サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

プリズム(創元推理文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 164件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-42502-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

プリズム (創元推理文庫)

著者 貫井 徳郎 (著)

プリズム (創元推理文庫)

756(税込)

プリズム

540 (税込)

プリズム

ポイント :5pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー164件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

ミステリーファンだけに読ませておくにはもったいない

2003/06/09 23:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 創元推理文庫の図書目録には、表題の横に一回り小さな文字で〈本格〉〈ミステリー〉〈倒叙推理〉などといった分類が付されている。どうやらミステリーファンには重要な記号のようだ。その記号がよく分からないがために、自分が中途半端なミステリー読みでしかないことを思い知らされて、少し不快でもある。それでもミステリーを手に取ってしまうのは、本書のような作品に出会えるからだ。

 ある小学校の女性教師の死を巡る推理小説である。自殺か、他殺か? 他殺であれば真犯人は誰であり、その動機は何か? といった問いをもって私のようなミステリ初心者は読み進める。しかし、本書はその問いに対して直線の物語で答えるわけではない。語り手と文体そのものも変えて、それぞれのやり方での真相の探求がおこなわれていく。

 そこで明らかになるのは、実は「真相」ではなく、亡くなった女性教師とその語り手との関係である。そして、その関係にもとづいて多様な物語が紡がれていく。このことをもって、「所詮人間は真相には近づけないのだ」「自らの見識の範囲でしか頭が働かないのだ」と思うのか、それとも「いかに人間の想像力は多様であるのか」と感じるのかは、読み手の自由である。もし、後者のように感じるのであれば、その人は「物語ファン」である。

 ミステリーはミステリーファンのためだけのものではなく、私のような物語ファンのものであって欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/22 10:15

投稿元:ブクログ

一番最初に読んだ「修羅の終わり」が、なんだかなぁ・・・な感想だったので、その後の読んだ「慟哭」そしてこの「プリズム」も色眼鏡な感じで読むことになってしまった。「修羅の終わり」を読まなければ、この2作品もより面白く読めたかも(なんちゅー感想だ)。

で、この作品。一つの殺人事件に対し四つの視点から事件を推理しています。そして、その四つの推論の結果はそれぞれの結果によって崩されます。それをどう解釈して自分なりの結論に作り上げるかは、読者次第?!

2004/11/02 14:27

投稿元:ブクログ

小学校の女性教師が殺されちゃいまして、生徒やらお友達やら
いろーーーんな方々が推理するです。お話しがループのような感じがすてき。
犯人がどうしても知りたい方には、お勧め不可なお話しでございます。

2006/06/02 11:01

投稿元:ブクログ

まず「プリズム」と言う題は、なかなか素晴らしい命名だと感じました。

推理小説では、最後には犯人が確定すると言うのが決まりのような感じを漠然と思っていますが、その結末は作者の意図した結末と言うことで、重要なのは途中経過で、結末ではないと言うことを示した作品です。

もうひとつの要素は、人間と言うのは普通は一筋縄ではいかないくらいに、多面的な面をもっているのでしょうけど、推理小説に登場する人たちは、二面性くらいはあるとしても、それも、犯罪を隠すための犯人のポーズであったり、被害者の意外な面を示すことで、推理が意外な方向に飛ぶことが目的であることが多いでしょう。

しかし、この作品では、本当に万華鏡のようにくるくる変ります。

明るく生徒にも人気のあった山浦先生が殺されます。この本は、4章からなる構成ですが、それぞれの章は、「教え子」「同僚」「元恋人」「不倫相手」の4人の視点で書かれています。その視点の違いが、人間の多面性をかなり際立てています。

それで結末は、、、それは、なんていったらいいのだろう。こうした内容も面白いです。解説にも書かれているように、「毒入りチョコレート事件」など複数推理を楽しむものがあります。また結末は、東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」「私が彼を殺した」などを思い出すような感じでした。

2004/12/26 11:13

投稿元:ブクログ

探偵役は一人で事件のヒントを集めて解決するのではなく、同じ事件を別の立場の人間が考えて別の結論を出す。最後まで読んで結論がわかってあーすっきり!という訳にはいかないので、事件解決してめでたしめでたしというエンディングは期待できないけど、それぞれの探偵役が推理を展開していく過程は面白い。

2005/02/24 12:12

投稿元:ブクログ

最初小学生の視点から見た事件とその(一応の)解決を見せた後その「犯人」が探偵役を務めると言う方法で読者を驚かす。まあこれが最後まで続くんだけど最後は小学生が犯人なのではないかと言うところでまとまる。きれいに円になっちゃうわけです。「毒入りチョコレート事件」とはまた違った面白さがある。髪の視点がないことで被害者が見る人によって印象が全く変わると言う点も面白かった。論理展開もしっかりしてるし、かなりの良作だと思う。

