サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

翔泳社祭2019 全品ポイント10倍 ~4/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

霊玉伝(ハヤカワ文庫 FT)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.1
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 FT
  • サイズ:16cm/411p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-020330-6
文庫

紙の本

霊玉伝 (ハヤカワ文庫 FT)

著者 バリー・ヒューガート (著),和爾 桃子 (訳)

霊玉伝 (ハヤカワ文庫 FT)

税込 799 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

地下王宮と文字、二つの迷宮を舞台にした李高と十牛の新たなる冒険

2003/07/01 05:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Okawa@風の十二方位 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あの李高と十牛が帰ってきました。今回の謎は僧院の書庫係の死、しかもこの世の恐怖を全て詰め込んだような死に顔をさらして。そしてその手には、謎を秘めた司馬遷の書の断片が握られていた。次々と起こる不気味な予兆に、囁かれる伝説の非道の暴君、笑君復活の噂。残虐の限りを尽くした笑君が残したといわれる地下王宮を舞台に、李高と十牛の冒険が始まる!」

 「鳥姫伝」ではファンタジックな美しさを秘めた異世界中国を描き出したヒューガード。今回の李高と十牛の活躍は、巨大な地下墓所でのホラーアクションです。もちろん、虚実が入り組む民話や神話のガジェットも満載。二人は地下の迷宮だけでなく、様々な伝承に彩られた文字の迷宮もさまよっていきます。その辺は解説にあるように、ちょっと「薔薇の名前」を連想させますね。どっちかというとショーンコネリー演じる映画版のイメージですが。そう言えば助手である十牛君の悲恋のストーリーが織り込まれてるところなんかも似ているような。
 幾つもの謎が提示され、本当にこれはまとまるのかと心配させるほどの展開と、それがジグソーパズルのようにぴたっと嵌まるラストシーンも健在です。大人のユーモアファンタシーを楽しまれたい方にはお勧めの一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

痛快無比の中国ファンタジー

2003/03/12 19:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:露地温 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バリー・ヒューガートによる中国幻想ファンタジーの第2作目。第1作『鳥姫伝』で活躍した李高(リーカオ)老師と弟子の十牛が再び活躍する。十牛は『鳥姫伝』では依頼人の立場だったが、『霊玉伝』では弟子となっていて、この物語を書き留めている。いわゆるワトソン役である。話自体は独立してるので、『霊玉伝』から読んでも一向に問題はないが、どうせなら『鳥姫伝』から読むことをお勧めする。

 さて、どんな話かというと説明が難しい。あらすじを書こうとしても、話が入り組み過ぎていてあらすじにならないのである。もちろんあらすじを全部書いてしまうような無粋なことをするつもりはないのだが、話の発端だけ書いてもそのあとの話は全く想像がつかないので、紹介にはならないのではないかと思う。ちなみに、文庫裏表紙の紹介文はどうなっているのか見てみる。

「(前略)彼らのもとに哀国にある寺の管長が血相を変えて駆け込んできた。750年前に死んだはずの悪名高き暴君、笑君が復活して仲間の法師をありえない手口で惨殺したというのだが?! この怪事件の真相を探るため、笑君の墓へと向かった十牛たちは、そこである不思議な“玉”の存在にたどりつく(後略)」

 まさにその通りの発端なのだが、この発端自体がそんな単純じゃない。いくつものエピソードの積み重ねが相互に絡み合いながら語られるのだ。李高老師の家での大騒ぎの宴会、そこで起こるちょっとした事故というか殺人。死人は大金と麻薬のテングタケを隠し持っていた。続いて安酒場でシビレタケによる刃傷沙汰のエピソード。その酒場で、文庫の紹介文にもあった、寺の管長が事件の依頼をしてくるのだが、それには司馬遷の手稿の贋作が絡んでいる。冒頭の数十ページですでにこの混乱具合だ。こういう風に、小さな事件が相互に絡み合って、話が進んでいるのか脱線しているのかよくわからないまま話は続いていく。

 しかし一旦物語が動き出すと、ノンストップの痛快ストーリー。笑君復活の謎がゴールであることを忘れてひたすら突き進むことになる。事件を解決するために行った先々で別の事件が巻き起こり、その場の危機を乗り越えて、冒険冒険の連続だからだ。そうした大活劇のあとにくる結末では、不思議なことに、一見無関係に思えたいろんな話が繋がってしまうのだからものすごい。これはもう紹介文とか書いても面白さは伝わらないだろう。とにかく、痛快無比の冒険と伝説の融合した中国ファンタジーを堪能できるので騙されたとも思って読むべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希代の悪女(美形)出没。

2015/12/31 18:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作でも名だたる悪女が数名出てきましたが、今作の悪女はスケールが違う。
何千何万という転生輪廻を繰り返してもまだ懲りず、さらに美形度もピカイチ。
神々の間にすら問題の種を振りまきまくった悪女の恋の行方は……?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/24 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/13 05:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。