サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

劇画ヒットラー 復刻版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:21cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-61222-5
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

劇画ヒットラー 復刻版

著者 水木 しげる (著)

劇画ヒットラー 復刻版

1,620(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
アウトレットブック
ポイント 5倍キャンペーン
こちらは「アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年5月27日(日)~2018年5月31日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

妖怪ヒットラー

2003/02/16 23:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バイシクル和尚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いわずと知れた妖怪漫画家の大家である水木しげる氏のマジメな漫画である。本書は絶版となった同題名の復刻版であるが、文庫にもなっており、時を経てもなお読みごたえのある内容であることが裏付けられている。ヒットラーについて描かれた本は活字、漫画を問わず枚挙に暇がないが、それらを大別するとヒットラーのカリスマ性(偉人ヒットラー)に着眼して書かれたもの、戦犯性(狂人ヒットラー)に着眼して書かれたもの、それらのいずれよりでもない研究書、歴史書として客観的に書かれたものに分けられる。本書は漫画でありながら研究書として書かれたものであると見受けられた。本書はいわば人間ヒットラーを描いたものであり、かの悪名高いアウシュビッツなどはあまりページを割かれていない。そういう意味ではマスメディア等でよく目にするヒットラーの評価とは違った視点で書かれているのが面白い。本書では歴史上の人物ヒットラーの人間性を描くうえでいたるところに細かなエピソードを用いて間接的にその天才性やそれに相反する俗物性を表している。そのようにかけるのが漫画としての武器でもあり、かえって読み手にダイレクトに事実を伝えるように思えた。やはりなんといっても「あの」水木しげるの作風であるから戦争という灰色の世界とピッタリと当てはまってしまって、この人にしか書けない、と思わされてしまう。妖怪研究家でもある氏のイメージとして『ゲゲゲの鬼太郎』などの作品ばかりが注目されがちであるが、戦中派漫画家としての氏の書く歴史漫画(『昭和史』等)もすばらしいものがある。歴史教科書の見直しであるとかの騒ぎがあるが、私にとっては水木氏の書く歴史のほうがよっぽどためになったし、なんといっても面白い。当の氏本人としてはヒットラーも妖怪なのかもしれないが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/09 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/26 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/11 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 05:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/24 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/10 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

その他 ランキング

その他のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む