2006/06/25 20:49

投稿元:ブクログ

 読み始めの第1章では、ジュブナイルの雰囲気で、作者が路線変更でもはかっているのか、と疑いたくなった。しかし、その子どもの視点が出発点になっているからこそ、読み終わったときに、本書の構成の巧妙さと、事件の真相の衝撃が際立って見えるのだと思う。本書に関しては、賛否両論あるようだけれど、私は素直に楽しめた。

2006/05/13 16:46

投稿元:ブクログ

4人の視点を持って、殺された女性教師の犯人を追う。それぞれの推理が覆されるのは小気味良いが、はっきりしないラストにがっかり。文体もあまり好きではなかった。

2006/01/25 22:49

投稿元:ブクログ

小学校の女性教師"ミツコ先生"が、自宅で死体となって発見された。
死因はアンティーク時計による頭部打撲。
事故の可能性も有ったが、部屋には、他殺を示唆するような材料も。
ガラス切りで開けられた窓、そして、テーブルの上には、睡眠薬入りのチョコレート。
果たして、ミツコ先生の死は、事故なのか、殺人なのか?
そして、犯人は? 事件の真相は!?

"『慟哭』の作者が本格ミステリの極限に挑んだ衝撃の問題作。"
…確かに、ある意味、問題作ですよ。
だって、結局のところ、犯人が誰なのか、分からないんだものっ!!<えー!?
おかげで、何度も読み返しちゃいましたよ(苦笑)。
しかも、衝撃の展開。
あっさり解決しちゃって、納得も出来るし。<…とか思ったのが大間違い(笑)。
最後に示される真犯人には、「…まさか!!(それは無い)」と思いつつも、背筋が寒くなりました。
いや、彼らが、真犯人だとは思いませんけどね。
"なぜ、担任の先生が亡くなっても動揺しないのか。なぜ、悲しみや驚きを見せないのか。それは誰が犯人なのか知っているからではないか。"
それは、Scene1の結論からすると、彼らの中では、桜井先生が真犯人だって事で、落ち着いているからで。
更に、南条が、無実の罪で陥れられても、心が痛まないからって事ですよね。
面白いけど、私には不向きな1冊だったかも(苦笑)。<でも、好き。

2006/03/07 01:06

投稿元:ブクログ

慟哭の次に読んだ貫井作品。事件の犯人が曖昧なラストに賛否両論あるみたいですが、ワシは好きですねー。物事を見る立場からすれば、色々な見え方がある訳で、色んな人の推理や関係が入り乱れるさまは面白かったなー!

2007/12/10 23:13

投稿元:ブクログ

このトリック?は初見だった
先は読めてはいたんだが…、そんなラストか…
事件と関係なく後口悪い、でも面白いことは面白い
この作者は本当に多才だ

2012/10/14 10:49

投稿元:ブクログ

好き嫌いが分かれる作品だと思いますが、題名である「プリズム」の意味と「毒入りチョコレート事件」と聞いて「ビビビっ!」と来る人であれば、ぜひ本書を購入して「毒チョコ」との違いを楽しんで欲しい。

2009/02/24 19:32

投稿元:ブクログ

一つの殺人事件に対しての4つの推理で成り立っています。
前の章で容疑者となった人が、次の章では推理する側に。
それぞれの章のタイトルも面白かったです。

結局、物事は、受け取る人それぞれによって
プリズムのように色を変えると言う事が主題なのかな?
この構成は面白かったと思うのですが、どの推理も
穴が開いてるみたいで説得力が無いように思いました。

2007/03/13 16:02

投稿元:ブクログ

【2005.03.29.Tue】
ある小学校の女性教師が遺体で発見された。彼女を取り巻く人々はそれぞれにショックを受けながら、自らの推理で犯人を導き出そうとする。それが、生徒の一人であった小宮山真司。彼はクラスメイトとともに謎を解いてゆき、結論に至る。その犯人は同僚の桜井。そして次の章ではその桜井が謎を解く。というように、順番に4人の人物がバトンタッチ形式で謎解きをしてゆくのだ。それが真実かはわからない。ひとつの殺人によって導き出せる答えは必ずしもひとつではないことがわかる。とても面白い構成だと思う。ミステリーの原点を覆すかのような、また少しもやもやが残る感じが、読者を惹きつけているように思う。

2006/05/11 18:29

投稿元:ブクログ

結末がない小説。
読み終わった後、少しモヤモヤしてしまうけれど。
一つの殺人事件をきっかけに、4つのパターンから真犯人を探していくという話。
1人の人に対する人物像の見方が、こんなにも関わる人で違うものかと思った。
でも、それこそが「プリズム」なのかもしれない。

最後の可能性は、思いつかないくらい驚きだった。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る