっていたと言って良いと思う。
SM小説家を生業としながらも現実ではごく平凡な中年の男が、偶然人形—ギニョルと呼ばれる男娼の存在を知ったところから物語ははじまる。その後実際に男はギニョルに出会うこととなるのだが、
彼は全身をむごたらしい傷におおわれた、凄惨な身体をしていた。何も語らないギニョルに男はなぜか嗜虐の欲をかき立てられ、そのまま彼を監禁することに…。
男娼を監禁するというエロティックな設定でありながら、官能的なシーンはほとんど存在しない。そのかわり暴力や虐待がえんえんと続く。しかし彼らがSMに興じているのかと言えば、そうとも言い切れない。その点が、ギニョルというキャラクターと密接に関係しているのだ。
ギニョルは人形だ。身に振りかかる暴力を拒もうともしなければ、悦ぶわけでもない。ただ本当に人形のように、痛めつけられるがままになっているのだ。
このキャラクターに加えて、痛めつける側である男の一人称小説のため痛みの描写がないこと、行為もただ行為としてのみ淡々と描かれていることなどにより、内容の残虐さのわりにはさらりと読める。
ただしラストのあの、鋏を用いたあのシーンに至っては、さすがにちょっと目をそむけたくなってしまったが。
長編だが、監禁という設定上動きの少ない作品だ。場所がめまぐるしく移り変わるわけでもなければ、登場人物もごく少ない。全編が嗜虐と被虐の美学で貫かれており、一つの色で統一されている感が
ある。それでも刺激的すぎるほど刺激的なシーンの連続のため、ページをめくる手はとまらない。
くわえてこれもギニョルというキャラクターの魅力なのだが、黙りこむかと思えば饒舌、生意気な口を叩いたかと思えば無邪気だったりと目が離せないところがある。
また全体的にはすこぶる残虐な小説であるのだが、随所に救いは残されている。以下の台詞がその“救い”の部分を象徴していると思われるので引用する。
「ああ。終わると何だか後悔するんだけどね。ひどいことしちゃったなあ。起きたら優しく撫でてやって、甘いものでも喰わせてやって、なんか喜ぶようなこと、してやらなきゃなあって思うんだけどね……」
主人公はギニョルを常に可哀想だと思っているのだ。
それでも虐待を加えてしまう、加えさせてしまうのがギニョルという存在なのだが…。
このような人間的な優しさの部分に救われながらであるからこそ、読みすすめることができるのだと思う。
しかし最後に辿りつくところは?ギニョルの正体は?彼の望むものは?
怖るべき驚愕の事実、それは、その目で確かめてみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

このね、カバーの人形が怖いんだよ。今なら、北の丸にある近美の工芸館で、同じ作家の作品を見ることができる。そのときは、この本を片手にね、怖いよ

2003/05/11 18:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本については、もう少し先になって触れるつもりだった。その予定を変えさせたのが北の丸にある国立近代美術館の工芸館で開かれている「今日の人形芸術 想念の造形」展。今月の18日(2003/5/18)までだから、興味のある人は行ってほしいけれど、その最後の部屋に四谷シモンの「機械仕掛けの少女2」やイジー・バレシュ「カテジーナ」とともに、この本のカバーを飾る吉田良の人形が四体ほど展示されている。この最後のコーナー自身、かなり異様な雰囲気だけれど、やはり群を抜くのが吉田の作品。私が恐れる人形、それはシモンの性的なものでも、バレシュの民族色豊かな、それでいてグロテスクに近いものでもなく、吉田の人形なのだ。かれの作品が横たわるカバーが恐怖を煽る本、それがこれ。 

