サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベル
  4. 女性向け
  5. 集英社
  6. コバルト文庫
  7. 少年舞妓・千代菊がゆく! 3 最後のお座敷

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少年舞妓・千代菊がゆく! 3 最後のお座敷(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/206p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600225-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

少年舞妓・千代菊がゆく! 3 最後のお座敷 (コバルト文庫)

著者 奈波 はるか (著)

少年舞妓・千代菊がゆく! 3 最後のお座敷 (コバルト文庫)

453(税込)

少年舞妓・千代菊がゆく!3 最後のお座敷

356 (税込)

少年舞妓・千代菊がゆく!3 最後のお座敷

ポイント :3pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

少年舞妓・千代菊がゆく! (コバルト文庫) 53巻セット

  • 税込価格:26,356244pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少年舞妓は姿を消すのか?

2003/02/03 22:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:由似 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ3作目。
男の子であることを隠して祇園で舞妓を続ける千代菊。
しかし、贔屓の客は増える一方だ。
男であることがバレる前に、舞妓をやめることを決心した千代菊は、千代菊を女だと信じ込み、恋していると連呼する実業家の楡崎に舞妓をやめると告げる。
「千代菊のいない祇園に用はない」と言い切る楡崎。
祇園の超VIPである彼がほかの花街に行ってしまったら祇園の売上に大きく影響する。
悩む千代菊。
そんなある日、ある友禅作家と出会った千代菊は、彼の作品と人柄に強く惹かれる。
それに激しく嫉妬した楡崎がとった行動とは…。

千代菊ファンが増えるにつれ、のっぴきならない状態に。
楡崎の執着と独占欲も前作に比べるとかなり強いものに。
まさに理性を失った状態?
今回は、副題のとおり、千代菊は舞妓をやめようとする。
しかし、楡崎はそれを許さない。
千代菊と楡崎の恋の駆け引きもさることながら、微妙に揺れ動く千代菊の心情にも注目。
伊織という魅力的で強力な恋のライバルも現れるなど、波乱ぶくみの展開になっている。
とはいえ、伊織の職業である友禅についての記述がとても詳しく面白い。
恋の話とあわせて、祇園の伝統文化についてちょっとかじってみる意味でも、この作品はおすすめだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最後のお座敷になるはずだったのに…ね(笑)

2015/08/01 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:月緒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

さすがにこれ以上千代菊を続けるわけにはいかないと、辞める決心をする美希也。しかしそれに反し、贔屓にしてくれるお客さんは増える一方(笑) そんな中出会った、伊織という染匠。彼が作った着物に袖を通した千代菊は…。

それにしても、いい年をした多くの色男が千代菊に本気になっていくけれど、みんな落ち着け!相手は13歳だぞ!特にニレ!それ以上は犯罪だ!と真剣に突っ込みたくなってしまう(笑) まぁそれだけ千代菊が魅力的過ぎて抗い難いということですね。でも残念。今回ばかりは、伊織に軍配が上がったかな? 私が思うに伊織が千代菊の初恋になったんじゃないかな~と思います。最後の仄かにお互いを想う二人が儚く美しいと思えるような心理描写でした。

ただちょっと残念なのは、やはり盛り上がり部分。いまいち盛り上がりに欠けたからか、話も綺麗に収まってる筈なのに、ちょっとしたモヤっと感が。う~ん。面白かったのにこのスッキリしない感じはどうしてだろう…(苦笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/27 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/10 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/30 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/23 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む