サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.2
  • 出版社: 春秋社
  • サイズ:19cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-49526-8

紙の本

戦場のピアニスト 新装版

著者 ウワディスワフ・シュピルマン (著),佐藤 泰一 (訳)

第二次世界大戦、ナチスのユダヤ人迫害のもと、多くの命が失われ、廃墟になった都市ワルシャワを独り彷徨する若き音楽家の苦闘の物語。アカデミー賞有力候補作品の原作。2000年刊...

もっと見る

戦場のピアニスト 新装版

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

第二次世界大戦、ナチスのユダヤ人迫害のもと、多くの命が失われ、廃墟になった都市ワルシャワを独り彷徨する若き音楽家の苦闘の物語。アカデミー賞有力候補作品の原作。2000年刊「ザ・ピアニスト」の改題。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ウワディスワフ・シュピルマン

略歴
〈シュピルマン〉1911〜2000年。ポーランド生まれ。ユダヤ系ピアニスト。第二次大戦中のユダヤ人絶滅作戦の渦中で逃亡を続けた。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

ジュンク堂

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

淡々とした筆致だが胸を打つ、苦難のサバイバルの回想録

2003/11/13 00:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:APRICOT - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化されて有名になったので、紹介の要もないと思うが、ユダヤ系ポーランド人のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンが、ナチス迫害下での自らの苦難のサバイバルをつづった回想録。

シュピルマンは自らの苦難を、驚くほど淡々とした、他人事のような冷静な筆致で描いている。内容的にはつらく悲しかったが、文章的には堅苦しさもぎこちなさもなく、非常に読みやすかった。シュピルマンという人、作家ではないかもしれないが、文才に恵まれた人だと思う。

シュピルマンはごく普通の、無力な人間である。彼の文章は、このような普通の無力な人々がいかにして、なすすべもなく大きな渦に巻き込まれ、真綿で首を絞められるようにじわじわと追いつめられ、死に追いやられていったかを、まざまざと描き出している。ナチスのユダヤ人迫害といえば、強制収容所での大量虐殺がすぐ頭に浮かぶが、その前段階であるゲットーでの軟禁生活も、生殺し同然の非常に残酷なものだった事を、本書で初めて知った。

シュピルマンが幸運と、多くの人々の助けに恵まれなければ、生き延びられなかったのは確かである。だが、彼の超然とした冷静さ、忍耐強さ、そして生き抜こうとする強靱な意志により、最後まで自分を失わなかった事も、彼がサバイバルに成功した重要な要因の1つとして、見逃してはならないと思う。

ドイツ人将校に救われる“事実は小説よりも奇なり”のクライマックスは、有名すぎて読む前から知っていた。それでも、シュピルマンとホーゼンフェルト大尉との触れ合いは、短いがしみじみとした味わいがあり、胸を打つ。またエピローグでは、シュピルマンが戦後ホーゼンフェルトを救おうとして果たせなかった事実が、さらりと描かれている。ナチスから解放されたと思ったら、今度はソ連に押さえつけられた東欧の悲劇が垣間見られ、もの悲しい余韻が胸を打つ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/02 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/04 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/03 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/02 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/15 20:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/27 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/23 17:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/07 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/06 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/08 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/11 13:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/30 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/17 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。