サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本オタク大賞
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.4
  • 出版社: 扶桑社
  • サイズ:19cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-03900-6
  • 国内送料無料

紙の本

日本オタク大賞

著者 岡田 斗司夫 (ほか著),鶴岡 法斎 (編)

オタク界の名士が一堂に会して大放談!! ありとあらゆるオタク的事象の中から大賞を決定! スカイパーフェクTV!279ch「MONDO21」で放映され、好評を博した「日本オ...

もっと見る

日本オタク大賞

1,440(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

オタク界の名士が一堂に会して大放談!! ありとあらゆるオタク的事象の中から大賞を決定! スカイパーフェクTV!279ch「MONDO21」で放映され、好評を博した「日本オタク大賞」がついに書籍化!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岡田 斗司夫

略歴
〈岡田〉1958年大阪府生まれ。アニメ・ゲーム製作会社ガイナックス、株式会社オタキング設立。著書に「オタク学入門」「30独身女、どうよ!?」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

2002年の大賞は、あの食玩メーカーに決定。専務も吼えるし。

2003/08/09 14:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:piecemaker - この投稿者のレビュー一覧を見る

目からうろこが落ちました。やはりオタクの話はこういった「討議」形式で味わわないと、わかりませんね。単に、文章で、あれがあって、これが起こってって書き連ねられても、退屈なだけですが、こうして数人が「あれは違う」「それは実はこうだ」「それなら、こういうのもある」と話をどんどん掘り下げたり、広げたり、展開してほかのものを持ち込んだりすると、実によくわかります。「ああ、なるほどそういうつながりがあるのか」と。この本は「2002年オタク大賞」決定までの選考の過程を、毎月の「オタク的できごと」に関する数人の評論・討議を活字にしたものです。会場の聴衆の「会場(笑)」「会場(爆笑)」という注意書きも入るので、「何が、ポイントか」もわかる、親切(?)な作りです。意外だったのは「DVD画面が赤いとのクレームに対する監督の反応」に対する評です。「本来、監督はああいったことにすっごくうるさかったのに、今回の気が抜けたコメントは何か!」とみな、ガックリきているようです。ここらへんはわたしのような「一般のファン」にはわからないところです。このほか、一般のファンというか一般人はその存在すら気が付かない、イベントや製品、映画やそのポスターなどなど、「濃い」会話が続きます。「あの、ジーオーグループの映画、見たかったよなあ」「公開して入場料金で、お金回収すればよかったのに」には笑いました。特撮映画や、アニメに関する注釈には放映日や回数まで記載する念の入れようです。オタクは間違いを許しませんからね。大賞の選考に関しては、一般人のわたしも納得です。たしかに去年はそれが大ブレークして一気に広がって、拡散しすぎて、今年はもう終わりかな、という感じです。大賞にふさわしいです。オタクの世界も細分化が進んでいるそうですが、一般人がオタクの世界をのぞくテキストとして、これ以上のものはないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する