サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

3分で右脳が目覚めた。
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 三笠書房
  • サイズ:20cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8379-2007-1
  • 国内送料無料

紙の本

3分で右脳が目覚めた。

著者 中谷 彰宏 (著)

「右脳人」は直観的に自分のやりたいこと、好きなことを見つけ、失敗を恐れずチャレンジします。たとえ失敗しても、その経験そのものを面白がることができます。日常生活で簡単にでき...

もっと見る

3分で右脳が目覚めた。

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「右脳人」は直観的に自分のやりたいこと、好きなことを見つけ、失敗を恐れずチャレンジします。たとえ失敗しても、その経験そのものを面白がることができます。日常生活で簡単にできる「右脳トレーニング」を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中谷 彰宏

略歴
〈中谷彰宏〉1959年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て、株式会社中谷彰宏事務所設立。著書に「なぜあの人は部下をイキイキさせるのか」ほか多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

楽しさを満喫するための1冊

2003/06/21 08:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、右脳を使用することを通じてもっと楽しく、積極的に行動することが
できるということを書いています。

ビジネスの世界で(私の会社だけかもしれませんが…)慎重に否定的になって
おいた方が、リスクも無い割りに結構有識者のように扱われたりしているのを
見ていて、なんか違うなと思っていたところで読んでいたので、非常にいろんな
事象に肯定的かつアクティブになれました。

また、「反復練習をしよう」や「もう調査はやめよう」等自分が陥りがちな問題点
に対しても鋭く切り込んできたのが気持ちよかったです。

今後、自分の中で「左脳という自分」と「右脳という自分」のコラボレーション
ができたらこれからもっと面白くなるかなと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

左脳だけではダメだけど…

2003/02/02 11:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:富む - この投稿者のレビュー一覧を見る

 率直に言って、読んでしっくりと頭に馴染みませんでした。内容がわかりにくかったのではなくて、左脳が否定されている部分で引っ掛かりながら読んでいたためと思います。
 現代人は、左脳ばかり使いがちだ、もっと直感も大事にして右脳を働かせようよ、という趣旨で企画されたのだと思います。決して左脳を否定するつもりで書かれたのではないと思います。本文中でも「左脳型の人は…」という書き方をされていましたから。しかし全体として、左脳を否定しているような印象を受けました。読後感としては、そんなに左脳を否定しなくても、という感じです。中谷さんは白黒をはっきりとつけすぎているのではないでしょうか?
 左脳が理詰め、右脳は創造力、これらにボケとツッコミをさせながら、バランスよく働かせるのが大事なのであって、左脳だけでも、右脳だけでもダメです。どちらかだけでよければ、神様はわざわざ2つに分けなかったでしょう。
 本文中では、スポーツも反復練習をして右脳で覚えたほうがよい、と書かれていましたが、私は大人になって、頭で考えられるようになってから、運動神経がよくなったと感じました。以前は、ただなんとなく練習していたのが、うまい人との違いとか、どういう動きをすればいいのか、といったことを分析できるようになったからだと思います。そのあとは反復練習して体に覚えこませたほうがよいでしょう。やはり、使い分けやバランスだと思います。
 そのあたりのバランスを理解されながら読まれるのであれば、右脳を刺激するチャンスを作れる内容だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/01/15 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/08 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/12 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/11 05:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/21 06:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

健康法 ランキング

健康法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む