サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤×ピンク(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-1283-6
文庫

紙の本

赤×ピンク (ファミ通文庫)

著者 桜庭 一樹 (著)

赤×ピンク (ファミ通文庫)

691(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まだまだ少女、というには歳を重ねすぎた私だけど。

2010/02/22 15:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜庭一樹は少女の代弁者である、というのがどこか定着している。
けして少女だけを扱ってきたわけでもなく、本策も登場するのはgirlというよりはlady・・・恋愛も友情も肉親も、下層から上層まで幅広く舞台に構える桜庭作品、それでもなお少女の視点が失われないのは、女そのものが純粋に危うく揺れる少女という幻想を持ち続ける生き物だからかもしれない。
少女は憧れ焦がれる生きた結晶だ。
簡単に壊れ容易く揺れ動き、すんなり憧れた色に染まってしまう、大人に憧れつつ全力で拒否する矛盾そのもの。
それでも人は色々なものを失って大人になっていく・・・だからこそ「何か」を喪失進行中の少女は必死に「何か」に憧れ、縋りつき、ソレを探し続ける。
そして、本作品の少女達のその「何か」は彼女らの居場所そのものなのだろう。

深夜、廃校で行われる違法のガールファイティングマッチ。怖れつつも出られずにいた「檻」から世界に逃げ出したまゆ、愛されるように演じ続ける自分を捨てて格闘の中に己の世界を見つけたミーコ、「女」を拒絶し「家」から逃げ、ようやく一人の女を愛し初めて自分と向き合えた皐月。
設定も舞台もフツーではない、登場する彼女達もフツーとはとてもいえない。
彼女らの心の動きにも結末にも納得いくか?と問われれば正直YESとは言い切れないが、それでもどこか共感し、何の不思議も感じないのは、彼女らの発するピンク色した結晶の光が私の中にもまだ流れているからかもしれない。理屈ではなく感覚的だがこれ以上無いくらいハッキリ肯ける一つの答え。
彼女らが格闘技の中にソレを見出したように、私にはソレが感じ取れる。そのことに何か嬉しくて、どこか安堵する。

いつか著者もこの感覚を忘れていくのかもしれない。こうした少女のリアルさを表現できなくなるのだろう。
そして私もいつか、今このとき感じているようなピンク色の感情をなくしていくのかもしれない。そしてどうしてあの時この作品にあんなに共感できたのだろう?とこぼすことになるのだろう。
だから、今この感想を、共感を、伝えたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/21 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/14 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/06 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/10 15:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/01 02:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/22 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/26 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/04 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/10 14:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 10:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/22 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/05 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/15 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/25 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る