サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まんがDE歌舞伎
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 新書館
  • サイズ:19cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-403-22045-2
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

まんがDE歌舞伎

著者 いまい かおる (著)

「三人吉三巴白浪」のカッコよさ、「菅原伝授手習鑑」の涙、「東海道四谷怪談」のコワさ…。歌舞伎の傑作演目をコミックで楽しく読もう。難解な物語もよくわかる、観劇前の必読書。【...

もっと見る

まんがDE歌舞伎

1,512(税込)

ポイント :14pt

ほしい本に追加

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア 全商品対象
3,000円以上のご注文で
3%OFFクーポンプレゼント!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3,000円以上のご注文で、10月から使える3%OFFクーポンプレゼントキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年9月1日(土)~2018年9月30日(日)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「三人吉三巴白浪」のカッコよさ、「菅原伝授手習鑑」の涙、「東海道四谷怪談」のコワさ…。歌舞伎の傑作演目をコミックで楽しく読もう。難解な物語もよくわかる、観劇前の必読書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

いまい かおる

略歴
〈いまいかおる〉著書に「若い女性のための歌舞伎入門」「イラストガイド歌舞伎入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

感動しました。こんなに分かるなんて。

2003/02/20 02:19

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しまじろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

歌舞伎ってとっつきにくかった。
じつは大学は演劇科を出たんですが、小劇場にはまったために在学中は「桜姫東文章」と「東海道四谷怪談」しか見ませんでした。
それも、じつは部分だってことも知らずに……。
そう、この本を読んで、歌舞伎ってなんでこんなに上演時間が短いのか、その謎がはじめて解明できたんです。(遅い?)
じつはいま歌舞伎座で上演してるものって、ほとんどが通しじゃないんですねえ。
われわれは、ほんのサワリだけをつまみ食いして観ていたんですねえ。
「寺子屋」なんて、なーんも知らずに見に行ってたもんだから、なんだかさっぱりわからなかった。とくに松王丸がなんで力んで泣いてるのかなーって、ぼんやり観てましたよ。
それが、これにはぜんぶのストーリーが通しで載っているから、完璧にわかってしまった。読んでてもらい泣きしましたよ!
この本は、まんがだからかなあ、すっごく上演したらながーいはずの歌舞伎が、あっという間に理解できてしまう。いや、マジこんなまんがの本(歌舞伎の本?)は存在したこと無いと思う。
ただ、ひとつだけ不満なのは、本数がすくないこと。ぜんぶで16本くらいしかないんじゃない? しかたないから同じ出版社の渡辺保さんの「カブキ101物語」というのを買いました。そこには101本載ってるから。でもね、字がびっしりで、おまけにすごーくムズカシイの! あたりまえか、まんがじゃないんだから。ちょっとこれは無理。
だから、これの続編をぜひ、また出して欲しい。お願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/11 20:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る