サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

呪い亀
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03598-6

紙の本

呪い亀 (ミステリー・リーグ)

著者 霞 流一 (著)

亀の剝製の上に死体、走り回る老人、燃える亀の密室…。不可解状況の混沌からあぶり出された「真実」は「ひっくりかえる」のか! 全編カメづくしの直球ど真ん中の本格ミステリー。【...

もっと見る

呪い亀 (ミステリー・リーグ)

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

亀の剝製の上に死体、走り回る老人、燃える亀の密室…。不可解状況の混沌からあぶり出された「真実」は「ひっくりかえる」のか! 全編カメづくしの直球ど真ん中の本格ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

霞 流一

略歴
〈霞流一〉1959年岡山県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。「おなじ墓のムジナ」で第14回横溝正史賞佳作を受賞。著書に「ミステリークラブ」「首断ち六地蔵」「デッド・ロブスター」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

カメ、かめ、亀、の密室ミステリ。

2003/04/10 00:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:山村まひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バカミスキング。今度は亀、かめ、カメずくし。
 息子はタイトルを見ただけで、爆笑してました(^^;)。「のろいカメ〜!?」って(^^;)。

 ********************************

 紅門福助、42歳、独身、好きな食べ物は納豆チゲ。私立探偵。

 映画フリークの旅館の主が町に新しい映画館をオープンすることになり、1週間後に記念イベントを控えているというのに、町には不吉なイヤガラセが続発。
 イベントのメインゲストとなる俳優の越森は「縁起がいい」ことで有名なので、不吉なイベントには参加させられない、というマネージャーの言葉を受け、福助に調査依頼が来たのだが…調査を開始して間もなく、ついに恐れていた事態が!
 なんと、今度は殺人事件が! しかも、死体はウミガメの剥製の上にまたがらせられ、そのまわりには鼈甲細工まで並べられる始末。
 さらには正体不明の走るじいさん。老人とは思われないほどの速度で夜の町を走り去るこの謎のじいさんの正体は!?

 **********************************

 あいかわらず、怪しげなキャラクターがいっぱい出てくるわ、ダジャレは連発するわ、バカミスの王道を突き進んでます。
 でも、一応、きちんと「密室」モノ!
「密室」と聞くと胸が騒ぐゼ! って方は、必読。
 バカミスだけどね、この世界観の中ではちゃんとスジが通ってるのよ、これでも。
 探偵・紅門福助が全員を集めて「さて」と謎解きするところは、ミステリーの王道だよね! 消去法で犯人に迫ってゆくシーンなんか、なかなかよろしいですよ。
 面白かった〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ノリノリの(ブラック)ユーモアミステリ

2003/06/14 10:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 毎度おなじみの、紅門シリーズ。このシリーズは毎回なにかしら連続殺人に動物が絡んでいるが、今回のテーマは亀。「一富士シネマ館」オープン直前に、町内でばらまかれる不吉アイテムの謎を解くため、紅門がやとわれる。しかし、紅門のゆくところ、次々に死体が転がり出るのであった!
 ライトなノリだが雪の密室からの消失、昔話の見立て殺人とサーヴィスたっぷりの本格。主役の探偵の人をくった態度がなぜか魅力となって、ふざけているのに憎めない。魔夜峰央の諸作とも通じる雰囲気(豊富な知識に裏打ちされた、ハイブロウなギャグとしょーもないお下劣ギャグとの絶妙なブレンド)があり、不思議とクセになる読み味である。本作はシリーズ中でも有数のグロテスク度を誇る展開となっているが、それでもユーモアはたっぷり。あとがきまでがノリノリでグッドである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/16 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/30 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/24 10:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る