猪俣泰造は変態小説作家として生計を立てているけれど、数年前までは普通の会社員。ごく当たり前の結婚生活を送っていた。5歳になる息子もいたけれど、彼の唯一の楽しみは、家族に内緒で借りたアジトで淫らな小説を書くこと。それが妻にばれて離婚、彼は作家として生きていくことに。そんな泰造が通うのは、美しい少年たちが集まる店。そこで少年たちから嫌われている男が、雨で客の少ない店に入ってきた泰造に声をかけてきた。「ギニョルと呼ばれる少年を知らないか、知らなければ会わせてやる」。案内された神社のような場所、賽銭箱のそばに蹲るのは痛めつけられ、傷ついた少年だった。彼がギニョルだ、言って男は去っていく。

ホームレスで、誰とでも無料で付き合うという、どこかヨーロッパ人の血が入ったような少年の傷だらけの体を安宿で見た泰三は、彼のことを忘れられず、少年を探し求め、痛めつけられた彼を自分のアトリエに匿うことに。そこから、猪俣の仕事仲間の坂内克彦という若手のカメラマンが絡んできて、話は日本から世界へと広がりを見せていく。ネットビジネス、被虐、監禁といった現代ならではの事象を取り込みながら、話は夢のある展開をして、一体、いつホラーに変身を遂げるのだろうと、読者を惹き込んでいく。

ホラー小説だと思って読むと、あれって思うかもしれない。人間心理の奥底にあるものこそが恐怖さ、と知ったかぶりをすることは出来るけれど、例えば舞城王太郎『九十九十九』や田口ランディ『モザイク』を読んだ読者にとっては、異常心理というほど強烈な印象を与えない。これならば桐野夏生が描く女探偵ミロの心の闇の方が、もっと深いのではないか、などといらぬことまで考えてしまう。

むしろ、S&M心理をあっさり書く本、としたほうがよっぽど分かりやすくて、ではそれが何故ホラーかというと、正直私には分からない。ただし、面白くない本かと言えば、決してそんなことはない。もしこれに江戸川乱歩のようなねとっと絡みつくような文体があったら、もっともっと印象深い本になったのだろうなあ、とは思う。

作者は1968年生、マレーシア在住。カバーに関する注について一言。装画 吉田良と書いてあるが、これは無いだろう。装画と、はっきり書いてあるのに、出版社を疑うようで申し訳ないが、どうみても人形の写真。これだけの細密描写が出来るとしたら、吉田こそホラーの主人公だろう。オブジェの製作者、あるいは写真撮影者の間違えではないのだろうか。クレストブックで、例えばオブジェを使った時は、必ず彫刻、とかスカルプチャと明記している出版社なのだ。もし人形の写真ならば、今後はそう明記して欲しい。

で、私の感想。やっぱり、一番怖いのはカバーの吉田良の人形。嘘だと思ったら、竹橋の近代工芸館に足を運ぶことを勧める。カバーの作品そのものではないけれど、吉田の仕事がよくわかる。平日に行って、ちょっと休憩コーナーで、この本を読んだら、もしかすると人生変わるかもしれない。コワイヨ、こわいよ、怖いよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/01/24 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐藤 ラギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この話では、誰も死なない。誰もあなたを追いかけてはこない。
そのせいか、『ホラー・サスペンス大賞』の選考会では、「異色ホラー」と評された。
 主人公は脱サラSM小説家、猪俣。作品ではグロな嗜虐シーンを描くが、創作と現実の間には、確固とした壁があると信じていた。
 だが「人形(ギニョル)」と呼ばれる男娼に出会ったことで、その壁は脆くも崩れ去る。
様々な残虐の痕跡をとどめたギニョルの白い身体に欲情した猪俣は、仲間を誘って簡単に一線を越え、ただならぬ世界に迷い込む。
 外界で起こる猟奇事件ではなく、自分の心のなかに棲む猟奇。猟奇は手招きをしてあなたを誘う。それはじゅうぶんにホラーであり、サスペンスな光景だ。
 心配は要らない。本を閉じればあなたはすぐ「こちらの世界」に帰ってこられる。
猪俣とともに「あちらの世界」を彷徨い、異常なる世界の恐怖と快楽を存分に味わって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/05 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/24 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/11 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/05 04:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/14 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/16 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/06 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/31 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/27 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/07 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る