サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライプニッツ なぜ私は世界にひとりしかいないのか(シリーズ・哲学のエッセンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

ライプニッツ なぜ私は世界にひとりしかいないのか (シリーズ・哲学のエッセンス)

著者 山内 志朗 (著)

世の中に、まったく同じ2枚の葉は存在しない。では、「唯一」とはどういうことか。天才ライプニッツの思想を「自分」という謎を手がかりに解き明かす。【「TRC MARC」の商品...

もっと見る

ライプニッツ なぜ私は世界にひとりしかいないのか (シリーズ・哲学のエッセンス)

1,080(税込)

ポイント :10pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

シリーズ哲学のエッセンス 24巻セット

  • 税込価格:25,920240pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世の中に、まったく同じ2枚の葉は存在しない。では、「唯一」とはどういうことか。天才ライプニッツの思想を「自分」という謎を手がかりに解き明かす。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

希薄なリアリティの中で喘いでいる孤独なモナド

2003/03/08 20:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 ライプニッツは当時発明されたばかりの顕微鏡を覗き、池の水の中にたくさんのプランクトンが泳いでいるのを知って、「宇宙は生命に満ちあふれている」と感動した。モナド(この世に一つしかない「単純な実体」)の概念はこの体験から生まれたもので、イメージとしては「細胞」に近いと山内氏はいう。「モナドという考え方は、おそらく身の回りの無機物にも生命を見いだそうとする発想、つまり生気に満ちた世界観から生まれた」。「モナドは、その本性が力であって、手応えがあり、直接的で、リアルで、生気に満ちた世界の見方から生まれたはずだ」。

 それなのに、と山内氏は続ける。「予定調和説になると、夢見がちで、間接的で、観念論的な世界に陥ってしまう」。ライプニッツのモナド論的世界観の「特異な特徴」は、「モナドは窓を持たず、他のモナドに観念的な作用しか及ぼさないが、実在的な絆がある」とする点にある。たとえば、「ヨーロッパにいる妻が亡くなった場合、インドにいる夫は男やもめになるが、その際、彼には実在的変化が生じる」とライプニッツはいう。「実在的変化」とは「リアルな変化」ということだが、これは「不思議な考え方」だ。ライプニッツの持っていたリアリティの感覚は現代の常識人とは異なっている。「私は、時々ライプニッツは希薄なリアリティの中で喘いでいる孤独なモナドなのではないかと思ってみたりする」。

 モナドの「直接的で、リアルで、生気に満ちた世界」と、モナド相互の実在的な絆(予定調和)がもたらす「夢見がちで、間接的で、観念論的な世界」との齟齬。この二つの世界を結びつけるために、山内氏が導入したのが「濃度=強度」の考え方であり、モナドを〈自分〉(「実存的不安」に震える私)のことだとする視点であった。

 モナド相互の実在的絆とは、無限なる宇宙がモナドの襞の中に「渾然と」与えられ、その宇宙が「地平」として存在していることだ。その地平には「寄せては返す波のような、濃淡のきらめき」がある。そして〈自分〉は、地平の中心部の「最も際立った濃度のところ」に現れる。では〈自分〉とはどういうものか。ライプニッツによれば、それは自覚・反省作用、すなわち〈自分〉で〈自分〉を考えるということであり、「さらに〈自分〉を世界にただひとりしかいないものとして見いだすことだ」。

 希薄なリアリティの中で喘いでいる〈自分〉(孤独なモナド)の唯一性とは何か。それは、時空規定の唯一性によって条件づけられるもの(フジツボの唯一性)とは別の種類の唯一性である。すなわち〈今・ここ〉に存在することの「偶然性」を基礎として、そこから形成される唯一性のことである。

 偶然性とは「反対が可能なこと」であって、現実とは生まれざる無数の可能なものから生じてくる。だから〈自分〉の唯一性を問うことは、事実の次元(そこでは既に偶然性、同一性、唯一性が与えられている)を支える「根拠」への問いにほかならない。

《「なぜ私は世界にひとりしかいないのか」を問うとき、この〈自分〉は、世界に埋没して存在するのではなく、唯一性を反省する限りで、その唯一性が意味を持つような存在者としてある。(略)簡単に言ってしまえば、「なぜ私は世界にひとりしかいないのか」という問いの答えは、その問いを行っていることそのものなのである。》

 こうして山内氏は、モナドの概念、予定調和説とともにライプニッツ哲学の三本柱をなす最善説の読みかえを行ってみせた。それは、答えのない哲学の問い(謎)を生きること、すなわち自由であることの実質を表現するぎりぎりの思想だったのである。《〈謎〉は〈謎〉のままであり続けるべきだ。〈自分〉が〈謎〉ではなく、〈謎〉が解明されてしまうのは、〈謎〉を問う人間が存在しなくなったときである。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/09 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/18 20:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/26 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/17 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/14 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/02 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/10 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む