サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

ブックオフ宅本便バナー修正(2018/8/1~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少年は荒野をめざす 1(集英社文庫コミック版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

少年は荒野をめざす 1 (集英社文庫 コミック版)

著者 吉野 朔実 (著)

少年は荒野をめざす 1 (集英社文庫 コミック版)

617(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
文庫 全品
ポイント2倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 文庫 全品ポイント2倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年8月1日(水)~2018年8月31日(金)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

少年は荒野をめざす(集英社文庫) 4巻セット

  • 税込価格:2,46722pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1粒の世界

2003/01/26 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒヨちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、吉野朔実の描いた漫画の中で、まぎれもない傑作の1つである。
 もちろんこれは少女漫画であり、ストーリーがある。しかし、そのストーリーをここで文章にしても何も伝わらない。そういう類の物語である。何故ならば、この物語は絵と言葉を使いながら「人が言葉ではうまく言いあらわせないもの」が描かれているからである。絵や言葉は形であり、器である。しかし器に入らないもの、形のないものが、この世界には必ずある。<目には見えないもの、形のないもの、手では触れられないもの、しかし確かにここにあると信じられるもの>そんなものを大切だと思える人には、読んでほしい作品だと思う。
 吉野朔実には言葉のセンスがある。形のないものを形ある言葉を組み合わせることによって、表現するセンスがずば抜けている。さらに、この作品のなかで、ちりばめられているシーンの1つ1つは印象的であり、センスある言葉とあいまって、彼女の描く世界の色をより色濃く表現してゆく。つまりストーリーテラーとして優れているということであろう。
 物語は作者の手を離れて読者の目に触れた時点で読者のものとなる。この作品が「わからない」(つまらない)という意見も当然あるのだ。これは著者と読者の【感性の相性】の問題であろうと思う。しかし、書名や表紙の絵や帯の言葉やエピローグに何かしらの引っかかりを感じた人が、読んで後悔する事はまずないはずである。
 限りある人生、どこに宝物が落ちているかわからない。しかし、まずは本を開いて出会わないことには、見つける事ができないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/09 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/01 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/03 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/26 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/17 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/21 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/14 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/26 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/07 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/18 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 04:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/20 22:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/26 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

集英社文庫コミック版 ランキング

集英社文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む